祖父の「延命治療は必要ない。」という決意と家族の接し方。【体験ブログ】



延命治療 癌

今後体調が悪化する事があって今より治療が必要になった時には延命(治療)は必要ない。

祖父は癌を取り除く為に2度の手術を行ったのですが、完治するまでには至りませんでした。
もともと、何度か手術を行う必要があると医師から言われていたのですが1度目の手術をする前に祖父が私達家族に話した事がありました。

「今後体調が悪化する事があって今より治療が必要になった時には延命(治療)は必要ない。」

と言ったのです。

「もう、きつい治療は嫌だ。」

祖父は1度目の手術までにも辛い癌治療に耐えていました。

「もう、きつい治療は嫌だ。」

と前々から言ってはいたのです。

私達は祖父が治療に耐えている姿も見ていましたし、本人がそう言うなら…と言いましたが、正直私は心のそこからは納得していませんでした。

1番辛いのは当然本人なので、その痛みや辛さを知らない私が「そんな事言わずに治療、頑張ろうよ」なんて言葉をかける事も出来ません。
それでも祖父の話を聞いてからは悶々とした日々を過ごしていました。

もちろん私だけではなく他の家族も祖父の言葉にはそれぞれ思うところがあったと思います。

本人の意志や希望をなるべく叶えてあげるのも私達家族の役目

これからどのように癌と向き合うのか、どうやって過ごしていきたいのか、という本人の意志や希望をなるべく叶えてあげるのも私達家族の役目だとも思っていました。

そして2度目の手術が終わった後、祖父の体調はみるみるうちに悪化していきついには話す事もままならない状態になりました。

その時、治療に使う事になったのが以前よりもずっと強い薬でした。
祖父のあの言葉をくむなら、それは祖父が望まなかった事でもあります。

ですが、当時の私達はその薬を使っての治療を担当の医師にお願いしました。

というのも、痛みに苦しむ祖父の姿を見ていられなかったのです。
その強い薬を使えば多少の痛みは和らぐと知り、少しでも痛みをなくしてあげたいと願った結果でした。

果たしてそれが本当に正しかったのかは今ではわかりません。

本人の意志や希望が叶うかは、正直その時の状況や周りの人間の意志によって左右されてしまうものだと思います。
また本人の気持ちですら変わる場合があります。

人間なのだから色々な事を考え、その都度気持ちが変わる事も当然あるでしょう。

意志の食い違いをなくす為にも、癌患者本人とはよく話し合わなければいけないと思います。
そしてそれは本人の希望を叶える事にもつながるのだと思うのです。

正直この問題は少し考えただけで簡単に答えが出たり、時間が解決してくれるものでもありません。
だこらこそ本気で向き合わなければならない問題だと思います。




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 大腸癌 祖母
    私の母は、膵臓癌のステージ4を患っています。 手術で病巣は取り除きましたが、すでに肺へ転移して…
  2. 手術 忌野清志郎 ガン 喉頭癌
    年間もの間、喉頭癌と闘った忌野清志郎さん 忌野清志郎さんは、1951年4月2日生まれでRCサク…
  3. チェック 検査 セルフ
    病院へ行き大腸内視鏡検査を受けると、S状結腸部分に3センチ大の腫瘍がある事が分かりました。 2…
  4. 健康診断 定期検診
    私の姉が乳がんになった時の話です。 当時の姉は46歳でした。 正直な話、タバコは吸いますし夜…
  5. 乳がん ブラジャー ヨーグルト
    日本人女性がかかる癌のなかで最も多いものが「乳がん」 乳房の乳腺組織に発生するがんを「乳がん」…
  6. 肝臓がん チェック項目
    「沈黙の臓器」と呼ばれる肝臓・・・症状は出るの? 肝臓に発生した悪性腫瘍のことを「肝臓がん」と…
  7. 卵巣がん 初期症状
    私の姉は今から10年前、「子宮肉腫」というがんに罹患しました。 「肉腫」というのはがんの一種で…
  8. チェック 検査 セルフ
    1回ぐらい精密検査でも受けておこうか・・・アレ? それまでは健康診断すら受けたことのなかった私…
ページ上部へ戻る