p53誘導体認証というマークの付いた食品

癌(ガン)を告白・治療中・闘病中・死亡した芸能人たち。写真や共通点も紹介中


癌(ガン)は非常に身近なものであり、それは芸能人・有名人であろうが変わりません。

そんな中、最近は多くの芸能人・有名人が自らの癌を公表・告白しています。
同じように癌で苦しんでいる方々が大いに勇気づけられていますね。

最近ではブログやツイッターで写真を踏まえながら自らの治療内容を公表する方も出ています。

ここではそんな癌(ガン)の芸能人・有名人を一覧にてご紹介していきます。


吉井怜さんの場合。急性骨髄性白血病を治療。完治。


吉井怜 白血病

吉井怜さんは、1982年3月18日生まれで、ホリエージェンシーに所属している日本の女優・タレントです。
グラビアアイドルから、演技派女優に華麗に転身した印象がありますが、その影で急性骨髄性白血病という重い病気に侵されていたそうです。



>>吉井怜さんの今の症状、病院を詳しく見る

参考:アトピー性皮膚炎の芸能人・有名人一覧>>

生稲晃子さんの場合。乳癌手術で右乳房の全摘出。




生稲晃子さんは、1968年4月28日生まれの日本の歌手・女優であり、女性アイドルグループのおニャン子クラブの元メンバーで、その会員番号は40番でした。
現在はタレントとして活動している生稲晃子さんですが、乳癌手術で右乳房の全摘出を行っていたことが明らかになりました。


>>生稲晃子さんの今の症状、病院を詳しく見る


吉田拓郎さんの場合。肺癌を手術で切除。


吉田拓郎 癌

吉田拓郎さんは、1946年4月5日生まれで、フォーライフレコードの第2代社長であり、日本のシンガーソングライター・作詞家・作曲家・編曲家・音楽プロデューサーです。

そんな吉田拓郎さんは、2003年に肺癌を患い、同年4月に摘出手術を行っています。
癌を手術で切除されてから、約半年でライブに復帰していますので、57歳という年齢で手術に臨まれたことを考えると、とても早い復帰に思われます。


>>吉田拓郎さんの今の症状、病院を詳しく見る



北斗晶さんの場合:乳がんで右乳房を全摘出


北斗晶 乳がん

2015年、テレビで大人気の元プロレスラー北斗晶さんが乳がんで右乳房を全摘出手術を受けたというニュースが話題になりました。

北斗晶さんは癌細胞が発見され、検査をしたところ、医師からステージ2Bで5年間の生存率50%という厳しい余命宣告を受けたそうです・・・

そんな乳癌は女性12人に1人は乳癌になる可能性があるという、女性にとっては非常に身近なガンといえます。

>>北斗晶さんの今の症状、病院を詳しく見る






つんく♂さんの場合:喉頭癌で治療・闘病中


つんく

音楽プロデューサーとして、また歌手として90-00年代をけん引してきた「つんく♂」さん。
そんな「つんく♂」さんが2014年3月に初期の喉頭がんであることを告白しました。

そして翌年の2015に、喉頭がんの治療のため、声帯摘出をされたのです。

歌手として歌う事が何よりも大事だった「声」を失うのですから、相当な覚悟が必要だったことでしょう。

>>つんく♂さんの今の症状、病院を詳しく見る



小林麻央さんの場合:進行性乳がんで入院・抗がん剤治療中


小林麻央さん

2016年6月9日、歌舞伎俳優の市川海老蔵の奥様である小林麻央さんが「進行性乳がん」であるとの報道がされました。

1年8カ月ほど前に進行性乳癌であることがわかったそうです。

前述のとおり、進行性ガンとは、「体の深くまで浸潤している状態」を言いますので、小林麻央さんの乳がんもかなり深部まで拡大しているものと思われます。

>>小林麻央さんの今の症状、病院を詳しく見る





桑田佳祐さんの場合。初期の食道癌発症。


桑田佳祐 癌

ザンオールスターズとして、そして個人として日本の歌謡界をリードし続けている桑田佳祐さん。

そんな桑田佳祐さんですが、なんと2010年7月、彼が54歳のときにステージ1の食道癌を発症しているのです。
6時間にも及ぶ手術とICU(集中治療室)での入院生活を送り、いまなお経過観察中です。

>>桑田佳祐さんの今の症状、病院を詳しく見る


坂本龍一さんの場合。中咽頭癌を告白。


坂本龍一さん 癌

2014年6月末に中咽頭がんを告白、闘病中の坂本龍一さん。
ニューヨークの病院で治療を数カ月受け、いまも経過は良好のようですね。

しかし、やはり再発や転移は怖いもの。
食事やライフスタイルを大幅に変えていっているようです。


>>坂本龍一さんの今の症状、病院を詳しく見る



宮迫博之さんの場合:スキルス胃癌で胃の3分の1を切除


宮迫博之 スキルス性胃がん

毎日テレビで見かけるほど大人気のお笑い芸人雨上がり決死隊の「宮迫博之」さん。
2012年にスキルス胃癌が見つかり、切除手術と治療の為、芸能活動を休止されていましたね。

正直、「あと半年発見が遅れたら命は無かった・・・」と医師に言われたそうです・・・偶然とはいえ、本当に良かったですね。


>>宮迫博之さんの今の症状、病院を詳しく見る


小西博之さんの場合。腎臓癌を発症。


腎臓癌 小西博之

小西博之さんは、1959年9月28日生まれでスタークコーポレーション所属の、日本の俳優・タレントです。

小西博之さんは、大学時代から演劇を始めており、その後、「欽ちゃんファミリー」の一員として世間に広く知られるようになりました。

しかし、2004年の年末に全身に転移する可能性のある、腎臓癌が発見されました。


>>小西博之さんの今の症状、病院を詳しく見る


樹木希林さんの場合:乳癌、そして全身癌治療中。


樹木希林 癌 治療

樹木希林さんですが、2005年に乳癌を発見、さらに2013年には全身がんであることを公表されています。

乳がんの摘出自体はうまくいったのですが、ガン細胞が体内に残っていたのかどうかわかりませんが、約4年後に癌が全身に転移してしまったのです。

しかし、樹木希林さんは手術を受けず、入院もせず、簡易的??なピンポイントの放射線治療のみを行っているそうです。

>>樹木希林さんの今の症状、病院を詳しく見る


藤村俊二さんの場合:胃癌を経験。


藤村俊二 胃がん

藤村俊二さんは、1934年12月8日生まれで神奈川県鎌倉市出身の、日本の元俳優・声優・タレント・振付師です。

そんな藤村俊二さんは約30年ほど前、胃癌を経験しています。

>>藤村俊二さんの今の症状、病院を詳しく見る


原千晶さんの場合:子宮頸がん、リンパ節へ転移。


原千晶 子宮癌

タレントとして、そして女優として大活躍してきた原千晶さん。
そんな原千晶さんが癌が発覚したのは30歳の時でした。

「子宮頸がんステージ1a期」と診断された原さんですが、医師からは治療の為に「子宮の全摘出」を勧められました。しかし、原千晶さんは「子宮を残したい。」という気持ちが強かったらしく、子宮の摘出をしないことを決意します。


>>原千晶さんの今の症状、病院を詳しく見る


渡哲也さんの場合。直腸癌と人工肛門を経て。


渡哲也 ガン

渡哲也さんは、1941年12月28日生まれであり、元・株式会社石原プロモーション代表取締役社長で、日本の俳優・歌手です。

そんな渡哲也さんは、直腸癌の手術を1991年に受けており、この手術によってオストメイト(人工肛門使用者)となったことを公表し、話題となりました。
渡哲也さんはバリウム検査により、直腸の上にある、S字結腸とその奥の下行結腸にそれぞれ5ミリと7ミリ大のポリープがあることが発見され、さらに2か月後に受けた内視鏡検査ではポリープが4つ見つかりました。


>>渡哲也さんの今の症状、病院を詳しく見る


市村正親さんの場合:早期胃がんで手術。。


市村正親 胃癌

年の差24才差で結婚を発表した際には非常に話題になった市村正親さん。
お相手はもちろん皆さんご存知の篠原涼子さんですね。


2005年に結婚してから2人の子供に恵まれ、非常に夫婦仲が良い事で知られています。

そんな市村正親さんですが、2015年に急性胃炎の診断を受けたら早期胃がんが発覚したそうです。

>>市村正親さんの今の症状、病院を詳しく見る



>> 癌になった芸能人、有名人一覧


渡辺謙さんの場合:急性骨髄性白血病の治療と再発。


渡辺謙 白血病

新潟県魚沼市出身の映画俳優渡辺謙さん。
今ではハリウッドで大活躍の日本を代表する俳優さんですね。

数多くの映画に引っ張りだこで、今ではブロードウェーミュージカルにも出演されており、まさに世界で大活躍中です。

そんな渡辺謙さんですが、なんと以前に白血病を発症し、大作映画『天と地と』を降板するという経験をされていたのです。


>>市村正親さんの今の症状、病院を詳しく見る






和田アキ子さんの場合:子宮癌で子宮を全摘出。


和田アキ子

芸能界屈指のご意見番として、長い間芸能界に君臨し続けている?和田アキ子さん。
そんな和田アキ子さんですが、実は子宮癌を治療し、克服された芸能人として知られています。


1950年生まれの和田アキ子さんが子宮癌発覚したのが1981年ですから31歳の時の出来事です。
2回目の結婚で「さぁ、これから子供を・・・」という時期での発覚だったのです。

>>和田アキ子さんの今の症状、病院を詳しく見る




柴田恭兵さんの場合。肺癌と手術と抗がん剤治療。


柴田恭平 ガン

柴田恭平さんは、1951年8月18日生まれで、現在の静岡県静岡市清水区である、静岡県清水市出身の日本の俳優であり、歌手です。

そんな柴田恭兵さんといえば「あぶない刑事」シリーズが有名ですが、映画「まだまだあぶない刑事」が2005年に公開された翌年、柴田恭兵さんに肺癌が見つかり、それから手術と抗がん剤治療の闘病生活を送っていたようです。
右の肺の上葉部を切除する摘出手術を受けています。

>>柴田恭兵さんの今の症状、病院を詳しく見る


石坂浩二さんの場合。直腸癌の手術を経て。


石坂浩二 癌

石坂浩二さんは、1941年6月20日生まれ、東京府東京市京橋区(現:東京都中央区銀座)生まれの大田区田園調布育ちであり、日本の俳優・タレント・司会者・画家・作家・翻訳家・作詞家・ナレーターです。

そんな石坂浩二さんは、時代劇「水戸黄門」4代目水戸光圀公役を演じはじめて1年足らずの2002年に直腸癌を患っています。


>>石坂浩二さんの今の症状、病院を詳しく見る


竹原慎二さんの場合:膀胱癌で治療・闘病中


竹原慎二 膀胱癌

「ファイトクラブ」でタレントとしてブレイクし、最近では「竹原慎二のボコボコ相談室」で話題になっていましたね。


しかし、そんな竹原慎二さんですが、2014年、膀胱癌が判明し、テレビで公表されたのです。
検査をしていくと、なんとリンパ節への転移も見付かるほど病状が悪化していったとのこと。
そんな状況を救ったのは奥さんと畑山隆則さんだったそうです。

>>竹原慎二さんの今の症状、病院を詳しく見る


鳥越俊太郎さんの場合:直腸癌から肺癌へ転移。


鳥越 癌 肺癌

鳥越俊太郎さんが凄いのは癌が発症した種類の多さでしょう。
なんと最初は大腸(直腸)がんが発覚し、その後癌が転移していき、肺がん、肝臓がんが発症したのです。


通常なら大腸(直腸)がんの完治だけでも非常に大変な事。

そんな中、癌が転移していき、肺がん、肝臓がんが発症したのですから相当に重い症状のハズですね。

>>鳥越俊太郎さんの今の症状、病院を詳しく見る



麻木久仁子さんの場合。脳梗塞と乳癌発症。


麻木久仁子 乳がん

麻木久仁子さんは、1962年11月12日生まれで、日本のタレント・司会者・女優であり、エッセイストであり、コメンテーターでもあります。
そんな麻木久仁子さんは、2010年、彼女が48歳の時に脳梗塞と乳癌という大きな病気を2つも患っています。

麻木久仁子さんは、その脳梗塞のときの様子を「担当医からは脳梗塞患者としては年齢が若い]と言われたそうです。


>>麻木久仁子さんの今の症状、病院を詳しく見る



桜井和寿さんの場合。


桜井和寿 脳梗塞

桜井和寿さんは、1970年3月8日生まれで東京都練馬区出身の、日本のミュージシャンであり、Mr.Childrenのボーカリスト・ギタリストです。Mr.Childrenはデビュー以来、20年以上も日本の音楽業界のトップで活躍してきましたが、そのMr.Childrenの活動の中での最大の危機が、桜井和寿さんの小脳梗塞といわれています。

「助けを呼ぼうと携帯電話のボタンを押すがうまく押せなくなった」と、復帰後に出演した歌番組で倒れた時の様子を語っています。

>>桜井和寿さんの今の症状、病院を詳しく見る




辛坊治郎さんの場合。十二指腸癌を発症。


辛坊治郎 癌

辛坊治郎さんは、1965年4月11日生まれで、読売テレビ(YTV)アナウンサーから、理事・報道局解説委員長(局長待遇)などを経て、株式会社大阪綜合研究所代表を務めている、日本のニュースキャスター・シンクタンク経営者です。
そんな辛坊治郎さんは、2012年に十二指腸癌を患っています。

内視鏡による十二指腸腫瘍の摘出手術を行い、手術で切除した腫瘍は1.5センチであり、その病理検査の結果は悪性腫瘍(癌)でした。

>>辛坊治郎さんの今の症状、病院を詳しく見る




小堺一機さんの場合。首の腫瘤の摘出手術。


小堺一機 癌

小堺一機さんは、1956年1月3日生まれで千葉県市川市出身、浅井企画所属の日本のお笑いタレント・コメディアン・俳優です。
小堺一機さんは、お昼の超ご長寿番組であった「ごきげんよう」の司会でお馴染みですが、2004年に首の腫瘤を切除する手術を受けています。

出手術は無事成功し、担当医からは「すべて摘出したので、転移の心配はない」とのことであり、その担当医の言う通り、手術後の経過は順調で、約1か月の自宅療養期間を経て、無事に仕事に復帰されています。


>>小堺一機さんの今の症状、病院を詳しく見る



ピーコさんの場合。メラノーマ(悪性黒色腫)を発症。


ピーコ ガン

ピーコさん(本名:杉浦克昭さん)は、1945年1月18日生まれでシャンソン歌手であり、日本のタレント・ファッション評論家・ジャーナリストです。

一卵性双生児の弟に、映画評論家である「おすぎ」さんがおり、ともにデビュー時から同性愛者であることを公表しています。
そんなピーコさんは、1989年8月に自分がメラノーマ(悪性黒色腫)を発症していることを知ります。

>>ピーコさんの今の症状、病院を詳しく見る



山田邦子さんの場合。乳癌、温存手術を経て。


山田邦子 ガン

山田邦子さんは、1960年6月13日生まれで太田プロダクション所属の、日本のお笑いタレント・司会者・女優・小説家です。
そんな山田邦子さんは、2007年3月、テレビ朝日系列のテレビ番組「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」の出演後、番組で紹介された家庭でできる乳癌の視診・触診によって乳房の中のしこりを発見。

手術後、同じ番組に出演し、乳癌であったことを報告しています。


>>山田邦子さんの今の症状、病院を詳しく見る


間寛平さんの場合。前立腺がんを発症。


間寛平 前立腺がん

間寛平さんは、吉本新喜劇のスターとして関西で絶大な人気を得ており、「アヘアヘアヘアヘ…」、「ア~メマ!」、「かい~の」などのギャグで有名です。
また、趣味のマラソンにおいては、2008年にマラソンとヨットで世界一周をすると言うアースマラソンに挑戦し、2年1ヶ月の長旅を終え、無事に日本に帰国されて話題になりました。


しかし、このアースマラソンをはじめてから2年後、トルコにおいて、間寛平さんは前立腺がんを発症している事が判明したのだそうです。


>>間寛平さんの今の症状、病院を詳しく見る


林家木久扇さんの場合。初期喉頭がん発症。


林家木久扇 ガン

林家木久扇さんは、1937年10月19日生まれで本名は豊田 洋、旧名は初代林家木久蔵で、日本の落語家・漫画家・画家であり、日本テレビ系列のテレビ番組「笑点」でおなじみです。

そんな林家木久扇さんは、喉の違和感を感じて検査をしたところ初期の喉頭がんが見つかったため、放射線治療を受けています。

>>林家木久扇さんの今の症状、病院を詳しく見る


多くの芸能人・有名人達が頑張って治療中&闘病中



いかがでしたでしょうか。
上記の様に数多くの芸能人・有名人達が頑張って治療中&闘病中なんです。
惜しくも死亡される場合もありますが、癌に真摯に立ち向かって治療していく様は同じように癌で闘病中の方々に沢山の勇気を届けたはずでしょう。

参考:アトピー性皮膚炎の芸能人・有名人一覧>>







関連記事



おすすめ記事

  1. 子宮癌 手術 費用
    2012年、2人目を妊娠し自然分娩で無事出産しました。 私の体調がおかしくなったのは、ちょうど…
  2. 直腸がん 検査 費用
    早期のリスク判定が可能なG-TACがん検査 経済産業大臣賞受賞のがん検査 …
  3. アルキル化剤 分類 副作用
    【まとめ】抗がん剤とは?効果や副作用、種類一覧 癌の治療には外科手術から免疫療法、食事療法、運…
  4. 女性 癌治療 全分子フコダインエキス
    口コミや評判が多い全分子フコイダンって何? 最近、がん対策のサプリメントとして非常に話題になっ…
  5. 家族
    私の母親は健康体で大きな病気もしたことがない人でした。 そのため本人もまさか自分がガンになるとは思…
  6. 胃癌 症状 特徴
    症状が非常にわかりづらい!胃の粘膜にできた悪性腫瘍 「胃癌(胃がん)」は日本では、肺癌に次…
  7. 胆道がん 検査 費用
    病院に行き急性骨髄性白血病と診断され即入院。女性です。 私は25歳の6月に急性骨髄性白血病と診…
  8. 胆道がん 検査 費用
    「口腔がん」とは、歯茎や舌等の粘膜に発生するがんの総称です。 「口腔がん」は全ての「口腔がん」…
ページ上部へ戻る