前立腺がん 検査 費用

早期に発見できれば完治する可能性の高い前立腺がん

「前立腺がん」とは、男性の前立腺にできる悪性腫瘍のことで、もともと日本人に少ないがんでしたが、最近は増加傾向にあるがんであり、日本のがん全体の、部位別がんの罹患率において、肺、胃、大腸に次ぐ4位となっています。
元来「前立腺がん」は、欧米男性に多いがんの一つでしたが、日本の食生活の欧米化や高齢化社会の影響によって増加していると考えられています。

ただ、「前立腺がん」の進行は比較的ゆっくりのスピードですので、早期に発見できれば完治する可能性の高いがんといわれています。

その早期発見のためにも、適切な検査を受けることが重要です。

「前立腺がん」の検査には、まず「PSA検査」という検査があります。

「前立腺がん」になると、腫瘍マーカーである、血液中のPSA(前立腺特異抗原)という物質が増加するため、「前立腺がん」の早期発見においては、血液検査において、PSAの値を測定することが必須となります。

PSA基準値は、0~4ng/ml(全年齢)と考えられており、4~10ng/mlがどちらともいえない「グレーゾーン」であり、25~40%程度の確率でがんが発見されています。
100ng/mlを越える値が出た場合には「前立腺がん」の疑いが非常に強くなり、転移の可能性も疑われます。

また、稀に4ng/ml以下の値でも「前立腺がん」が発見されるケースがあります。「PSA検査」はかかりつけ医で受けることができますので、主治医に相談してみましょう。
その際、「前立腺がん」の疑いで「PSA検査」を受ける場合は保険診療、自覚症状が無い場合は自費診療となります。

検査費用の概算としては、人間ドック等のオプションで「PSA検査」を受ける場合、約2,000円~3,000円です。

また、自治体の「前立腺がん」検診では、無料~2,000円とそれぞれの自治体で自己負担額にバラつきがありますので、一度問い合わせてみると良いと思います。



「PSA検査」でPSA値に異常が確認された場合は?

「PSA検査」でPSA値に異常が確認された場合、「直腸診」(医師が肛門から指を挿入して前立腺の状態を確認する検査)や「経直腸的前立腺超音波検査」(超音波を発する器具を肛門から挿入して、前立腺の状態を調べる検査)を行います。

この「直腸診」や「経直腸的前立腺超音波検査」によって、さらに「前立腺がん」の疑いが強まった場合には、「生検」(前立腺生体組織検査)を行い、最終的な判断を行います。
「生検」では細い針で前立腺を刺し、組織を採取する「系統的生検」を超音波による画像で前立腺の状態を確認しながら行います。

この際、診断率を高めるために、画像で異常が見られない場所を含む、10~12ヶ所の組織採取を初回の「生検」では行います。

「生検」によって「前立腺がん」と診断された場合には、骨シンチグラフィ、MRI検査、CT検査によってがんの広がりを確認し、骨転移の有無、リンパ節転移、前立腺内での進行具合等を確認します。
MRI検査やCT検査では、造影剤を使用するので、アレルギー反応が出てしまう患者もいます。

薬剤によるアレルギー反応を起こしたことのある方は、検査を受ける前に担当医に申し出る必要があります。

「PSA検査」の登場によって多くの男性が「前立腺がん」を早期に発見できるようになってきました

以前までの「前立腺がん」の初期検査といえば、医師による「直腸診」しかなかったのですが、「PSA検査」の登場によって多くの男性が「前立腺がん」を早期に発見できるようになってきています。

ただし、他の前立腺異常(前立腺炎、前立腺肥大症)によっても数値が高くなることがありますので、確定判断のためには、他の検査も受ける必要があります。

それでも、「PSA検査」自体は手軽に行うことのできる検査であり、「前立腺がん」のスクリーニング検査として非常に有用であるとされています。

年に1度の「PSA検査」がかなり普及した欧米では、「前立腺がん」の治療成績が大幅に改善したという実績もあります。

このように有用な「PSA検査」ですが、日本ではまだまだ認知度が低いようで、検査の受診率がそれほど高くないようです。
「PSA検査」は人間ドックに組み込まれていたり、住民健診の中に組み込まれている自治体もあるので、50歳になったら、積極的に受診するようにしましょう。

前立腺がんを治療中・後の方へ。抗がん剤の副作用や再発防止にはフコダインがおススメ。

「前立腺癌」の5年生存率はステージⅠで約85.6%、ステージⅡで約89.0%、ステージⅢで約83.9%、ステージⅣで約43.6%となっており、他の全種類の癌の平均よりも上回っていることから、治療しやすい癌だといえます。

とはいえ、治療後に再発する可能性もあり、治療後も定期的な検査が必要です。

また、前立腺癌を今現在治療中の方も抗がん剤等の治療を続けていくことは身体に多大な副作用を与えることもしばしば。

そんな方に非常にお勧めなのが、シンゲンメディカル株式会社が販売している「全分子フコイダンエキス」です。
怪しい抗がんサプリメントが多い中「全分子フコイダンエキス」は実際の飲用による経口摂取での臨床試験結果を公開しています。

試験管レベルではなく、実際の飲用レベルでの実証や裏付けされているので、非常に信頼度が高く、多くのガン患者の方が摂取をしているそうです。

そもそもフコダインとはワカメや昆布、モズク等の海藻類に含まれるネバネバから抽出した成分であり、「海藻が外敵から自分を守るためのバリア」なんです。

フコダインのバリア性能がガンに良いとされるのは4つの作用があるとされています。

  1. 抗がん剤の副作用軽減
  2. 血管新生作用
  3. アポトーシス誘導
  4. 免疫力の向上

くどいようですが、この4つの作用はしっかりと実際の飲用レベルでの実証や裏付けされているので非常に高い効果が期待できます。

前立腺癌になり、少しでも症状拡大を妨げたい方、抗がん剤の副作用に苦しんでいる方、再発防止のために免疫力を上げたい方は是非とも後悔する前に「全分子フコイダンエキス」を試してみてください。






関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 大腸癌 症状 特徴
    「大腸癌」は、直腸・肛門・盲腸・結腸で構成される大腸(全長約2m)に発生する癌の総称 日本人の…
  2. 卵巣がん 初期症状
    私の姉は今から10年前、「子宮肉腫」というがんに罹患しました。 「肉腫」というのはがんの一種で…
  3. 小橋建太
    現役で活躍されていた2006年に腎臓癌を患ったことを公表しています。 小橋健太さんは、19…
  4. 健康診断 定期検診
    一部のがんのみが保険適用となる先進医療「陽子線治療」 がんの治療法には手術、薬物療法、放射線治…
  5. フランDグルコース_とは
    ほぼ100%の癌細胞成長抑制!?って本当なの? 2015年、ガン業界に激震が走りました。 …
  6. 食道がん 初期症状
    腹部や首のリンパ節、さらには、肝臓、肺、骨などにも転移してしまうケースも 消化管の癌は、食物が…
  7. 女性 癌治療 全分子フコダインエキス
    私はオーストラリア在住ですが、乳がんや治療の方法は日本とほぼ同じです。 自分が体験した初期乳が…
  8. 胆道癌 手術 検査
    80才を目の前にした母が胆のうガンの疑いと手術という現実を聞かされ 2人に1人がガンになる現代…
ページ上部へ戻る