健康診断 定期検診

マンモグラフィーの無料検診のチケットが届いたのは、2011年でした。

痛いと聞いていたけれど、でも無料だからと受診してみました。
そこで異常が見つかりました。

しかしその段階では癌細胞は見つからなかったので、数か月後また受診するように言われました。

再度受診すると、医師から「大丈夫だとは思うけれど、気になるから、白黒はっきりつけてもらったほうがいい。」と、総合病院を紹介され受診しました。

MRIや細胞診などを経て、癌であることがわかりました。

「悪性ですね。」と言われたとき、まるで「風邪ですね。」と言われたかのようなあっさりしたものでした。

そして「治りますよ」と医師から言われたとき、深刻になる必要はないんだと安心しました。

そして、明るい癌患者になろうと、自分の気持ちを奮い起こしました。

その1か月後には手術、4泊5日の入院でした。

転移の恐れもなく、手術翌日には「いつ退院しますか?」と聞かれるほどでした。
傷口が痛くて困ったというようなこともなく、癌の手術をしたという実感もありませんでした。

私の癌細胞はとてもおとなしいタイプだったようです。
その後の治療は、放射線とホルモン薬をのむだけでした。

25回の放射線治療は、毎日仕事の後に通いましたが、多少疲れを感じた日々でした。
そしてこの放射線治療で、2か月後、肺炎と診断されてしまいました。

咳が続くなと思っていましたが、風邪かなと思っていました。

まさか肺炎とは思いませんでした。

放射線治療の説明が書かれていた紙には、副作用として肺炎の危険が記載されていました。

「ごくまれに」という文面だったのでまったく気にしていなかったのです。

この肺炎で、1か月間入院することになってしまいました。
ステロイドによる治療で、スムーズに回復したことは幸運だったなと思います。

今年、ホルモンの薬を飲み始めて5年が経過しました。

これで薬を飲まなくてもよいこととなりました。
そして、これからの5年は経過を見るだけになります。

癌になってから、私はいろんな人に検診を勧めています。
マンモグラフィーは痛いということで躊躇する人がいるようです。

でも、痛みは一瞬です。

それで早期に癌が発見されるなら、やはり定期的に受診した方がいいと思います。

そして私は、最初に訪れた医院でも助けられたのだと思います。
「大丈夫だとは思うけれど」と言いながら、さらなる検査を勧めてくれた医師にとても感謝しています。

主治医に聞いたことがあります、「私はラッキーだったのですか?」と。

主治医は「ラッキーでした。」と力強く言ってくれました。

おとなしい種類の癌細胞だったとはいえ、放置したままだったらどうなっていたかわかりません。
いろいろなラッキーが重なって、私はこうして今、何も心配することなく元気でいられるのです。

ほんとうに、感謝です。

そして、肺炎というおまけはつきましたが、これもいい経験です。
今も、レントゲンにはその痕跡が映ってしまい、再検査となるのだけれど。

明るい癌患者になろうという最初の決意、これからもずっとそうでありたいと思います.




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 卵巣がん
    50~60歳代が発症のピークの卵巣癌(卵巣がん) 卵巣は女性の子宮の左右にそれぞれ一つずつあり…
  2. 精巣ガン 検査
    私は3年前に肺癌になった事があります。 最初は自覚症状が無かったのですが、だんだんと胸部の辺り…
  3. 脳腫瘍 祖父 言語障害
    私の父の実体験なのですが、4年前父は喉頭癌との診断を受けました。 まずは、父の話に基づいて「癌…
  4. プロポリス 癌効能
    人間にとっては、「理想的な免疫活性物質」 「プロポリス」とは、ミツバチが自分の唾液と、松、柳、…
  5. 陰茎癌
    「潰瘍浸潤型」と「乳頭状増殖型」の2つに分類 「陰茎癌」は人口10万人あたりの死亡率が約0.1…
  6. 定期 検診 検査
    手術と抗がん剤で治療し、今では5年経過して完治しています。 しかしその経過を聞いていると、もう…
  7. 煙草 ピロリ菌 お酒
    ピロリ菌の除菌治療中には、タバコとコーヒーも控えるべき!? ピロリ菌の除菌の成功率は、一次除菌…
  8. liver
    「沈黙の臓器」である肝臓に発生する癌 肝臓は、約3000億個以上の肝細胞が集まってできており、…
ページ上部へ戻る