カテゴリー:ペットの癌

  • シャム猫 乳がん

    ペットのメスの猫が乳がん(乳腺腫瘍)に。【ペットの癌体験記】

    ペットのシャム猫が乳がんに。 20代後半独身女性、実家住まいで両親と3人で暮らしています。 ペットのメスの猫が乳がん(乳腺腫瘍)になったのはその子が4歳の時の事でした。 父の知人が飼っていたシャム猫です…
  • 癌 ペット 犬

    愛犬のシーズーが陽性だったものの乳ガンに。【ペットの癌体験記】

    お風呂に入れて上げ体を洗っているときに何なお腹に出来物が・・・ 愛犬のシーズーのメスが8歳ぐらいの時に、陽性だったものの乳ガンになってしまったんです。 その症状に気付いたのは、愛犬のシーズーを久しぶりにお風呂に入…
  • ペット 癌

    9歳の飼い犬が腸腺癌と診断されて。【ペットの癌体験記】

    もう5年近く前のことですが、飼い犬が9歳の時に癌になりました。 きっかけは貧血になったことです。 症状はなかったのですが、今思うと便の臭いがちょっと変だったのと、痩せてきたことでした。 でも直前の定期検診で…
  • 柴犬 癌

    犬のガンの早期発見チェックは?

    犬のガンを早期に発見・チェックすることはなかなか難しい? 現在、日本ではペットのガンが非常に増えているといわれており、実際に多くの犬たちがガンで命を落としているという現状から、ガンを早期発見し、早期治療を行うことが…
  • ねこ ガン

    猫のガンの早期発見チェックは?

    猫の場合は約3頭に1頭がガンで死亡 アメリカの研究においては、ガンが犬や猫の死因のトップになっており、具体的には、猫の場合は約3頭に1頭が、犬の場合は約2頭に1頭がガンで死亡するというデータが出ています。 猫や犬…
  • 猫 癌 治療

    猫のガンの治療法は?

    猫の寿命が延びて、高齢化が進み癌発生率が上昇中 猫の死因のトップは慢性腎不全であるとされていますが、近年、その慢性腎不全に迫る勢いで増えている死因がガンです。 最近はペットフード等の品質も向上しており、猫の寿命が…
  • 猫 癌

    猫のガンの原因は?

    犬や人間と比較すると、猫がガンを発症する確率は低いとされています。 しかし、その一方で猫がガンを発症した場合、重症化しやすいともいわれています。 猫がガンを発症する原因は、現在でも未知の部分が多くあるとされていま…
  • 猫 ガン ペット

    猫のガンの種類は?

    老化によって免疫力が低下した猫が増加し、ガンが増えている 猫は人間や犬と比較すると、ガンの発症率が低いといわれていますが、一度ガンが発症してしまうと重症化してしまうことが多いというデータも報告されています。 猫の…
  • 犬 ペット ガン

    犬のガンの治療法は?

    飼い主が最良の治療法を選択することが大切となります。 犬のガンは人間のガンと比較すると、非常に進行が早いといわれていますので、飼い主が最良の治療法を選択することが大切となります。 犬がガンになった場合、まず、その…
  • 癌 犬

    犬のガンの種類は?

    犬は他の動物と比べて、比較的ガンにかかりやすい 腫瘍には、まず、良性腫瘍と呼ばれる、ゆっくりと増殖していって他の臓器等の器官には転移しないものがあります。 それに対して、一気に増殖し、他の臓器等の器官にも転移して…



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

おすすめ記事

  1. 健康診断 定期検診
    大学病院で精密検査を受けてくださいと言われてから完治まで。 今から5年前の話です。 二人…
  2. 飲酒 癌 原因
    癌を予防できる飲料は?健康維持の為にお勧めできる飲み物一覧【まとめ】 人間の90%は水分から出…
  3. 霊芝 癌 効果効能
    「夢のがん制圧剤」とも言われる霊芝 「霊芝」とは、マンネンタケ科に属するキノコの中国名であり、…
  4. 人参 抗がん物質
    にんじんの「β-カロテン」は抗がん効果が抜群に高い! 「にんじん」は植物学上はセリ科に属する植…
  5. 大腸癌 症状 特徴
    泌尿器系の癌の中では前立腺癌に次いで2番目に多い癌。 膀胱は下腹部に位置している臓器で、腎臓で…
  6. 腎細胞がん
    発生率は女性の2~3倍といわれる腎細胞癌(がん) 腎臓は長さ約10cm、幅約5cm、厚さ約3c…
  7. 乳がん チェック項目
    年齢が若いうちから「乳がん」の初期症状のセルフチェックを始めましょう 「乳がん」は乳房組織に発…
  8. 脳腫瘍 祖父 言語障害
    数年前父がガンを患う前、父子家庭で二人暮らしていた私はまだ17歳でした。 父は明るく、そして時…

カテゴリー

ページ上部へ戻る