スティーブ・マックイーンさんの場合は?【癌の海外芸能人・有名人】



スティーブ・マックイーン 癌

スティーブ・マックイーンさんの死因は肺ガンでした。

スティーブ・マックイーンさんは、「キング・オブ・クール」と呼ばれたアメリカの俳優です。
スティーブ・マックイーンさんが確立した「アンチヒーロー」としてのキャラクターは、アメリカの1960年代の反体制文化において発展しました。

そして、スティーブ・マックイーンさんは、1960年代から1970年代にかけて、アメリカのトップ俳優としての地位を確立させます。
そんな、スティーブ・マックイーンさんの死因は肺ガンでした。

【海外】癌の海外有名人・ハリウッドセレブ一覧はこちら>>

スティーブ・マックイーンさんは、本格的アクション俳優として一時代を築きました。

そのアクションは世界中の映画ファンを熱狂させましたが、アクション時にスタント・パーソンに頼るということは無かったそうです。
スティーブ・マックイーンさんの代表作には「砲艦サンパブロ」があり、この作品でアカデミー賞にノミネートされています。

その他のスティーブ・マックイーンさんの代表作としては、「華麗なる賭け」、「シンシナティ・キッド」、「ゲッタウェイ」、「ブリット」、「荒野の七人」、「パピヨン」、「タワーリング・インフェルノ」、「大脱走」といったものがあります。

このような活躍によって、スティーブ・マックイーンさんは1974年、映画スターとして世界で最も高給取りとなりました。
しかし、その1974年以降、スティーブ・マックイーンさんは4年間もの間、映画に出演することはありませんでした。

また、スティーブ・マックイーンさんはプロデューサーや監督と対立することが多かったそうです。
しかし、スティーブ・マックイーンさんの人気は非常に高かったため、トップスターの地位を維持し続けたことから、ギャラも高いままで要求し続けることができたとのことです。

1979年12月22日にアスベスト露出と関連したガンである胸膜中皮腫と診断されました。

そんなスティーブ・マックイーンさんは、1978年に持続性の咳に悩まされるようになり、1979年12月22日にアスベスト露出と関連したガンである胸膜中皮腫と診断されました。

その後、1980年2月頃までにはガンの転移が広範囲にわたって発見され、スティーブ・マックイーンさんは病状を秘密にしようとしました。

しかし、1980年3月11日、「ナショナル・エンクワイヤラー」誌はスティーブ・マックイーンさんが末期ガンであることを明らかにします。
その後、スティーブ・マックイーンさんは同年7月に、アメリカの医師たちから延命方法は何もないということを知らされます。

そして、スティーブ・マックイーンさんは非標準的な治療法を受けるためにメキシコのロサリトビーチに向かい、ウィリアム・ドナルド・ケリー氏の治療を求めました。

しかし、ケリー氏の治療は主流の意思からは典型的な偽治療と非難されており、実際、ケリー氏は歯列矯正のライセンスしか医療ライセンスを持っていなかったそうです。

ティーブ・マックイーンさんが完全に治癒したと公的に発表しました。しかし、

スティーブ・マックイーンさんは1980年10月上旬に帰国し、ケリー氏はスティーブ・マックイーンさんが完全に治癒したと公的に発表しました。

しかし、スティーブ・マックイーンさんの病状はすぐに悪化。

腹部に巨大な腫瘍が生じており、スティーブ・マックイーンさんはその腫瘍を除去する手術を受けた12時間後に心停止のため死去したそうです。

スティーブ・マックイーンさんは、心停止の際は睡眠中で、そのまま死去したとのことです。
それまで波瀾万丈の人生を送っていたのですから、最期は安らかで良かったのではと思います。ご冥福をお祈りいたします。

【海外】癌の海外有名人・ハリウッドセレブ一覧はこちら>>

【日本】癌の芸能人・有名人一覧はこちら>>




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 前立腺がん
    10代~20代の発症が多い骨腫瘍・骨肉腫。 骨に生じる腫瘍のことを「骨腫瘍」といい、非常に多く…
  2. 健康診断 定期検診
    私が乳がんと診断されたのは、40代の後半でした。 幸い最初期の段階で発見されたので乗り切ること…
  3. 女性 癌治療 全分子フコダインエキス
    口コミや評判が多い全分子フコイダンって何? 最近、がん対策のサプリメントとして非常に話題になっ…
  4. 脳腫瘍 祖父 言語障害
    私は「大腸がん」の宣告を受けました。 これは本当にラッキーだったのか、アンラッキーだったのか・…
  5. 健康診断 定期検診
    私の姉が乳がんになった時の話です。 当時の姉は46歳でした。 正直な話、タバコは吸いますし夜…
  6. 女性 癌治療 全分子フコダインエキス
    私はオーストラリア在住ですが、乳がんや治療の方法は日本とほぼ同じです。 自分が体験した初期乳が…
  7. 腎細胞がん
    発生率は女性の2~3倍といわれる腎細胞癌(がん) 腎臓は長さ約10cm、幅約5cm、厚さ約3c…
  8. 胃癌 チェック項目 初期症状
    初期症状がわかりにくいため、早期の発見が難しい胃癌 「胃がん」は肺がんに次いで、日本で2番目に…
ページ上部へ戻る