前立腺がん

自覚症状はほとんど無い前立腺癌(がん)


前立腺とは、栗の実のような形をして恥骨の裏側に位置している臓器であり、男性のみに存在し、精液の一部を生成する働きを担っています。


前立腺は、尿道のまわりの内腺と被膜以外の外線の2つの層構造となっています。


最近では、移行領域、中心領域、辺縁領域の3つのゾーンに分類されることもあり、移行領域と中心領域が従来の内腺、辺縁領域が従来の外腺にあたります。


「前立腺癌」はそのような前立腺の主に尿道から離れた部分(外腺:辺縁領域)に発生することが多い癌です。


男性がかかる癌において、罹患数は1位、死亡数は2位という、癌全体の中でもっとも多い癌の1つ



「前立腺癌」は世界的に発症頻度が高い癌であり、特に白人、黒人に発症頻度が高くなっています。
そのため、白人、黒人が多いアメリカでは、男性がかかる癌において、罹患数は1位、死亡数は2位という、癌全体の中でもっとも多い癌の1つとなっています。


日本での「前立腺癌」の罹患数は約4.7万人で、男性の癌罹患全体の約14%を占め、死亡数は約1.2万人で、男性の癌死亡全体の約5%を占めています。
日本において、「前立腺癌」はもともとあまり多くはみられない癌だったのですが、近年ではもっとも多く増加している癌の1つとなっており、2020~2024年頃には、男性のかかる癌の中で第一位の罹患数になると予測されています。


このような「前立腺癌」の増加の原因としては、日本人の高齢化や食生活の欧米化等が挙げられますが、その中でPSA検査の普及もその原因の1つとされています。
近年、PSA検査が普及したことにより、元来の直腸内触診や超音波検査では発見することが困難であった、早期の「前立腺癌」を発見することが可能となったため、その影響により「前立腺癌」患者が増加したと考えられています。



初期の「前立腺癌」では特徴的な症状は無く、自覚症状はほとんど無いとされています。



ただ、「前立腺癌」には同時に「前立腺肥大症」が存在するケースも多く、その症状として、尿を我慢できない、頻尿、尿の切れが悪い、尿が出にくい等が現れるケースがあります。
しかし、この症状によって「前立腺肥大症」だけで「前立腺癌」の発症を疑わず、癌の発見が遅れる場合もありますので、注意が必要です。


「前立腺癌」が進行して尿道を圧迫してくると、尿が出にくくなる、排尿障害の症状が出てきます。


また、「前立腺癌」は骨に転移しやすいという特徴があるため、前立腺に近い腰骨や骨盤に転移すると、癌が脊髄神経を圧迫するので、腰や背中、下肢等に様々な痛みが出てくるようになります。
さらに、リンパ節にも転移しやすいため、癌の進行でリンパ液の流れが阻害されることによって、下肢にむくみが発生したり、腎機能の低下等が現れるケースもあります。






「前立腺癌」の5年生存率・ステージ別死亡率は?


「前立腺癌」の5年生存率はステージⅠで約85.6%、ステージⅡで約89.0%、ステージⅢで約83.9%、ステージⅣで約43.6%となっており、他の全種類の癌の平均よりも上回っていることから、治療しやすい癌だといえます。
「前立腺癌」は、癌の進行が非常に遅いという特徴があるため、このような高い生存率となっていると考えられます。


ただ、そのような状況でも、近年「前立腺癌」による死亡者が増加傾向なのは、「前立腺癌」に初期症状が無く、早期発見が難しいということが影響していると考えられます。


「前立腺癌」の治療法には、手術療法、放射線療法、内分泌療法(ホルモン療法)等があります。



「前立腺癌」の治療法には、手術療法、放射線療法、内分泌療法(ホルモン療法)等のいろいろな治療法があり、これらの治療法を組み合わせたり、もしくは単独で行なったりします。
治療方針は患者の年齢や健康状態、合併症の有無、さらに個々の「前立腺癌」の悪性度や進行具合等を検査して、総合的に判断して決定されます。



「前立腺癌」の発症リスク要因として、現在までのところ、人種(白人、黒人)、年齢(高齢者)、「前立腺癌」家族歴のよる遺伝があります。
特に遺伝に関しては、例えば父と祖父に「前立腺癌」の罹患歴がある場合、本人の発症リスクが9倍になるという報告もあります。


身近な家族等の罹患歴を正確に知っておくことも「前立腺癌」の予防に役立つかもしれません。

前立腺癌の症状を軽減、副作用を少しでも軽減するために



前立腺癌の治療の場合、手術療法、放射線療法、内分泌療法(ホルモン療法)等のいろいろな治療法を受ける方が多いと思います。
また、手術後の再発防止や、症状を抑えるために抗がん剤の投与をされる方も多いのではないでしょうか。


特に抗がん剤の副作用には骨髄抑制をはじめ、吐き気やだるさ、免疫力の低下等、多種多様な副作用がありますが、その抗がん剤の副作用を少しでも軽減するためにおススメなのがシンゲンメディカル株式会社が発売している「全分子フコイダンエキス」です。


既に115万セットも爆売れしている商品で、ガン細胞抑制効果をもったDBグルコースを中心に、ガンの血管新生予防、抗がん剤の副作用抑制効果などを持った全分子フコダイン、アポトーシス誘導を持ったフコキサンチンを配合した独自成分が配合されています。


前立腺癌になり、抗がん剤の副作用に悩んでいる方や、完治後の再発防止を希望したい方は是非ともチェックをしてみてください。


抗がん剤の副作用抑制効果等、信頼できる臨床試験結果も公開されているので必見です。










関連記事



おすすめ記事

  1. 全分子フコダイン
    既に115万セットも爆売れしている全分子フコイダンエキスって良いの? シンゲンメディカル社が販…
  2. プラチナ製剤 作用機序 副作用
    叔母が発症した胃がんについて書いていこうと思います。 私の家系は前回も言った通り本当にがん患者…
  3. 漢方薬 ガン
    がんの治療で不足した体力、気力、生体防御能を補う漢方薬療法 がんの治療は、がん自体を消失するだ…
  4. プロポリス 癌効能
    人間にとっては、「理想的な免疫活性物質」 「プロポリス」とは、ミツバチが自分の唾液と、松、柳、…
  5. 白血病とは?
    他の部分にがんができた場合には、もっと長生きできたのかもしれません。 抗がん剤治療は1か月間で…
  6. 大腸癌 症状 特徴
    「大腸癌」は、直腸・肛門・盲腸・結腸で構成される大腸(全長約2m)に発生する癌の総称 日本人の…
  7. チェック 検査 セルフ
    通常の癌検診では、食道癌発見できませんでした。 2014年の正月おせち料理を頂いているときに、…
  8. 定期 検診 検査
    放射線治療装置の1つに「トモセラピー」があります がんの治療には科学的に治療効果が実証された標…
ページ上部へ戻る