竹原慎二 膀胱癌

2014年、膀胱癌が判明した元プロボクサー竹原慎二さん

1988年(16歳)の時にプロボクサーを目指して上京、1995年の24戦目で世界初挑戦され、見事に日本人初の世界ミドル級王者となられました。

25戦 24勝 18KO 1敗という素晴らしい戦績を残し引退された後はバラエティ番組の人気コーナー 「ファイトクラブ」でタレントとしてブレイクし、最近では「竹原慎二のボコボコ相談室」で話題になっていましたね。

しかし、そんな竹原慎二さんですが、2014年、膀胱癌が判明し、テレビで公表されたのです。

今回はそんな竹原慎二さんの膀胱癌治療についてご紹介していきます。

癌の芸能人・有名人一覧はこちら>>

体調不良、血尿が出て精密検査をしたら・・・

2013年ごろから体調不良を訴えていた竹原慎二さん。

2014年ごろからは症状がひどくなり、

「痛くて、熱い痛みを感じ、おしっこが出きっても、その痛みがでる感じ」と語っています。

痛みに強いはずのボクサーが弱音を吐くほどなのは相当な痛みだったのでしょう。

そして血尿が出始めたことで精密検査を受けることに・・・

その結果はまさかの膀胱癌。
「42歳でがんって頭の中真っ白で…」と何も考えられない状態になってしまったそうです。

さらにリンパ節への転移も判明

検査をしていくと、なんとリンパ節への転移も見付かるほど病状が悪化していたそうです。

「もう死ぬんだと。無理だ。病気には勝てないや。毎晩泣いてました」

というほどに当時の竹原さんは絶望の淵に立っていたようです。

治療をしていくも、抗がん剤の副作用で髪は抜け落ち、更には体重が10キロ以上も落ちるほどに激ヤセ。とても辛い状況だったようですね。



そんな状況を救ったのは元WBA世界王者でタレントの畑山隆則さん

同じボクシングジムを共同経済しているタレントの畑山隆則さんが辛い状況にある竹原さんを救ったそうです。

竹原さんが治るように、しっかりと治療してくれる病院を探し回り、受診の手続きを取ってくれたそうです。

その甲斐あって竹原さんは6月に最先端手術を受けることが出来たそうです・・・まさに持つべきものは友人ですね。

献身的に支えていった奥さんの香織さん

もちろん、友人の畑山隆則さんだけではなく、奥さんの香織さんも竹原さんを献身的に支えていたそうです。

膀胱癌に関する専門書を読み漁り、癌に良いとされるものは何から何まで取り寄せて竹原さんに与えていったそうです・・・・素晴らしいですね。

ガン摘出手術から6か月後の精密検査の結果は・・・

「グーでした。肺からぼうこうまで、全く問題なかったです」

と語るほど、ガン摘出手術から6か月後の精密検査の結果は良好のようですね。
これからじっくりと5年間ぐらいの時間を経ながら治療をしていくそうです。

癌というものは再発がつきもの・・・とはいえ、竹原慎二さんには献身的な奥さんをはじめ、畑山隆則さんのような多くの友人たちがいますし、これから少しづつゆっくりと治療しながら完治してくれることでしょう。

癌の芸能人・有名人一覧はこちら>>




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 肝臓がん チェック項目
    「沈黙の臓器」と呼ばれる肝臓・・・症状は出るの? 肝臓に発生した悪性腫瘍のことを「肝臓がん」と…
  2. 胆道癌 手術 検査
    80才を目の前にした母が胆のうガンの疑いと手術という現実を聞かされ 2人に1人がガンになる現代…
  3. 卵巣がん 初期症状
    「卵巣がん」には「沈黙の臓器(サイレントキラー)」という別名がついているほど。 卵巣は卵子を放…
  4. 前立腺がん
    自覚症状はほとんど無い前立腺癌(がん) 前立腺とは、栗の実のような形をして恥骨の裏側に位置して…
  5. 宮川花子 胃がん
    宮川花子さんは、1988年10月末に胃癌を宣告されています。 宮川花子さんは、日本の夫婦漫才コ…
  6. 宮迫博之 スキルス性胃がん
    ステージ1A期の初期スキルス胃がんで胃を切除。再発は? 毎日テレビで見かけるほど大人気のお笑い…
  7. 膀胱癌  チェック項目
    「膀胱がん」の代表的な初期症状は「血尿」 膀胱は腎臓で作られた尿をためておく臓器です。その尿は…
  8. トマト 発がん がん抑制
    トマトのリコピンは抗がん作用たっぷり! 「トマト」は実は植物学上、ナス科ナス属に分類される茄子…
ページ上部へ戻る