60代最後に大腸ガンを患った兄。ステージ1のその後は。【体験ブログ】



前立腺がん 手術 費用

兄は便秘症で、よく私に「薬持ってないか?」と聞いてきました。

私の一番上の兄、長兄が大腸ガンを患った時のことを書きたいと思います。
私とはかなり年齢が離れている兄は現在74歳。

大腸ガンを患ったのは今から5年前の事です。
兄は便秘症で、よく私に「薬持ってないか?」と聞いてきました。

私はたまーに便秘になる事があったので漢方便秘薬を常備していました。
そんな状態から数年経ったある時、大腸ガンになる前に心房細動という病気になり、心臓専門医に定期的に通っていました。

そのドクターから「大腸検査は受けてますか?」と聞かれたそうです。
そして「自分の便を気にしてよく観察してみなさい」とも。

焦った兄は直ぐに市の健診を申し込み、そこで大腸がん再検査に引っかかったのでした。

健診を受けたのは兄の罹りつけの胃腸科で、そこから大病院に紹介さて、検査の結果「大腸ガン」と診断されました。

でも発見が早かったのでステージ1でした。

本人はそれが分かるまで大分悩んでいたようでした。

それはそうですよね・・いくら今は医療が進んでいると言っても、我が身に降りかかってきたら、平常心でいられるはずはありません。
「どうせいつか死ぬんだ」なんて口では強がってはいても、夜中などは眠れないらしくて起きていたと母から聞きました。

そんなに人間は強いものではありません。
そして手術の日が来ました。

兄はステージ1ということで、切開手術はしないで済みました。

腹腔鏡手術と言って、お腹に穴を開けてそこからガン組織を取り出すというものでした。
後から、そのガンを見せてもらいましたが長さ2センチ弱だったと思います。

「へえ。これがガンなんだ」
手術後は動かないと駄目だと言われ、ウロウロ歩いていましたが・・

腸閉塞になりかかったのでした。
でも、運が良くそれもクリアできて、1週間で退院してきました。

ガンは出来た場所にもよりますが、とにかく早期発見です。

イヤ本当に運のいい人だと思います。

たまたま心臓医に指摘されたことによって、大腸ガンを発見。
それも早期だったのですから。

我家は父方はガン家系で、祖父母共に胃ガン。叔母は膵臓ガン。
父は早死にでしたがガンではありせん。が・・少し長く生きていたらガンだったかもしれません。

私も市の健診は毎年受けています。

便秘症ではないので大腸ガンはリスクは少ないかもしれませんが、大腸ガンは女性に多いので分からないですよね。

安心は出来ません。

ガンは出来た場所にもよりますが、とにかく早期発見です。

そのためにも定期的に検診を受けないといけません。




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. ピロリ菌は比較的新しく発見された菌であり、胃に常駐しています。 ピロリ菌は、最悪の場合は胃がん…
  2. 胆道癌 手術 検査
    80才を目の前にした母が胆のうガンの疑いと手術という現実を聞かされ 2人に1人がガンになる現代…
  3. 藤村俊二 胃がん
    藤村俊二さんは約30年ほど前、胃癌を経験しています。 藤村俊二さんは、1934年12月8日生ま…
  4. 全分子フコイダンエキスとは
    「全分子フコイダンエキス」って良いの? シンゲンメディカル社が開発、販売している「全分子フコイ…
  5. 脳腫瘍 祖父 言語障害
    父が胆管がんになり、周りの臓器にも広がっていました。 父は、12月の初めに終末期であること、こ…
  6. 肝臓がん チェック項目
    特に上腹部のみぞおちに痛みを感じる「スキルス性胃がん」 胃がんは、胃の壁の最も内側にある粘膜内…
  7. スティーブ・ジョブズ すい臓がん
    スティーブ・ジョブズさんは、2011年10月5日にすい臓がんで死去しています。 スティーブ・ジ…
  8. 陰茎癌
    「潰瘍浸潤型」と「乳頭状増殖型」の2つに分類 「陰茎癌」は人口10万人あたりの死亡率が約0.1…
ページ上部へ戻る