フランDグルコース_とは

ほぼ100%の癌細胞成長抑制!?って本当なの?

2015年、ガン業界に激震が走りました。

日本癌学会学術総会で発表された「フランDグルコース」という成分の驚きの効果に関係者各位がみんな驚いたのです。
ここではそんな「フランDグルコース」の詳細をご紹介していきます。

そのフランDグルコースの驚きの効果はズバリ「癌細胞成長抑制」効果。

なんとマウスへの癌細胞移植試験において、ほぼ100%の成長抑制を示しているのです・・・
また、最近では人でのモニター試験も実施され、その結果も順次公開され続けています。

ちなみにフランDグルコースのが配合された製品は2017年に入っても益々人気急上昇中であり、多くのガン患者の方、治療中の方、再発防止、予防をしたい方が多く手に入れているようですね。

>>公式サイトで詳細を見てみる!

以下に、そのモニター試験結果を少しご紹介します。

フランDグルコース 人でのモニター試験

利用者からの症例報告
  • 54歳 男性 胃がんステージ4
  • 症状:胃の違和感(7ヶ月前より)体のだるさ、1ヶ月前より微熱と吐き気・嘔吐・ひどい疲労感
  • 6月11日より治療開始:化学療法(抗がん剤治療)開始 TS-1(経口)とブリプラチン(点滴)併用
  • 経過/結果:CT 画像上の肝臓転移・リンパ節転移の異常陰影はすべて消失しており胃カメラの検査からも悪性の細胞は検出されず。

本人からのメッセージ:
突然、末期ガンと宣告され、最初は頭が真っ白になり何も考えることができずにいました。

妹の情報で“フランDグルコース”のことを知りネットで調べた結果、“これだ”と思いました。

すぐに頼んで試飲してみたらとても飲みやすく続けられそうだったので1日3パックで6ヶ月間飲んでみました。
検査の結果、ほとんどガンがなくなっていました。驚異的な効果に驚きました。

以上の結果より化学療法と“フコイダン”の併用治療は、末期ガンにも、かなり効果があることがわかりました。
フコイダンには、いろいろな面でサポートしてもらいとても感謝しています。

>>公式サイトでフランDグルコース配合の「全分子フコダインエキス」の詳細を見てみる!

以上が、公式サイトで公開されている人でのモニター試験の一部です。

上記の場合は末期の胃癌からまさに奇跡的な回復例ですが、もちろん、中には効果が期待できなかったケースも報告されています。

抗がん剤もきかなくて、フランDグルコースに頼ってみましたが自分にはどちらも効果があったかわかりませんでした。ガン自体が大きくなってました。
no name
どの程度効果があるかは人それぞれだと思いますが、「何かやれることがある」というのは精神的に大きいと思います。
数あるフコイダン商品の中で、大学内に研究所を持つなど信頼感がある商品は助かりました。

等々、様々な報告が上がっているので、気になる方は是非とも人でのモニター試験結果を見てみてください。
(現在40件以上のモニター試験結果が公開されています)。

>>公式サイトでフランDグルコース配合の「全分子フコダインエキス」の詳細を見てみる!

フランDグルコースとは? 癌細胞成長抑制の仕組み

全ての細胞は当たり前ですが栄養を必要とします。
この栄養はグルコース(糖の一種)であり、人間が食事をするのも細胞が生きていくために体内でグルコースを生成・吸収するためでもあります。

それは癌細胞も同じこと。
転移や増殖していくために、癌細胞は多くのグルコースを必要としているのです。

また、癌細胞は通常の細胞よりも多くのグルコースを摂取・吸収していくため、通常の細胞に栄養が回らなくなっていってしまいます。
癌患者の方が治療中にどんどん痩せていってしまうのは、せっかく食事で摂取した栄養(グルコース)が、癌細胞がどんどん吸収してしまうからです。

そこで出てくるのが2015年日本癌学会学術総会で発表された「フランDグルコース」なんです。

「フランDグルコース」は癌細胞が優先的に通常のグルコースよりも引き寄せるグルコースの一種

そしてフランDグルコースは癌細胞の栄養源にならないのです。

そう、癌細胞が通常のグルコースと「勘違い?」して「フランDグルコース」を優先的に吸収するため、結果として癌細胞が成長するのに必要な栄養源が足りなくなってしまうのです・・・

栄養源がなければ成長できないのは癌細胞とて同じこと。
癌細胞を直接抑えるのではなく、間接的に栄養源を断って成長を抑えるのです。

そしてその効果はマウスへの癌細胞移植試験において、ほぼ100%の成長抑制という物凄さ。
日本癌学会学術総会で発表され、大いに話題になったのは頷けますね。

マウスへの臨床試験結果公開

mouse

上記の表をご覧ください。
これは「2015年日本癌学会学術総会において発表されたデータ」です。

実験内容は

マウスをp53誘導体 DBグルコース希釈水を与える一群と、通常の水道水を与える一群に分類。飲水開始から1週間後にH-ras癌遺伝子W14細胞を皮下に移植し、その後3週間経過時点での増殖・成長を測定しました。

その結果、通常の水道水を与えた一群では固形がんの体積が1,000mm3に達したのに対し、フランDグルコースを与えた一群ではほとんど増殖・成長が見られず、H-ras癌遺伝子W14細胞を100%近く阻害していることが確認されたのです。

正直、難しくてわかんないですよね(笑)
しかし、写真を見ればその効果がわかります。

そう、4週間経ってもフランDグルコースを与えた一群ではほとんど増殖・成長が見られてないのは誰でも理解できるでしょう。

もちろん、マウスと人間は違います。
しかし、ガン細胞はガン細胞であり、しかもほぼ100%の成長抑制という物凄い効果が証明されているのですから、マウスへの効果とはいえ非常に有意といえるのではないでしょうか。

>>公式サイトでフランDグルコース配合の「全分子フコダインエキス」の詳細を見てみる!

ガン細胞だけに効果があるのが超重要

特に「フランDグルコース」の素晴らしいところが「ガン細胞だけに効果がある」事でしょう。

世の中には多くのがん治療法があるのですが、最も難しいのが「癌細胞だけに効果を届ける事」なんです。

癌細胞の成長を抑えたり、破壊出来る技術は開発されたとしても、副作用として通常の細胞まで傷つけてしまう治療法がほとんどなんです。

あらゆる研究機関や医療機関がこの「癌細胞だけに効果を届ける事」を目標に、なるべく副作用の少ない治療法を模索しているのです。

そこで開発されたのがガン細胞だけに効果がある「フランDグルコース」。
癌細胞自体が能動的に自らDBグルコースを吸収していくので非常に高い効果を期待できるのです。

この素晴らしさが理解できますでしょうか。

がん治療法の中で最も難とされる「ガン細胞だけに効果がある」という素晴らしい作用を実現した夢のような成分がフランDグルコースなんです。



p53誘導体配合製品なら、全分子フコイダンエキス

臨床試験によってもその作用が確認されています

ここまで素晴らしいDBグルコースの癌細胞成長抑制ですが、どうしても「本当に効くの??」って思ってしまう事も多いのではないでしょうか?

癌治療やサプリメント、民間療法においては、中には効果に疑問が残るものが多いのも事実。
中には悩んでいる方に付け込んで詐欺まがいの商品も多いのが事実ですよね。

しかし、フランDグルコースにおいてはその辺の疑問が残らないのです。

何といっても、開発元のシンゲンメディカル社が、自ら作用が確認された臨床試験結果を公開しているのです。

前述した人へのモニター試験結果も40人以上分が公開されています

他社の商品で臨床試験結果を公開しているところって中々ないはずです。

これは開発元のシンゲンメディカル社が北海道大学内に共同研究所を構えているような会社だからこそでしょう。

これなら安心して服用・購入できますね。

癌治療や癌の再発防止の治療に時間の余裕はありません。

そう、今現在癌の治療をされている方はもちろんのこと、癌の再発防止の治療をされている方も時間の
余裕はありません。

言替えれば癌の治療に無駄な時間を過ごすことはあってはいけないことなのです。

だからこそ「本当に効果が期待できる治療」に集中すべきであり、効果があるか無いかわからないものや疑わしいものは避けるべきです。

そのような効果があるか無いかわからないものに手を出して、時間を無駄に過ごし、後悔ないでください。

臨床試験結果を公開しているような信頼できる治療を行う事は、後悔しない為にも大事な事なのです。

DBグルコースが配合されているのは全分子フコイダンエキスだけ

現状、DBグルコースが配合されているのは、開発元のシンゲンメディカル株式会社が販売している、「全分子フコイダンエキス」だけです。

2015年に販売されてから売れに売れまくっているらしく、その口コミや評判でネット上が賑わっていますね。

なんとすでに「115万セット」の販売経験があるそうなのです。
詐欺まがいの商品も多いガン対策のサプリの中にあって、これだけ安心して購入できる商品も少ないですね。

全分子フコイダンエキス500,1000,2000、FDG1000の違いは?何を選べばいい?

ここまでご紹介してき全分子フコイダンですが、成分の違いや量の違いによって4種類の商品が販売されています。

  • 全分子フコイダンエキス500
  • 全分子フコイダンエキス1000
  • 全分子フコイダンエキス2000
  • FDG1000

見やすく図でまとめてみました。

FDG1000口コミ・評判

>>フランDDBグルコースの詳細はこちら
>>全分子フコイダンの詳細はこちら
>>フコキサンチンの詳細はこちら

このようにフランDグルコースの配合量と、全分子フコイダンフコキサンチンの配合の有無によって3種類の「全分子フコイダンエキス」とFDG1000が販売されていますが、その症状の進行度によってお勧め製品が変わってきます。

  • 治療後の再発予防をしたい方:500 or FDG1000
  • 治療中、症状の軽い方:1000 or FDG1000
  • 抗ガン剤の副作用を抑えたい方:1000 or2000
  • 緊急度の高い方:2000

以上を参考に自分が服用する製品を決めましょう。
特に抗がん剤の副作用で辛い方、癌の再発を予防したい方に大いに売れているようですね。

癌細胞だけに高い効果を与えると学会で発表されたフランDグルコース、癌治療で悩んでいる方はぜひともチェックしてみてください。

後悔だけはしないようにしてくださいね。

>>公式サイトで詳細を見てみる!

実際にFDG1000を飲んでみました。

FDG1000 レビュー
※画像クリックで、レビュー記事「実際にFDG1000を飲んでみました。」へ

※ フランDグルコースとは医療・医薬品ではない食品由来の成分です。そのため公的医療保険や高度先進医療などの適応には属しません。フランDグルコースの研究・検証結果の報告であり効能・効果を保証するものではありません。また一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 乳癌
    お風呂でしこり発見。検査結果は・・・。 乳がんを疑う年齢になってからこの方、結構まじめに、…
  2. 大腸癌 祖母
    私の母は、膵臓癌のステージ4を患っています。 手術で病巣は取り除きましたが、すでに肺へ転移して…
  3. 女性 癌治療 全分子フコダインエキス
    日本国内では年間約9,000人の人が新たに「白血病」に罹患 「白血病」とは「血液のがん」で、主…
  4. 精巣ガン 検査
    私は3年前に肺癌になった事があります。 最初は自覚症状が無かったのですが、だんだんと胸部の辺り…
  5. 胆道癌(胆道がん)
    日本では年間約23000人の方が「胆道癌」を発症 胆道とは、胆汁という肝臓でつくられる汁を、十…
  6. 癌 手術
    ANK=ナチュラルキラー細胞でがんを治療 がん細胞を攻撃する免疫細胞にはがん細胞を異物と認識し…
  7. 肝臓がん チェック項目
    特に上腹部のみぞおちに痛みを感じる「スキルス性胃がん」 胃がんは、胃の壁の最も内側にある粘膜内…
  8. 胆道癌 手術 検査
    【まとめ】免疫力を上げて癌を予防しよう! 免疫力は分かりやすく言えば、病気を免れる力。 人間…
ページ上部へ戻る