水素水 癌

水素を簡単に摂取する方法として「水素水」が注目されています。

「水素水」とは、水素ガス(H2・水素分子)を含む水のことで、現在は、水素ガスを高圧・バブル化して、水に溶存させたタイプと、水を電気分解させて水素分子を発生させて作る「水素水」が存在しています。
2007年頃、水素(H2)が健康に役立つことが証明されたため、水素を簡単に摂取する方法として「水素水」が注目されています。

私たちの身体は約60兆個の細胞から成り立っているといわれており、水素はこの細胞の一つ一つを元気にしますが、その元気にする仕組みのカギを握るのが、細胞内のミトコンドリアです。

小さな細胞の中には、さらに小さな様々な器官があるのですが、細胞内のミトコンドリアはその器官等の、私たちが生きていくために必要なエネルギーをつくるエネルギー工場としての役割を果たしています。

ミトコンドリアは呼吸によって得た酸素と、食事によって得た糖分を反応させ、生きるためのエネルギーを日々生み出しているのですが、この時に副産物として生まれてしまうのが「活性酸素」で、実に体内の約90%の「活性酸素」がミトコンドリアから生まれてしまっています。

そして、ミトコンドリアは「悪玉活性酸素」も生み出してしまうのですが、その中で一番問題なのが「ヒドロキシルラジカル」で、これが体をサビつかせ、様々な病気や老化の原因となることが近年の研究でわかってきました。

「ヒドロキシルラジカル」を除去する水素水

「ヒドロキシルラジカル」は酸化力がとても強いため、体内中をサビつかせてしまうため、DNAや細胞、さらにはミトコンドリア自身も傷つけてしまいます。

ミトコンドリアが弱まれば、そのことが要因となって、また余分な「悪玉活性酸素」が生み出されてしまうという、負のスパイラルが始まってしまい、細胞の一つ一つが弱まっていき、老化や病気の発症等の身体のトラブルが発生するようになります。

ここで活躍するのが「水素水」に含まれる水素で、水素には「ヒドロキシルラジカル」のみを除去するという働きがあります。
「水素水」に含まれる水素は、体内で「ヒドロキシルラジカル」と出会うと、反応して水に変化し無害化させることができます。

この、身体のトラブルを引き起こしていた「ヒドロキシルラジカル」を減少させれば、細胞もミトコンドリアも元気になり、効率的にエネルギーを発生させることができるようになります。

元気なミトコンドリアを育てることが「がん予防」につながる

がんとミトコンドリアの関係は、まさにいま研究がすすめられている分野であり、実際にがん細胞のミトコンドリアを調べると、その形や機能には大きな異常が確認できます。

また、がん細胞の中に正常で元気なミトコンドリアを移入すると、がんの悪性の性質である腫瘍を作る力が大きく抑制されることもわかっているため、細胞の中にあるミトコンドリア遺伝子を守り、元気なミトコンドリアを育てることが「がん予防」につながるかもしれないと考えられています。

したがって、前述の通り、「水素水」の水素によって、「悪玉活性酸素」がミトコンドリアを傷つける前に無害化してしまえば、ミトコンドリアを正常で元気な状態で保つことができるため、「がん予防」につながると考えられています。



「水素水」には、副作用や飲みすぎによる過剰摂取の問題もないため、安心して飲み続けることができます。

水素は、元々体内に存在している成分であるため、体に悪影響を及ぼす活性酸素のみに反応し、最終的には水となって排出されてしまうので、人体には無害になるとされています。

また、水素は粒子が小さいため、ペットボトルも通り抜けてしまうため、「水素水」はアルミ缶やアルミパウチに入っているものを買うということが、購入時のポイントです。

さらに、開封すると、その瞬間から水素が抜け始めてしまうため、開封したらすぐに飲み切ってしまうというのみ摂取時のポイントとなります。




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 大腸癌 祖母
    73歳の母の口腔癌になりました。 2016年虫歯だった左上奥歯を地元の歯医者で抜歯しました。 …
  2. 甲状腺がん
    首のしこりや腫れは要注意!甲状腺癌(がん)の症状は? 甲状腺は喉元の甲状軟骨(通称:のどぼとけ…
  3. チェック 検査 セルフ
    1回ぐらい精密検査でも受けておこうか・・・アレ? それまでは健康診断すら受けたことのなかった私…
  4. 胆道癌 チェック項目
    黄疸の症状が出たら要注意! 人間の体内の肝臓と十二指腸の間にある管と袋のことを胆道といい、その…
  5. 精巣ガン 検査
    私は3年前に肺癌になった事があります。 最初は自覚症状が無かったのですが、だんだんと胸部の辺り…
  6. トマト 発がん がん抑制
    トマトのリコピンは抗がん作用たっぷり! 「トマト」は実は植物学上、ナス科ナス属に分類される茄子…
  7. 卵巣がん 初期症状
    私の姉は今から10年前、「子宮肉腫」というがんに罹患しました。 「肉腫」というのはがんの一種で…
  8. p53誘導体
    臨床試験データに基づいたガンに良いとされる有効成分「p53誘導体」 全分子フコダイン、DBグル…
ページ上部へ戻る