胃癌 食事メニュー 術後

胃癌にとって、食事は非常に大事な要素なんです。

「胃がん」の発がん率のデータとして、同じ日本人が食文化の違う海外に移住した場合とそうでない場合では、海外に移住した場合のほうが発がん率が4倍高まるというデータがあります。
「胃がん」にとって食事の影響とはそれほど大きいものであるといえると思います。

まず、「胃がん」の手術前では、胃になるべく負担のかからないメニューを考えます。

雑穀米や玄米、油分の多い料理等は胃に負担がかかるので控えたほうがよいと思います。

したがって、脂肪の少ない鶏ささみの和え物や漬け焼き、つみれと野菜の煮物、お麩の角煮風や照り焼き等はいかがでしょうか。
また、胃に良いとされている長芋、蓮根、大根や蕪等も使用してみたら良いと思います。

ただ、医師から食生活に対して特に注意を受けていない状態であれば、好きなものを食べるのも大事です。
手術後は食生活が一変してしまい、食べることが好きな人にとっては辛い期間となってしまうため、胃を摘出する前に食べ過ぎない程度に好きなものを食べるのは、精神衛生上、良いことではないかと思います。

「胃がん」の手術後は良く噛んでゆっくりと食べることが大切

「胃がん」の手術後は、1回の食事で食べられる量が減ってしまうため、食事の回数を増やすことが必要となり、さらに、胃腸への負担を軽くするために、良く噛んでゆっくりと食べることが大切となります。

料理でも消化しにくそうな固いものは避けるようにしましょう。

例えば、卵ではスクランブルエッグや半熟卵、茶碗蒸しやプリン等で食べるようにし、ゆで卵等の固いものは避けます。
また、肉ではステーキ等は避け、ロールキャベツやそぼろ、肉団子等のミンチ料理で摂るようにしましょう。魚においては刺身等の繊維質のものは消化しにくいので避けるようにします。

野菜においては、繊維を出来るだけ細かくカットするようにし、味噌汁に入れたり、煮たりすることによって、柔らかくしてから摂取するようにしましょう。

果物もバナナやリンゴ等の比較的柔らかいもの以外は、ジュースやゼリー、缶詰等のほうが摂りやすいとおもいます。
また、乳製品も牛乳やヨーグルト等を直接摂取するよりは、シチューやグラタン、ゼリー等から摂取するほうが、胃に負担がかからなくて良いと思います。

再発&転移を予防するために食事を改善しましょう

「胃がん」患者にとって最も恐ろしいことは、転移と再発ですが、その可能性を下げるために、食生活の改善を行うことは、とても効果的であるとされています。



がんに効果的な栄養素があるため、そのような栄養素を効率的に摂取していくことが重要となります。
まず、がんの症状改善には、ビタミンB群やビタミンE、抗酸化物質が良いとされており、これは玄米や全粒小麦などでつくったパンに多く含まれています。

ただ、玄米パンは比較的消化しにくく、胃に負担をかける可能性がありますので、多量の摂取はしないようにしましょう。
次にがんの抑制効果があるイソフラボンは大豆製品に多く含まれています。

また、フコイダンという免疫力をアップさせる成分は海藻類に多く含まれています。

さらに、緑黄色野菜や果物を多く食べるとカリウムを多く摂取することができ、がんを抑制する効果があるとされています。

>>癌に効く食べ物・おすすめ食材一覧【まとめ】

基本は和食メインでいきましょう

日本の和食は、低脂肪で消化もよいものがおおいため、「胃がん」の患者に適した食事であるといわれています。
煮魚や焼き魚、肉豆腐、雑炊や野菜のあんかけうどんをメインにし、茹でた野菜を小鉢で出し、味噌汁が付けば、バランスも良く、前述の栄養素のほとんどが摂取できると思います。

また、「胃がん」の患者は少しの量しか食べられないため、少量でカロリーを多く摂取できる洋食にもメリットがあります。
ハンバーグやロールキャベツ等のミンチ肉を使用しているものだったら、胃に負担もかけませんし、コーンスープやミネストローネなどのスープ類、リゾットやドリア等もおすすめです。

このように「胃がん」であったとしても、消化のよいもの等を選べば、さまざまな料理を楽しむことができます。

基本的に暴飲暴食せず、バランスのいい食事を心がけていけば問題ないでしょう。

今では「胃がん」患者用のさまざまなレシピも公開されていますので、あまり悲観的にならず、いろいろ工夫して、自分にあった料理を楽しむようにしていけば良いと思います。

>>癌に効く食べ物・おすすめ食材一覧【まとめ】

NK細胞を活性化させるブロリコをメニューに追加しましょう

今まで延べてきた通り、胃癌対策の為、予防の為、再発防止の為に摂取できる食材は限られてきます。
そのため、多種多様な栄養素を過不足なく摂取するためにサプリメント等で補っていくことも必要不可欠です。

また、食材に加えてサプリメントを上手に活用することで人間が自然に持っている免疫力を上げていくことが非常に重要です。

そこでお勧めなのがブロッコリーから抽出される「ブロリコ」という成分です。

この「ブロリコ」は東京大学と民間企業が協力して、5年以上の研究機関を経て抽出に成功した大変貴重な成分であり、同様に免疫活性を目的とする成分である「プロポリス」の1000倍以上ものパワーを持つとされています・・・凄いですね・・・

ブロリコには人間の免疫力そのものである「NK細胞」や「好中球」の働きを活性化させる作用があることが臨床試験で認められているのです。

正直、癌の予防&対策の為には「NK細胞」や「好中球」の働きを活性化させるが最重要であり、一般的な癌に良い食べ物といういのはイコールで「NK細胞」や「好中球」の働きを活性化させる食べ物なんです。

そんな中で「ブロリコ」はダントツ1位の活性化率であり、「プロポリス」の1000倍以上ものパワーと言われるほど。
胃癌対策の為に多種多様な食材にチャレンジしたり、ブロリコを服用したほうが効率が非常に良いんです。

とりあえず無料のブロリコ詳細冊子を手に入れましょう。

東京大学とイマジン・グローバル・ケア株式会社が共同で特許を取得した自然免疫活性成分『ブロリコ』
正直、「免疫について」や「免疫の働き」、「ブロリコの効果、効能」をこのページだけでは紹介しきれません。

気になる方は是非とも無料(100名)の免疫についてわかりやすくまとまった冊子をゲットしましょう♪

実際にブロリコを飲んでみました。匂いや味、大きさは?




ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから



関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. プロポリス 癌効能
    人間にとっては、「理想的な免疫活性物質」 「プロポリス」とは、ミツバチが自分の唾液と、松、柳、…
  2. 胃癌 症状 特徴
    「大腸癌」の患者は年間約6万人 「大腸癌」は、直腸・肛門・盲腸・結腸で構成される大腸(全長約2…
  3. 腎臓癌 小西博之
    2004年の年末に全身に転移する可能性のある、腎臓癌が発見されました。 小西博之さんは、195…
  4. 健康診断 定期検診
    生理不順が続いており、婦人科のクリニックに通うと。 私が子宮体癌と卵巣癌を患ったのは30歳の頃…
  5. 卵巣がん
    50~60歳代が発症のピークの卵巣癌(卵巣がん) 卵巣は女性の子宮の左右にそれぞれ一つずつあり…
  6. 手術 忌野清志郎 ガン 喉頭癌
    年間もの間、喉頭癌と闘った忌野清志郎さん 忌野清志郎さんは、1951年4月2日生まれでRCサク…
  7. FDG1000 レビュー
    【画像あり】味や匂い、飲みやすさは?実際に試飲してみました。 マウスへの臨床試験で「癌細胞成長…
  8. 小林麻央さん
    市川海老蔵の奥さん、小林麻央さんが進行性乳がん公表 2016年6月9日、歌舞伎俳優の市川海老蔵…
ページ上部へ戻る