食道がん 手術 費用

甲状腺がんってどんな検査するの?

人間の、のどぼとけの下に、気管を取り囲むように位置している約10~20gほどの、蝶が羽を広げたような形の小さな臓器が「甲状腺」です。

甲状腺は主に食べ物から取り込んだ「ヨード(ヨウ素)」を材料に甲状腺ホルモンを合成し、血液中に分泌することで、全身の細胞及び臓器の新陳代謝を活発にし、身体や神経系の活動を調整する働きをしています。

男性よりも女性に多く見られるという特徴が

甲状腺の病気は、腫瘍症という腫瘍ができるものと、非腫瘍症という腫瘍ができないもの(慢性甲状腺炎、バセドウ病、甲状腺腫等)に分けられ、男性よりも女性に多く見られるという特徴があります。

また、甲状腺の病気で発生する腫瘍のうち、大部分は「良性」で、がんではないのですが、腫瘍のなかには大きくなってしまったり、他の臓器にがんが広がってしまう「悪性」の性質を示す腫瘍があり、この腫瘍のことを「甲状腺がん」と呼んでいます

このように、甲状腺の病気は大部分が「良性」であり、「甲状腺がん」の初期症状もしこり以外の症状がほとんどないため、甲状腺の病気が「甲状腺がん」かどうかは、診察や検査をおこなって詳しく調べるようになります。

「甲状腺がん」の検査には次のようなものがあります。

基本的には触診から

「触診」では、医師が両手を患者の首の周囲を包むように当てて、指で甲状腺の周辺部を押し、しこりの有無やその大きさ、しこりの硬さや広がり等を調べます。

一般的に、しこりが2cm程度の大きさになると「触診」で触れるようになり、しこり表面の凹凸等を検査することで、「甲状腺がん」の疑いがあるかどうかを、約70~90%の確率で診断することができます。

「血液検査」は必要?

「血液検査」では、血中の甲状腺ホルモンの値や、がんが存在すると異常値を示す、腫瘍マーカーの値を調べます。

ただ、「甲状腺がん」が発症していたとしても、血中の腫瘍マーカーの濃度が上昇していないケースもあるため、「血液検査」はあくまで診断材料の1つとして用いられます。

とっても重要な「超音波(エコー)検査」

「超音波(エコー)検査」は、「触診」と共に「甲状腺がん」の初期診断で重要とされている検査です。
首の周囲に超音波検査具(プローブ)を当てて超音波を発振し、返ってくる反射波(エコー)を画像化して診断する検査であり、「触診」ではわからない小さなしこりも発見することができます。

検査の所要時間は約10分程度と短いため、身体への負担もほとんどありません。
また、検査費用も自己負担が3割の場合、約1,000円程度とそれほど高額ではないため、気軽に受けられる検査といえると思います



いわゆる生検な「穿刺吸引細胞診」

「穿刺吸引細胞診」では、「甲状腺がん」だと疑われる病変部位に針を挿し、病変の一部を採取して顕微鏡で確認する、いわゆる生検を行います。

喉に挿す針は採血等に使用される注射針と同じ細さであるため、麻酔等を使わなくても痛みはほとんどなく、検査も入院することなく、外来で行うことが可能です。

この「穿刺吸引細胞診」により、「甲状腺がん」の中でも発症頻度の高い「乳頭がん」は、ほぼ100%の確率で診断をつけることができます。

転移の有無等をくまなく調べる必要があります

「甲状腺がん」には、肺や骨、リンパ節等の甲状腺から遠い組織や臓器にまで転移するケースが多いという特徴があります。

したがって、これまでの検査で「甲状腺がん」の疑いが強まった場合には、「X線検査」、「CT検査」、「MRI検査」等の画像検査によって、「甲状腺がん」の広がり具合や、転移の有無等を、身体の全身すべてにおいて、くまなく調べる必要があります。

がんを摘出すれば、ほぼ100%治るがんといわれています

「甲状腺がん」は悪性度が低く、進行もゆるやかで遅い傾向があるため、予後が良いがんとされており、がんを摘出すれば、ほぼ100%治るがんといわれています。

人間の甲状腺は、体の外側から浅く、しこり等がわかりやすいため、「触診」や「超音波(エコー)検査」でのがんの早期発見率が高くなっています。

したがって、少しでも「甲状腺がん」の疑いのある症状に気づいたら、速やかに専門の医療機関を受診し、適正な検査を受けるようにしましょう。




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 小林麻央さん
    市川海老蔵の奥さん、小林麻央さんが進行性乳がん公表 2016年6月9日、歌舞伎俳優の市川海老蔵…
  2. 大腸がん 検査方法 費用
    日本において、癌の罹患率は高齢化とともに上昇を続けています。 そのため、現在では、日本人の2人…
  3. 胆道癌 手術 検査
    80才を目の前にした母が胆のうガンの疑いと手術という現実を聞かされ 2人に1人がガンになる現代…
  4. 女性 癌治療 全分子フコダインエキス
    私はオーストラリア在住ですが、乳がんや治療の方法は日本とほぼ同じです。 自分が体験した初期乳が…
  5. 川島なお美 ガン
    川島なお美さんは最初に癌の診断を受けてから2年後に亡くなっています。 川島なお美さん(1960…
  6. 奇跡的な早期発見で助かった生稲晃子さんの乳癌 生稲晃子さんは、1968年4月28日生まれの日本…
  7. 前立腺がん チェック 初期症状
    日本人男性の死亡者数がもっとも多いガンのランキング紹介 現在、日本人の死因の第1位はが…
  8. 手術 忌野清志郎 ガン 喉頭癌
    年間もの間、喉頭癌と闘った忌野清志郎さん 忌野清志郎さんは、1951年4月2日生まれでRCサク…
ページ上部へ戻る