にんにく 抗がん

発がん性物質を無害化し、がんを予防することができるニンニク!

「ニンニク」はネギ属の多年草で、現在はヒガンバナ科に属していますが、以前はユリ科に分類されていました。
一般的に私たちが「ニンニク」と呼んでいる部分は球根(鱗茎)であり、その味や食感はよくジャガイモに例えられることが多いですが、タマネギのほうが近いと思われます。

「ニンニク」は、香辛料の一種というイメージが強いですが、植物の分類でいうと、香味野菜の仲間に属します。

「ニンニク」の旬の時期は6~8月頃となっていますが、5~6月頃に市場に出回る「新ニンニク」は瑞々しく、「ニンニク」の野菜そのものの味を実感することができます。

「ニンニク」は強烈な臭気が特徴で、スパイス的な役割を果たすほか、魔除けの役割も持っています。
「ニンニク」を魔除けや厄除けに使う習慣は世界各国にあり、日本でも青森県において、「ニンニク」を戸口に吊るしたり、神前に供える風習が残っている地域もあるようです。

>>癌に効く食べ物・おすすめ食材一覧【まとめ】

「ニンニク」が日本へ伝わった時期は、古墳時代説や紀元前説等があり、はっきりとわかっていません。
ただ、日本書紀や古事記にも薬用や魔除けとしての記載があることから、8世紀頃には存在していたことが分かります。

しかし、日本では長らく「ニンニク」は薬用として用いられる程度で、現在のように料理に活用されることはありませんでした。
仏教で食べることを禁じられていた香味野菜の1つであったこと、日本人が清潔好き・体臭の少ない民族であったことが「ニンニク」が普及しなかった理由だと考えられています。

結局、日本人が「ニンニク」を本格的に食べ始めたのは第二次世界大戦後で、肉・油等に合うスパイスとして受け入れられたようです。

実際に「ニンニク」の成分を使用した、がん予防・抑制を目的とした製品も作られています。

このような「ニンニク」が健康や医療にとって最も期待されている効果は、がんに対する効果だといわれており、実際に「ニンニク」の成分を使用した、がん予防・抑制を目的とした製品も作られています。

「ニンニク」に含まれる「硫黄化合物」は肝臓の解毒機能を活性化するため、発がん性物質の活性化の抑制、発がん性物質自体の解毒という効果が生まれ、発がん性物質を無害化し、がんを予防することができます。

このような解毒機能活性化は「ニンニク」の成分が肝臓の解毒酵素を誘導し、活性化することで行われています。
そのメカニズムは完全には解明されていませんが、少なくともジアリルスルフィド(DAS)、ジアリルジスルフィド(DADS)、ジアリルトリスルフィド(DATS)、S-アリルシステイン(SAC)といった「硫黄化合物」にはこのような効能があるということが実験で確認されています。

アポトーシス誘導というがん細胞の増殖を阻止するという働きもあります。

「ニンニク」に含まれる「硫黄化合物」には、がん細胞化した細胞を死滅させることで、がん細胞の増殖を阻止するという働きもあります。

「ニンニク」に含まれる「硫黄化合物」であるジアリルジスルフィド(DADS)、ジアリルトリスルフィド(DATS)、アホエンといったアリルスルフィド類には、このがん細胞化した細胞を細胞分裂期において、その活動を停止させ、アポトーシス誘導(死滅させる)を行う効能が確認されています。

このような効能を持つ薬は、実際のがん治療でも既に使用されていますが、「にんにく」の場合は薬を使用した時の様な副作用がないという点がメリットです。

さらに、「ニンニク」に含まれる「硫黄化合物」には、人間に本来備わっている免疫機能であるNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の効力が低下しても、その効力が低下したNK細胞を活性化させ、免疫力を強化する効能があるとされています。

おすすめのニンニクの食べ方は??

このような「ニンニク」のがん予防・抑制の効果を十分に発揮させるには、低温加熱した「ニンニク」を摂取することが最も有効とされています。

したがって、「ニンニク」をオイルに溶かしたニンニクオイルやガーリックバター等を日頃の料理に組み合わせて使用してみることが、がん予防・抑制に最適であると思われます。

「ニンニク」に加えて更に免疫力を上げたいならブロリコ。

前述のとおり、がん予防に関しても高い効果が期待できる「ニンニク」。
簡単に摂取できる食材であり、非常にお勧めの食材です。

>>癌に効く食べ物・おすすめ食材一覧【まとめ】

ですが、更に効果が高い食材として知られているのが「ブロッコリー」って知っていましたか?

さらに言うと、ブロッコリーから抽出される「ブロリコ」という成分です。

この「ブロリコ」は東京大学と民間企業が協力して、5年以上の研究機関を経て抽出に成功した大変貴重な成分であり、同様に免疫活性を目的とする成分である「プロポリス」の1000倍以上ものパワーを持つとされています・・・凄いですね・・・

ブロリコには人間の免疫力そのものである「NK細胞」や「好中球」の働きを活性化させる作用があることが臨床試験で認められているのです。

正直、癌の予防&対策の為には「NK細胞」や「好中球」の働きを活性化させるが最重要であり、一般的な癌に良い食べ物といういのはイコールで「NK細胞」や「好中球」の働きを活性化させる食べ物なんです。

そんな中で「ブロリコ」はダントツ1位の活性化率であり、「プロポリス」の1000倍以上ものパワーと言われるほど。

ニンニクをふんだんに食べるのも良いですが、それに加えてブロリコを服用したほうが効率が非常に良いんです。

とりあえず無料のブロリコ詳細冊子を手に入れましょう。

東京大学とイマジン・グローバル・ケア株式会社が共同で特許を取得した自然免疫活性成分『ブロリコ』
正直、「免疫について」や「免疫の働き」、「ブロリコの効果、効能」をこのページだけでは紹介しきれません。

気になる方は是非とも無料(100名)の免疫についてわかりやすくまとまった冊子をゲットしましょう♪

実際にブロリコを飲んでみました。匂いや味、大きさは?




ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから



関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 腎臓癌 小西博之
    2004年の年末に全身に転移する可能性のある、腎臓癌が発見されました。 小西博之さんは、195…
  2. ブロッコリー 抗がん作用
    抗がん作用が注目されている「ブロッコリー」 「ブロッコリー」は、キャベツの一変種で、地中海沿岸…
  3. 大腸癌 症状 特徴
    「大腸癌」は、直腸・肛門・盲腸・結腸で構成される大腸(全長約2m)に発生する癌の総称 日本人の…
  4. 奇跡的な早期発見で助かった生稲晃子さんの乳癌 生稲晃子さんは、1968年4月28日生まれの日本…
  5. 大腸癌 祖母
    73歳の母の口腔癌になりました。 2016年虫歯だった左上奥歯を地元の歯医者で抜歯しました。 …
  6. 川島なお美 ガン
    川島なお美さんは最初に癌の診断を受けてから2年後に亡くなっています。 川島なお美さん(1960…
  7. ピロリ菌は比較的新しく発見された菌であり、胃に常駐しています。 ピロリ菌は、最悪の場合は胃がん…
  8. セサミン 癌
    「セサミン」が大腸がんや肝臓がんに効果的であることは、既に確認されています。 ゴマは、古く…
ページ上部へ戻る