カテゴリー:癌の基礎知識

  • 大腸がん 検査方法 費用

    ピロリ菌予防して胃癌も予防しよう。

    日本において、癌の罹患率は高齢化とともに上昇を続けています。 そのため、現在では、日本人の2人に1人が癌を発症し、3人に1人が癌で亡くなるといわれています。 このような状況の中で、癌の中でも罹患率が高くなっている…
  • 煙草 ピロリ菌 お酒

    ピロリ菌除菌中にアルコール(お酒)・たばこ・コーヒーは摂取していいの?

    ピロリ菌の除菌治療中には、タバコとコーヒーも控えるべき!? ピロリ菌の除菌の成功率は、一次除菌において約70%といわれていますが、これに失敗すると二次除菌を行うことになります。 そして、二次除菌を行うと、ピロリ菌…
  • 植物アルカロイド 分類 副作用

    ピロリ菌の除菌法は?検査方法や費用は?

    ピロリ菌の除菌方法としては、薬を服用して行う除菌療法がメイン。 ピロリ菌の検査方法としては、胃カメラを使う方法と、胃カメラを使わない方法の2種類に大きく分類されます。 この中で、胃カメラを飲む検査のほうが健康保険…
  • ピロリ菌に効果のあるヨーグルトの種類は?

    ピロリ菌は比較的新しく発見された菌であり、胃に常駐しています。 ピロリ菌は、最悪の場合は胃がんの原因ともなる菌ですが、実は、ヨーグルトを食べることでピロリ菌を退治できるということが最近になってわかってきました。 …
  • ピロリ菌 胃癌

    ピロリ菌と胃がんの関係性は?

    ピロリ菌に感染していると胃がん生リスク増!!? ピロリ菌の正式名称は「ヘリコバクター・ピロリ」であり、らせん型の細菌を意味する「ヘリコバクター」と、胃の出口付近である幽門を意味する「ピロリ」が組み合わさってできた名…
  • 癌の原因一覧。危険な物質・習慣は?

    【要注意】癌になりやすい習慣や化学物質とは?【絶対に避けましょう】 欧米化する食生活、ストレス社会の現代において、癌の発生リスクは年々高まってきています。 そんな中、貴方は癌になりやすい習慣や化学物質についてしっ…
  • アスベスト 発がん性物質

    アスベスト(石綿)とは?【癌の原因:発がん性化学物質】

    肺ガン、悪性中皮腫の誘因となることが指摘されるアスベスト(石綿) アスベスト(石綿)とは、無機繊維状鉱物の総称であり、蛇紋石や角閃石が繊維状に変形した天然の鉱石です。 アスベストは、大きく分類するとクリソタイルな…
  • 排気ガス 原因 癌

    排気ガスの影響は?【癌の原因:発がん性化学物質】

    発ガン性科学物質が、車の排気ガスにも含まれています。 私たちの身近にある「発ガン性化学物質」は、ガンの原因の一つとなっています。 文明の進歩によって生み出された様々な化学物質には、もともと地球上になかったものが多…
  • 食品添加物 発がん物質

    食品添加物の影響は?【癌の原因:発がん性化学物質】

    食品にも発がん性物質が含まれているのですが、それらは主に食品添加物に含まれています。 食品添加物に含まれている、亜硝酸ナトリウム、アスパルテーム、アセスルファムK、タール系の合成着色料などは発がん性が疑われている代…
  • 抗がん剤 治療 副作用

    がんウイルスとは?【癌の原因:発がん性化学物質】

    癌ウイルスが原因で発症する様々な癌 がんウイルスとは、腫瘍ウイルスとも呼ばれ、数あるウイルスの中で腫瘍形成に関わっているウイルスであり、その多くはDNAウイルスまたはレトロウイルスとなっています。 そして、このが…


おすすめ記事

  1. 大腸癌 祖母
    私の母が、末期の胃癌と診断されたのは2008年3月でした。 母は、以前から時々胃に痛みがあった…
  2. チェック 検査 セルフ
    病院へ行き大腸内視鏡検査を受けると、S状結腸部分に3センチ大の腫瘍がある事が分かりました。 2…
  3. 腎臓癌 小西博之
    2004年の年末に全身に転移する可能性のある、腎臓癌が発見されました。 小西博之さんは、195…
  4. フコキサンチン
    超貴重成分!アポトーシス誘導を促すフコキサンチンとは? 最近、癌業界や健康業界で大いに聞くよう…
  5. 定期 検診 検査
    放射線治療装置の1つに「トモセラピー」があります がんの治療には科学的に治療効果が実証された標…
  6. チェック 検査 セルフ
    通常の癌検診では、食道癌発見できませんでした。 2014年の正月おせち料理を頂いているときに、…
  7. liver
    「沈黙の臓器」である肝臓に発生する癌 肝臓は、約3000億個以上の肝細胞が集まってできており、…
  8. 白血病とは?
    他の部分にがんができた場合には、もっと長生きできたのかもしれません。 抗がん剤治療は1か月間で…
ページ上部へ戻る