フコダイン サプリ 効果 ガン

フコダインとは??海藻から抽出した最新のガン対策素材

日本人にはお馴染みの健康食品「海藻」。
ワカメやモズク、ヒジキ、コンブ等、身体に良い食材として古くから親しまれてきましたね。

そんな海藻ですが、その成分である「フコダイン」が現在では癌治療の救世主として大注目を浴びているのです。
サプリメントとして多くの種類が販売されており、とっても人気が出ていますね。

>>公式サイトで詳細を見てみる!



今回はそんなフコダインについてご紹介していきます。

ワカメやモズク、コンブ等の「ヌメリ」が主成分!?

そう、なんとフコダインの主成分は、あの海藻類の「ヌメヌメ・ネバネバ」から抽出されたものなんです。

まさに、灯台下暮らし。
日本人が古くから健康に良いと食してきた「ヌメヌメ・ネバネバ」になんと癌に良いとされる成分が入っていたのです・・・・もしかしたら日本人が長寿だった事にも関係しているのかもしれませんね。

「ヌメヌメ・ネバネバ」は海藻が外敵から自分を守るバリア

なぜフコダインがこれだけ癌に効果があるって言われているの理由が、実は「ヌメヌメ・ネバネバ」は海藻が外敵から自分を守るバリア成分だからです。

海の潮の流れに揉まれながら、様々な菌類、外敵などから自分を守るために生み出したのがヌメヌメ・ネバネバ」とされています。

外敵から自分を守るためのバリアだからこそ、その「ヌメヌメ・ネバネバ」の中には高い免疫能力を持っていることは想像できますよね。

そのバリア成分を摂取することでガン細胞へ対応していくというわけです。

この成分がギューーーっと濃縮されたサプリメントを飲むわけですから、効果が高いと言われるわけですね。

フコダインが癌に効果のある4つの理由

他の癌手術や放射線治療、抗がん剤治療はどうしても「ガン細胞だけではなく健康な細胞までも攻撃してしまう」というデメリットがあります。

しかし、フコダインはそれらの代替医療としてく副作用がとても少なく、患者さんに優しい医療法として注目されているのです。

そんなフコダインには4つのガンに良いとされる成分が含まれています。

1.抗がん剤の副作用軽減

癌治療において、抗がん剤の副作用は非常に大きなデメリットですね。
嘔吐やだるさ、脱毛、食欲不振など、多種多様な抗がん剤による副作用を軽減すると言われています。

フコダインを購入される方の多くがこの抗がん剤の副作用軽減を求めて購入されるそうですね。

2.アポトーシス誘導

ガン細胞は「自滅する事を忘れた細胞」とされています。
自滅しないで、ずっと増殖し続けていくのがガン細胞の特徴なんですが、フコダインはこの増殖を抑制するとされています。

「自滅する事を忘れた細胞」に「自滅すること(アポトーシス)」を誘導していくのです。
癌細胞の転移や拡大を防ぐ効果が期待できますね。

3.ガン細胞の血管新生抑制作用

ガン細胞は健康的な細胞よりも非常に多くの栄養を吸収しながら分裂・増殖を繰り返していきます。
その際にガン細胞は血管を新生するのですが、フコダインはこの働きを抑制するとされています。

このことから、フコダインを摂取することで現在ある癌細胞の転移や拡大を防ぐ効果があるのです。

4.免疫力の向上

フコダインは免疫機能の要である腸管を刺激します。
特に癌細胞を攻撃する「NK細胞」を活性化させると言われています。
外敵から自分を守るためのバリアだからこその効果と言って良いでしょう。



p53誘導体配合製品なら、全分子フコイダンエキス

自然成分だからこその高い安全性、高い吸収率

ワカメやモズク、ヒジキ、コンブ等、自然のものから抽出した成分だからこそ、非常に安心して服用出来るのが魅力ですね。

また、医薬品ではなくあくまで健康食品の範囲内なので「医薬品と併用できる」事もポイント高しです。

このことは特にフコダインの「抗がん剤の副作用軽減」を考えたとき、良い事だらけでしょう。

現在治療中のガンの拡大・増殖・転移を抑制しながら、抗がん剤による副作用の症状を抑えることが出来るのです。

フコダイン摂取なら全分子フコイダンが配合されているサプリを!

それだけ有用とされるフコダインですが、現状数種類のフコダインサプリメントが販売されています。
その種類ごとの違いは分子量(簡単に言えば身体への吸収量の違い)別に3種類あるとされています。

  • 高分子フコダイン:分子量30万
  • 低分子フコダイン:分子量500-700
  • 超低分子フコダイン:分子量500以下

どの企業もそれぞれが「この分子量のサプリが一番吸収率が高いんですよ!!!」と謳っています・・・

正直、ユーザーにとっては何が良いのか、本当に効くのかわからなくなってしまいますよね。

しかし、悩む必要はありません。
迷ったら「全部入り」のものを選んでしまえばいいのです。

その名も「全分子フコイダン」。
その名のとおり、「全」ての分子量のフコダインエキスが配合されているのです。

現状、全分子フコイダンが配合されているのは・・・・

現状、全分子フコイダンが配合されているのは、開発元のシンゲンメディカル株式会社が販売している、その名を冠した「全分子フコイダンエキス」だけです。
2015年に販売されてから売れに売れまくっているらしく、その口コミや評判でネット上が賑わっていますね。

なんとすでに「115万セット」の販売経験があるそうなのです。

また、販売元のシンゲンメディカル株式会社は北海道大学に共同研究所を置くようなしっかりとした会社ですし、日本癌学会で論文発表をするほどの信頼性の高い会社。
フコダインの研究も14年以上の実績もあり、安心して服用できるのもポイントが高いですね。

  • 治療後の再発予防をしたい方
  • 治療中、症状の軽い方
  • 抗ガン剤の副作用を抑えたい方
  • 緊急度の高い方

このような症状の方には是非ともお勧めの「全分子フコイダンエキス」です。

>>公式サイトで詳細を見てみる!






関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 肺がん 症状 特徴
    肺の気管、気管支、肺胞の一部の細胞が様々な要因によって癌細胞化 「肺癌」は肺に発生する悪性腫瘍…
  2. 乳がん チェック項目
    年齢が若いうちから「乳がん」の初期症状のセルフチェックを始めましょう 「乳がん」は乳房組織に発…
  3. 卵巣がん 初期症状
    「卵巣がん」には「沈黙の臓器(サイレントキラー)」という別名がついているほど。 卵巣は卵子を放…
  4. 奇跡的な早期発見で助かった生稲晃子さんの乳癌 生稲晃子さんは、1968年4月28日生まれの日本…
  5. 脳腫瘍 祖父 言語障害
    父が胆管がんになり、周りの臓器にも広がっていました。 父は、12月の初めに終末期であること、こ…
  6. 全分子フコダインエキス 副作用
    怪しい?全分子フコイダンエキスは本当に効果ある? 全分子フコダイン、DBグルコース、フコキサン…
  7. 陰茎癌
    「潰瘍浸潤型」と「乳頭状増殖型」の2つに分類 「陰茎癌」は人口10万人あたりの死亡率が約0.1…
  8. トマト 発がん がん抑制
    トマトのリコピンは抗がん作用たっぷり! 「トマト」は実は植物学上、ナス科ナス属に分類される茄子…
ページ上部へ戻る