胃癌 症状 特徴

「大腸癌」の患者は年間約6万人

「大腸癌」は、直腸・肛門・盲腸・結腸で構成される大腸(全長約2m)に発生する癌の総称であり、そのほとんど「大腸癌」は、「結腸癌」と「直腸癌」とに分類されます。

日本で新たに発生する「大腸癌」の患者は年間約6万人で、男性がやや多い男女比ですが、その「大腸癌」の患者の約5分の2の患者が「直腸癌」の患者となっています。

「直腸癌」の予防には食生活の見直しが必要

直腸は、直腸S状結腸部、上部直腸、下部直腸に分類され、そのそれぞれの部位の壁の粘膜に発生した癌を「直腸癌」と呼びます。

また、肛門管は正確には直腸とは呼びません。「直腸癌」は、もちろん女性にも発生する癌ですが、女性の場合、男性とは少し違った発生のケースがあり得ます。

直腸と膣に間にある壁が、何らかの要因で薄く脆い状態になってしまうと、排便しようといきんだ場合に、その脆くなってしまった壁を膣側の方に押し出すようになってしまうため、そこにコブのような膨らみができてしまい、それが続くと、最終的に「直腸癌」になってしまうのです。

通常は弱酸性である大便ですが、ストレスや食生活の乱れ等で悪玉菌が増えると酸性が強くなってしまい、直腸の壁を傷める原因となります。

したがって、「直腸癌」の予防には食生活の見直しが必要であり、特に女性はより一層の注意が必要だと言えます。

「直腸癌」の症状で最も多い物は血便だと言われています。

ただ、その出血は切れ痔による出血のように大便に付着するため、持病で痔を患ってる方は痔の症状と間違えやすいため、癌の発見が遅れてしまうというケースも多いです。
さらに、「直腸癌」の患部の痛みは、痛む部位があちこち広がったり、お尻自体が痛くなるということもあるため、これも切れ痔と症状が似ており、間違えやすくなっています。

そのため、腸閉塞や腹部の膨満感が強くなるといった、癌がかなり進行した状態で発見されるケースが多くなっています。
その他の症状としては腹痛やテネスムス(排便がなくてもたびたび便意を感じる症状)、便が細くなる、便秘などがあります。

「直腸癌」は癌の専門医が診察すれば、他の癌と比べると比較的簡単に診断がつくので、前述のような症状があったり、続いたりしたら、痔を患ってる方でも、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

早期の段階で癌を発見できれば、治療により完治させることが可能な癌

「直腸癌」の5年生存率はステージIでは約90%程度、Ⅱでも約80%程度あります。
したがって、早期の段階で癌を発見できれば、治療により完治させることが可能な癌であるといえます。

ただし、ステージⅢでも約65%程度ある5年生存率が、ステージⅣでは約15%程度と急激に下がります。
癌が進行してしまうと死亡率が急激にあがってしまうため、早期発見が非常に重要な癌です。



「直腸癌」の治療方法として、まず、腫瘍の切除が一般的ですが、その際、癌の浸潤の進行度と、癌と肛門括約筋との位置関係が、その切除手術の方法を決定するうえで重要となります。

ごく小さな腫瘍のケースでは内視鏡的粘膜切除術(EMR)によって腫瘍の切除が行われます。
腫瘍が大きいが、癌の深達度がまだ浅いというケースでは経肛門的切除が行われます。

(肛門から約8cmの位置までなら可能)それ以上大きな腫瘍のケースでは、経肛門的に内視鏡と腹腔鏡用の鉗子を用いた手技による切除手術(TEMUS、TES等)での切除が選択肢であり、熟練した外科医による手術であれば、肛門から20cmまでの腫瘍を対象にできますが、全国のどの施設でもできる手術というわけではありません。

また、最近では内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)という新しい内視鏡治療があります。

腸粘膜にとどまっている早期癌であればどんな大きな腫瘍でも治療できるというものもあります。(ただし、まだ保険適用範囲外)

「直腸癌」の再発率は、手術で癌をすべて切除したとしても、約17%あります。
再発を抑えるため、化学療法(抗がん薬)を行った場合、これを補助化学療法といい、術後の生存期間が延長することが証明されています。

いろいろな薬を組み合わせて補助化学療法に使用することにより、年々延命効果は良くなっており、その延命効果は、抗がん薬を使わない場合と比べて、4倍ほどとなっているそうです。

痔の症状と似ている初期症状・・・要注意です

「直腸癌」の初期症状は前述の通り、痔の症状と似ているため、癌と気づかないうちに癌が進行してしまうというケースが多くなっています。

腹部の膨満、排便の異常、血便等に気づいたら、自分で判断せず、医療機関で診察を受けることが大切です。

また、「直腸癌」の手術は熟練を要するため、痔を含めた大腸疾患の専門外来のある病院を受診することがおすすめです。

直腸癌(直腸がん)の症状を軽減、副作用を少しでも軽減するために

直腸癌(直腸がん)の治療の場合、抗がん剤治療や外科手術を中心に受ける方が多いと思います。
また、手術後の再発防止や、症状を抑えるために抗がん剤の投与をされる方も多いのではないでしょうか。

特に抗がん剤の副作用には骨髄抑制をはじめ、吐き気やだるさ、免疫力の低下等、多種多様な副作用がありますが、その抗がん剤の副作用を少しでも軽減するためにおススメなのがシンゲンメディカル株式会社が発売している「全分子フコイダンエキス」です。

既に115万セットも爆売れしている商品で、ガン細胞抑制効果をもったDBグルコースを中心に、ガンの血管新生予防、抗がん剤の副作用抑制効果などを持った全分子フコダイン、アポトーシス誘導を持ったフコキサンチンを配合した独自成分が配合されています。

食道癌になり、抗がん剤の副作用に悩んでいる方や、完治後の再発防止を希望したい方は是非ともチェックをしてみてください。

抗がん剤の副作用抑制効果等、信頼できる臨床試験結果も公開されているので必見です。






関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 健康診断 定期検診
    私が乳がんと診断されたのは、40代の後半でした。 幸い最初期の段階で発見されたので乗り切ること…
  2. 前立腺がん チェック 初期症状
    日本人男性の死亡者数がもっとも多いガンのランキング紹介 現在、日本人の死因の第1位はが…
  3. 前立腺がん
    10代~20代の発症が多い骨腫瘍・骨肉腫。 骨に生じる腫瘍のことを「骨腫瘍」といい、非常に多く…
  4. 口腔癌
    30年前と比較すると「口腔癌」患者は約3倍に増加中 口の中全体のことを口腔といい、ここに発生し…
  5. 胃がん ステージ3
    ガンと付き合い始めて2年目。若い頃の悪事の報い?? 悪い予感というのは当たるんですかね。 今…
  6. 癌 検診 体験談
    血液疾患の患者に造血幹細胞を移植して治療する方法 血液中の細胞には全身に酸素を運ぶ赤血球、体の…
  7. 大腸癌 症状 特徴
    泌尿器系の癌の中では前立腺癌に次いで2番目に多い癌。 膀胱は下腹部に位置している臓器で、腎臓で…
  8. がん細胞は熱に弱い!だからこそ温熱療法♪ がん細胞が熱に弱いという基礎研究の知見からがん細胞を…
ページ上部へ戻る