母が乳がんに。「腹水」を取り除く手術。【体験ブログ】



卵巣がん 初期症状

実母ががんになってしまったことがあります。

当時まだ小学生だった私は母ががんだったことを理解できず、また母も自分ががんだとはわざわざ言うことはしませんでした。
それでも母がなんだか病気にかかっているらしいというのはなんとなく直感でわかっていました。

というのは、頻繁に母が私を連れて病院に通っていて(その間私は病院の待合室のようなところで読書をしながら母を待っていたのです)、また偶然母が風呂に入っているところを目撃してしまい、片方の乳だけふくらみがなかったことに気がついてしまったからです。

おそらく最初のがんは乳がんだったのでしょう。

今度は母が長期入院することに

 しばらく年数がたってから、今度は母が長期入院することになりました。
この時は小学校高学年で、まだ呑気だった私は特に不安を感じることなく日々を過ごしていました。

お見舞いには父だけが行っていて、私や兄はメールで母とやりとりする、といった感じでした。
母方の祖母がわざわざ家に来てくれて家事を行ってくれていました。

父と祖母が繰り返し「フクスイを取り除く治療をするのには時間がかかる」と話し合っていたのを覚えています。

母が入院から一度家に戻ることになりました。

しかし母の姿は入院前とはかなり変わっていました。
お腹は妊婦さんのように腫れてしまっていて、しかし顔だけは痩せこけていて闘病中であることを明らかにしていました。

父や祖母が言っていた「フクスイ」というのは「腹水」で、お腹に水がたまっているからあんなにお腹が膨らんでいるのだと理解しました。
祖母の代わりに母の姉である叔母が来て家事をしたり母の介護をしたりと世話をしてくれていました。

母は口が正常に動かせないのかしゃべることもままならない様子で、母の前では笑顔だった叔母が母の見えないところで涙を流している場面に出会ったことがあります。

母が自宅で闘病生活をしてしばらくのこと、早朝に母は息を引き取りました。
結局腹水を取るという治療は、一度だけ行うことができたようですが、まだまだ治療が残っていたようです。

母の体内のがんはずいぶんと移転していて胃や腎臓もガン化していたのではと父は言っていました。
今ではだいぶがんの研究も進んでいるようですががん患者さんの苦しみが早くなくなることを願っています。




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 皮膚がん ホクロ 
    大きく「基底細胞癌」と「有棘細胞癌」の2種類がある皮膚がん 「皮膚癌」は発生部位等でいろいろな…
  2. がん細胞は熱に弱い!だからこそ温熱療法♪ がん細胞が熱に弱いという基礎研究の知見からがん細胞を…
  3. ブロッコリー 抗がん作用
    抗がん作用が注目されている「ブロッコリー」 「ブロッコリー」は、キャベツの一変種で、地中海沿岸…
  4. 小児がん
    15歳以下の小児がかかってしまうがんの総称を「小児がん」といいます 「小児がん」の主な種類とし…
  5. 乳がん ブラジャー ヨーグルト
    日本人女性がかかる癌のなかで最も多いものが「乳がん」 乳房の乳腺組織に発生するがんを「乳がん」…
  6. 卵巣がん
    50~60歳代が発症のピークの卵巣癌(卵巣がん) 卵巣は女性の子宮の左右にそれぞれ一つずつあり…
  7. 腎細胞がん
    発生率は女性の2~3倍といわれる腎細胞癌(がん) 腎臓は長さ約10cm、幅約5cm、厚さ約3c…
  8. 大腸癌 祖母
    73歳の母の口腔癌になりました。 2016年虫歯だった左上奥歯を地元の歯医者で抜歯しました。 …
ページ上部へ戻る