【要注意】癌になりやすい習慣や化学物質とは?【絶対に避けましょう】

欧米化する食生活、ストレス社会の現代において、癌の発生リスクは年々高まってきています。
そんな中、貴方は癌になりやすい習慣や化学物質についてしっかりと認識は出来ていますか?

癌の発生リスクを上げる危険な物質・習慣を認識して、自分のライフサイクルの中でしっかりと避けることで、確実に癌の発生リスクは下げられるものです。

しかし、何も意識せずに好き勝手やっていると癌の発生リスクはどんどん上がっていきます。

ここではそんな絶対に避けるべき癌の原因一覧をご紹介していきます。
心身ともに健康な人生を送るためにもしっかりと癌の原因について学んでおきましょう。

なにはともあれ、「ストレス」はすべての原因。

精巣ガン 初期症状
ストレスはガンの重要な原因の一つとされていますが、ストレスがガンの原因になるという直接的な証拠は無いようです。
ただ、過度なストレスによって免疫力が低下するのは事実なようですので、それによってガンの発症リスクが高くなるということはあると考えられます。

このようなストレスによるガンの発症リスクは、一説によると、タバコを1日に2箱分喫煙したのと同等であるともいわれています。

>>ストレスが癌の原因になる?詳細はこちら

肥満は心筋梗塞や糖尿病に加え、ガンの原因に

食品添加物 発がん物質

ガンが発症する原因として、栄養の過剰摂取や飲酒、喫煙などの生活習慣が大きな要因とされていますが、その中で、肥満は心筋梗塞や糖尿病などの生活習慣病のリスクを高めるだけではなく、ガンの原因になると考えられています。
なんと22種類のガンのうち実に17種類ものガンにおいて関連性があるとの結果が出たのです。

>>肥満&太りすぎが癌の原因になる?詳細はこちら

睡眠不足はそれ自体が強いストレスになります

睡眠 不足 原因

睡眠不足によって自己免疫力が落ち、その影響によってガンを発症するということも考えられます。ガンは高齢者がかかりやすい病気とされています。
これは、加齢によって自己免疫力が落ちてくるというのが、その理由となっています。5時間未満という短時間睡眠の人は、大腸ガンによる死亡率が54%も上昇していたそうです。

>>睡眠不足が癌の原因になる?詳細はこちら

皮膚がんの原因になる?放射線や紫外線。

放射線 原因 紫外線
適度に紫外線を浴びると、カルシウムの吸収を助けるビタミンDを皮膚で合成できます。
しかし、紫外線も放射線と同じくDNAを傷つけ、正常な分裂を阻害するリスクがあります。

そのため、無防備に紫外線を浴び過ぎないように注意が必要です。
ただ、放射線と比較して紫外線のエネルギーは低く、その波長もやや長いため、放射線のように体の深部まで到達することがないことから、紫外線を直接浴びる皮膚が主に影響を受けています。

>>睡眠不足が癌の原因になる?詳細はこちら

飲酒習慣がある人は癌、脳卒中、高血圧、肝硬変などの重大な病気の原因となる

飲酒 癌 原因
、非喫煙者では飲酒量が増えてもがんの死亡率の上昇は軽度であるのに対し、喫煙者では飲酒量が増えるとがん死亡率が確実に上昇しました。

これは、口腔~食道までのがんと肝臓がんといういわゆる飲酒関連がん以外のがんにおいても、その死亡率が喫煙者においては飲酒によって高くなるとのことです。

>>アルコール・お酒が癌の原因になる?詳細はこちら

食道ガン、咽頭ガン、喉頭ガン、また、胃ガンの原因になるタバコ・喫煙

煙草 喫煙 癌 原因
ガンの原因の一つに発ガン性化学物質がありますが、このような有害な化学物質が含まれるものに、タバコの煙があります。
発ガン性化学物質といわれて、誰もが思いつくものがタバコであり、タバコは肺ガンのみならず、あらゆるガン発症のリスクを高めるということがわかっています。

>>タバコ・喫煙が癌の原因になる?詳細はこちら

食ガン発症の重要な一因としてみなされている酸化ストレス(活性酸素)

陰茎癌 チェック
活性酸素は細胞を酸化させてしまいます。
この作用によって酸化させられた細胞は変性してしまい、元の正しい機能を果たせなくなるため、体内での働きに様々な障害が出て、その結果、老化現象として現れてくるのです。

活性酸素はこの酸化の作用が凄く強いため、細胞が傷ついてガンの引き金となってしまいます。

>>酸化ストレス(活性酸素)が癌の原因になる?詳細はこちら

現在では肝炎ウイルスが肝臓がんの主な原因であることがわかっています

胃がん ステージ3
がんウイルスが原因となるがんとしては、肝臓がんが有名ですが、以前までは過度の飲酒が原因といわれていました。
しかし、現在では肝炎ウイルスが肝臓がんの主な原因であることがわかっており、B型肝炎ウイルスであるHBVとC型肝炎ウイルスであるHCVが、代表的な肝炎ウイルスとなっています。
日本では、C型肝炎ウイルスによって発症する肝臓がんが特に多くなっており、肝臓がん全体の約70~80%を占めるといわれていますが、その一方で、B型肝炎ウイルスによって発症する肝臓がんは、肝臓がん全体の約10~20%となっています。

>>がんウイルスが癌の原因になる?詳細はこちら

現食品にも発がん性物質が含まれている

口腔癌
食品添加物に含まれている、亜硝酸ナトリウム、アスパルテーム、アセスルファムK、タール系の合成着色料などは発がん性が疑われている代表的な添加物として有名となっています。
亜硝酸ナトリウムには、食材の色が黒ずむのを防ぐ作用があるため、明太子、数の子、たらこといった塩蔵魚卵類によく使用されています。この亜硝酸ナトリウムは、筋肉色素であるミオグロビンと反応して、発がん性物質であるニトロソアミンに変化してしまいます。

>>食品添加物が癌の原因になる?詳細はこちら

発ガン性科学物質が、車の排気ガスにも含まれています。

排気ガス 原因 癌
私たちの身近にある「発ガン性化学物質」は、ガンの原因の一つとなっています。
文明の進歩によって生み出された様々な化学物質には、もともと地球上になかったものが多くあります。
このような化学物質には、はっきりとした発ガン性が確認されているものが複数あるとのことなのです。
このような発ガン性科学物質が、車の排気ガスにも含まれています。
排気ガスはガソリンや軽油といった燃料が化学反応を起こした際や、これらの燃料がエンジンで燃焼した際に発生する気体のことをいいます。

>>排気ガスが癌の原因になる?詳細はこちら

肺ガン、悪性中皮腫の誘因となることが指摘されるアスベスト(石綿)

アスベスト 発がん性物質
アスベスト(石綿)とは、無機繊維状鉱物の総称であり、蛇紋石や角閃石が繊維状に変形した天然の鉱石です。
空中に飛散したアスベストの繊維を長期間にわたって大量に吸入すると、肺ガン、悪性中皮腫の誘因となることが指摘されるようになりました。
そのため、アスベストは「静かな時限爆弾」と呼ばれるようになってしまったのです。

>>アスベスト(石綿)が癌の原因になる?詳細はこちら




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 脳腫瘍 祖父 言語障害
    私の父の実体験なのですが、4年前父は喉頭癌との診断を受けました。 まずは、父の話に基づいて「癌…
  2. 皮膚がん ホクロ 
    大きく「基底細胞癌」と「有棘細胞癌」の2種類がある皮膚がん 「皮膚癌」は発生部位等でいろいろな…
  3. 胆道癌 手術 検査
    80才を目の前にした母が胆のうガンの疑いと手術という現実を聞かされ 2人に1人がガンになる現代…
  4. 胃癌 チェック項目 初期症状
    性交渉の経験がある女性ならば誰でも発症のリスクあります。 「子宮頸がん」は他のがんと違い、HP…
  5. がん細胞は熱に弱い!だからこそ温熱療法♪ がん細胞が熱に弱いという基礎研究の知見からがん細胞を…
  6. 大腸癌 祖母
    「転移性脳腫瘍」と「原発性脳腫瘍」に分類することができる脳腫瘍 人間の脳は頭蓋骨に覆われていて…
  7. ピロリ菌 胃癌
    ピロリ菌に感染していると胃がん生リスク増!!? ピロリ菌の正式名称は「ヘリコバクター・ピロリ」…
  8. 乳癌
    約半世紀で死亡者が約5倍に増加した乳癌(乳がん) 「乳癌」とは、乳房組織に発生する癌腫で、乳房…
ページ上部へ戻る