胆道癌 チェック項目

年間の「精巣がん」による死亡者も約100人ほど

男性のみに存在する器官である精巣には、ホルモンを分泌する・精子をつくるという役割があります。
「精巣がん」はこの精巣に発生するがんであり、睾丸腫瘍・睾丸がん・精巣腫瘍と呼ばれることもあります。

精巣は精母細胞(精子を作る)とライディヒ細胞(男性ホルモンを作る)で構成されていますが、この精母細胞から発生した「精巣がん」が全体の約95%と大部分を占めています。
「精巣がん」と診断されるものは、精巣に発生した腫瘍が悪性の場合ですが、悪性と良性の発生比率をみてみると、9:1と悪性のものが大多数を占めていますので、精巣に発生した腫瘍は、そのほとんどが「精巣がん」とみてよいと思います。

年齢別にみると、20~30歳代の比較的若い世代に多く発症するという、他のがんにはない特徴があり、特に通常はがんになりにくいとされている20歳代の男性がかかるがんでは、全てのがんの中で、「精巣がん」が最も発症頻度が高いがんとなっています。

ただ、「精巣がん」にかかる人は日本国内において、年間1,000~2,000人程度と非常に少なく稀な病気となっており、年間の「精巣がん」による死亡者も約100人ほどですので、治療をすれば治る、比較的予後の良いがんであるといえると思います。

そんな「精巣がん」の治療法のうち、外科治療である手術には次のような種類があります。

「高位精巣摘除術」

「高位精巣摘除術」は、原則として「精巣がん」の患者全てに実施される手術となっています。

精巣は精子と血管の通る精管が束になった精索という管でお腹の中においてつながっているのですが、「精巣がん」はこの精索を通って転移することが多いため、手術において精巣を摘出する際には精巣だけではなく、この精索をその上の部分まで切除するようになります。

このような手術方式を「高位精巣摘除術」と呼んでいます。

「後腹膜リンパ節郭清術」

「後腹膜リンパ節郭清術」は、おなかの大血管周囲にあるリンパ節である後腹膜リンパ節と、その周りの組織を取り去る手術です。
「精巣がん」ははじめにこの後腹膜リンパ節に転移することが多いため、転移のないステージI期の場合においても、がんの再発を防ぐという目的でこの手術が行われることがあります。

また、最初から後腹膜リンパ節へのがんの転移が確認された場合では、化学療法によってがん細胞を完全に死滅させてから、この手術を実施するのですが、「精巣がん」に対する化学療法後の「後腹膜リンパ節郭清術」はより難易度の高い手術となってしまうので、この手術の症例数の多い専門病院で手術を受けるほうがよいでしょう。

「転移巣切除術」

「転移巣切除術」は転移巣の摘出手術です。
「精巣がん」は脳や肝臓への転移があったり、早期の段階で肺に転移するというケースもあります。
仮に化学療法でがん細胞を死滅させたとしても、画像診断を行った際にがんの転移が残存していた場合には、転移巣からがんが再発してくる可能性が高いので、可能な限り摘出手術を行うのがよいとされています。

逆行性射精になるケースも

また、「後腹膜リンパ節郭清術」を受けた後に逆行性射精という、射精したときの感覚に変化はないのに、精液が外に出てこないという障害を起こすことがあります。
ただ、個々の手術の範囲によって状況は異なるため、必ず射精障害が発生するとは限らなく、その障害の程度にも個人差があります。

さらに、「精巣がん」の広がり状況によっては、射精機能を残すような神経温存手術も可能なので、担当医とよく相談することが必要です。

「精巣がん」の手術費用は、手術が「高位精巣摘除術」のみで、入院が10日間程度というケースでみると、約20万円程度となるようです。

また、「精巣がん」には放射線療法や化学療法が非常に良く効くという性質があるため、手術の他にこのような療法も併用するケースが多いため、当然この治療費もかかってきます。
治療費を合計するとかなり高額となってしまうため、高額療養費制度等を活用し、負担額を抑えるようにしましょう。




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. アルキル化剤 分類 副作用
    【まとめ】抗がん剤とは?効果や副作用、種類一覧 癌の治療には外科手術から免疫療法、食事療法、運…
  2. 卵巣がん 初期症状
    「卵巣がん」には「沈黙の臓器(サイレントキラー)」という別名がついているほど。 卵巣は卵子を放…
  3. プロポリス 癌効能
    人間にとっては、「理想的な免疫活性物質」 「プロポリス」とは、ミツバチが自分の唾液と、松、柳、…
  4. 奇跡的な早期発見で助かった生稲晃子さんの乳癌 生稲晃子さんは、1968年4月28日生まれの日本…
  5. 定期 検診 検査
    放射線治療装置の1つに「トモセラピー」があります がんの治療には科学的に治療効果が実証された標…
  6. 腎細胞がん
    発生率は女性の2~3倍といわれる腎細胞癌(がん) 腎臓は長さ約10cm、幅約5cm、厚さ約3c…
  7. ブロリコ 口コミ 評判
    ブロッコリーから抽出されたサプリメント「ブロリコ」の口コミ・評判は? 東京大学と共同で特許取得…
  8. 大腸癌 症状 特徴
    「大腸癌」は、直腸・肛門・盲腸・結腸で構成される大腸(全長約2m)に発生する癌の総称 日本人の…
ページ上部へ戻る