大腸癌 症状 特徴

泌尿器系の癌の中では前立腺癌に次いで2番目に多い癌。

膀胱は下腹部に位置している臓器で、腎臓で作られた尿を一時的に貯蔵しておく働きがあり、約300~500ml程度の尿を貯めておくことができます。
このような膀胱に発生する癌を「膀胱癌」と呼び、膀胱の内側にある移行上皮と呼ばれる粘膜に発生する「移行上皮癌」が、現在発生している「膀胱癌」の約90%を占めています。

日本で「膀胱癌」に掛る人は年間約18000人であり、そのうち死亡する人は約6500人といわれており、泌尿器系の癌の中では前立腺癌に次いで、2番目に多い癌となっています。
また、「膀胱癌」は男性に多く発症し、女性の3倍の確率で「膀胱癌」になりやすいといわれています。

年齢でみると40歳以上から発生率が上昇しており、60歳以上で発生のピークを迎えますが、若年層に発生するケースもまれにあるようです。

他の癌と比較すると遅い癌のため、悪性度の低い癌

「膀胱癌」は前述の移行上皮(尿路上皮)粘膜から発生することが多い癌ですが、扁平上皮癌、腺癌もそれぞれ数%、2%弱ほどの確率で発生します。

この「膀胱癌」は1ヶ所だけでなく、膀胱内に同時に2ヶ所以上発生するケースもあるというところが、他の癌と異なる点です。

また、前述の移行上皮という粘膜は尿管や腎臓内にもつながっているので、他の臓器にも癌が転移しやすいという特徴があります。
ただ、癌の進行度という点においては、他の癌と比較すると遅い癌のため、悪性度の低い癌ともいえます。

「膀胱癌」は大きく分類すると2つのタイプに分けることができます。

1つは「表在性膀胱癌」

このタイプは「膀胱癌」全体の約70%を占めており、生命を脅かすほどではない程度の再発を繰り返すという特徴があります。
発育形状はカリフラワーのような形状であり、膀胱壁(筋層)までは浸潤していない状態の癌です。



もう1つは「浸潤性膀胱癌」

進行が速いのが特徴で、膀胱壁に浸潤し、早期にリンパ節や他の臓器に転移をおこしやすい癌となっています。

「膀胱癌」の特徴的な症状として、血尿が挙げられます。

血尿は「膀胱癌」患者の約70%にみられ、出たり出なかったりを繰り返し、痛みを伴わないことが特徴です。

膀胱炎や腎機能が低下した時等でも血尿は出ますが、痛みを伴わない場合は「膀胱癌」の疑いがありますので注意しましょう。
癌の症状が進むと、排尿回数が増える、残尿感、尿が出にくい等の排尿障害の症状が現れます。

さらに癌が進行し、尿管を閉塞すると、尿管や腎臓に尿がたまってしまい、水腎症という尿管や腎盂が膨張する病気になっていまいます。
そうなると、背中や腹部に鈍痛を感じるようになり、その影響で下肢に浮腫やむくみを生じることもあります。

「膀胱癌」の5年生存率はステージⅠで・・・

「膀胱癌」の5年生存率はステージⅠで約95%、ステージⅡで約80%、ステージⅢで約40%、ステージⅣで約25%となっており、生存率全体を平均すると約60%という高い数値であることから、他の癌と比較すると比較的予後良好な癌といえます。また、ステージⅠ期での5年生存率が90%を超えていることから、早期発見すれば、患者の多くが完治できる癌であると考えられます。

膀胱癌の治療方法は?

「膀胱癌」の治療は外科手術が中心に行われており、「浸潤性膀胱癌」には開腹手術が、「表在性膀胱癌」には内視鏡手術が実施されています。
また、他の癌と同様に、患者の状態や癌の状況をみて、放射線治療、抗がん剤治療、免疫治療等の治療が、単独もしくは組み合わせて実施されています。

「膀胱癌」の原因としては・・・

染料に含まれる芳香族アミンという化学物質による影響があり、これを使用する塗装業者や印刷業者の従業員に「膀胱癌」の患者が多いという症例が報告されています。

現在ではこの化学物質の使用と製造が禁止されていますが、他の化学物質でも「膀胱癌」の発症リスクが高くなる可能性もありますので注意が必要です。

また、喫煙者は非喫煙者の約2~4倍「膀胱癌」になりやすいとされています。

喫煙は他の癌の発症リスクも高めますので、癌の不安を抱えている喫煙者は、まず禁煙を考えてみてはいかがでしょうか。

膀胱癌(がん)の症状を軽減、副作用を少しでも軽減するために

膀胱癌(がん)の治療の場合、外科手術が中心に抗がん剤治療や放射線治療を合わせて行っていきます。
放射線治療はもちろんのこと、特に抗がん剤に関しては副作用が多く、とても辛い場合もあり、副作用で大変な方も多いのではないでしょうか。

特に抗がん剤の副作用には骨髄抑制をはじめ、吐き気やだるさ、免疫力の低下等、多種多様な副作用がありますが、その抗がん剤の副作用を少しでも軽減するためにおススメなのがシンゲンメディカル株式会社が発売している「全分子フコイダンエキス」です。

既に115万セットも爆売れしている商品で、ガン細胞抑制効果をもったDBグルコースを中心に、ガンの血管新生予防、抗がん剤の副作用抑制効果などを持った全分子フコダイン、アポトーシス誘導を持ったフコキサンチンを配合した独自成分が配合されています。

食道癌になり、抗がん剤の副作用に悩んでいる方や、完治後の再発防止を希望したい方は是非ともチェックをしてみてください。

抗がん剤の副作用抑制効果等、信頼できる臨床試験結果も公開されているので必見です。






関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. p53誘導体認証というマークの付いた食品
    癌(ガン)を告白・治療中・闘病中・死亡した芸能人たち。写真や共通点も紹介中 癌(ガン)は非常に…
  2. 胃がん ステージ3
    ガンと付き合い始めて2年目。若い頃の悪事の報い?? 悪い予感というのは当たるんですかね。 今…
  3. 小児がん
    15歳以下の小児がかかってしまうがんの総称を「小児がん」といいます 「小児がん」の主な種類とし…
  4. 海外セレブ ハリウッドスター
    癌を公表した外国人、ガンで死去した海外の芸能人、有名人達 映画や海外ドラマを中心に活躍するハリ…
  5. フランDグルコース_とは
    ほぼ100%の癌細胞成長抑制!?って本当なの? 2015年、ガン業界に激震が走りました。 …
  6. 定期 検診 検査
    放射線治療装置の1つに「トモセラピー」があります がんの治療には科学的に治療効果が実証された標…
  7. 胃がん 手術 費用
    胃がんの手術は基本的に外科手術がメイン。 「胃がん(胃癌)」の治療は手術と共に抗がん剤治療を再…
  8. 卵巣がん 初期症状
    「卵巣がん」には「沈黙の臓器(サイレントキラー)」という別名がついているほど。 卵巣は卵子を放…
ページ上部へ戻る