タグ:検査

  • 癌 検査 検診 費用

    胆のうがんの手術費用、時間、入院期間は?

    胆のうがん」は自覚症状・初期症状に乏しく、早期発見が非常に困難 肝臓の下にあり、肝臓で作られた胆汁という消化液をためておく袋のような臓器を胆のうと呼んでいます。 食事をすると、胆のうはためておいた胆汁を排出し、そ…
  • 癌 検査 検診 費用

    胆のうがん検査の費用や種類、方法は?

    人間の肝臓では、胆汁と呼ばれる消化液がつくられ、十二指腸で分泌されています。 人間の肝臓では、胆汁と呼ばれる消化液がつくられ、十二指腸で分泌されています。 この胆汁を一時的に蓄えておく袋を胆のうといい、胆汁の通り…
  • 胆道癌 手術 検査

    悪性リンパ腫検査の費用や種類、方法は?

    「悪性リンパ腫」の罹患率は人口10万人あたり約13人程度 人間の血液中には、出血を止める働きがある血小板、酸素を運搬する赤血球、免疫機能をつかさどっている白血球やリンパ球等のいろいろな血液細胞が存在しています。 …
  • 胆道癌 手術 検査

    皮膚がん検査の費用や種類、方法は?

    発生部位等によって 人間の皮膚は、普段、目に見えている「表皮」だけではなく、その下の組織である「真皮」や「皮下組織」によって構成されています。 そのような皮膚組織に発生した悪性腫瘍の総称を「皮膚がん」と呼んで…
  • 肝臓がん 検査

    すい臓がん検査の費用や種類、方法は?

    8割以上が60~80歳代という、高齢者に多いすい臓がん患者 膵臓に発生した悪性腫瘍のことを「すい臓がん」といいますが、初期症状に乏しく早期発見が難しい上に、悪性度が高く、予後も悪い傾向にあるため、「がんの王様」とい…
  • 膀胱癌 検査

    陰茎がん検査の費用や種類、方法は?

    「血液検査」や「視触診」で早期発見しよう 「陰茎がん」は男性の陰茎から発生するがんであり、男子尿路悪性腫瘍の中では2~8%、日本国内では人口10万人あたり0.4~0.5人程度の発生頻度という、極めて稀ながんとなって…
  • 膀胱癌 検査

    膀胱がん検査の費用や種類、方法は?

    膀胱がんは男女ともに60歳以降の高齢者で増加している傾向 膀胱は、腎臓でつくられた尿を一時的にためておく一種の袋のような役割を持っており、骨盤内にある臓器です。 膀胱やその周辺の組織は尿路上皮という粘膜で覆われて…
  • 乳癌

    乳がん発覚。放射線治療をしました。【体験ブログ】

    乳がんが発症して3年目を迎えようとしています。 忘れもしません、12月22日の夜に胸に痒みがあり、掻いた所 何やらコリッと手に触れました。 肉まんの中に梅干しの種が埋まっているような感触でした。 一瞬で…
  • 胃がん 手術 費用

    肺がんの手術費用、時間、入院期間は?

    日本人のがんによる死亡原因の第一位となったのが「肺がん」 人間の肺の肺胞、気管支、気管の一部の細胞が何らかの原因でがん化したものを「肺がん」と呼んでいます。 近年、日本人のがんによる死亡原因の第一位となったのが「…
  • 卵巣がん 初期症状

    子宮がん検査の費用や種類、方法は?

    「子宮がん」全体に対する「子宮頸がん」の割合は約80% 「子宮がん」はその名の通り、女性だけが持つ臓器である子宮に発生するがんであり、「子宮体がん」と「子宮頸がん」に分けられます。 子宮は膣に近い「頸部」と、その…



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

おすすめ記事

  1. 健康診断 定期検診
    生理不順が続いており、婦人科のクリニックに通うと。 私が子宮体癌と卵巣癌を患ったのは30歳の頃…
  2. 膀胱癌  チェック項目
    「膀胱がん」の代表的な初期症状は「血尿」 膀胱は腎臓で作られた尿をためておく臓器です。その尿は…
  3. 悪性リンパ腫
    「悪性リンパ腫」は全身のどこにでも発生する可能性が。 人間の身体の血液内のリンパ球とは白血球の…
  4. 癌細胞を消し去る効果が期待できるキングアガリスク ガン予防、ガンの再発防止、抗がん剤の副作用軽…
  5. 大腸癌 祖母
    73歳の母の口腔癌になりました。 2016年虫歯だった左上奥歯を地元の歯医者で抜歯しました。 …
  6. 煙草 ピロリ菌 お酒
    ピロリ菌の除菌治療中には、タバコとコーヒーも控えるべき!? ピロリ菌の除菌の成功率は、一次除菌…
  7. プロポリス 癌効能
    人間にとっては、「理想的な免疫活性物質」 「プロポリス」とは、ミツバチが自分の唾液と、松、柳、…
  8. プラチナ製剤 作用機序 副作用
    叔母が発症した胃がんについて書いていこうと思います。 私の家系は前回も言った通り本当にがん患者…

カテゴリー

ページ上部へ戻る