胃癌 チェック項目 初期症状

性交渉の経験がある女性ならば誰でも発症のリスクあります。

「子宮頸がん」は他のがんと違い、HPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスが原因と、発生原因がはっきりしているがんです。
ただ、このウイルス自体はとても平凡なため、性交渉を介してほとんどの方が感染しているので、性交渉の経験がある女性ならば誰でも発症のリスクがあります。

また、他のがんでは30歳代後半から発症のリスクが上がってくるものが多いのですが、「子宮頸がん」の発症のピークは20~30歳代にかけてであり、「自分はまだがんとは無縁だ」と思っている方が多い年代に発症のピーク年齢がきてしまいます。

20~30歳代のがんによる死亡原因の第1位がこの「子宮頸がん」となっているのには、このような理由があると思われます。
したがって、「子宮頸がん」の初期症状を知り、がんの早期発見に努めることが重要だと思われます。

早期発見につながるような自覚症状が現れることはほとんどないというのが実状

ただ、「子宮頸がん」は初期段階では、無症状・無痛である場合が多いため、早期発見につながるような自覚症状が現れることはほとんどないというのが実状です。
そんな「子宮頸がん」ですが、身体や分泌物に特徴的な変化がみられるがんという性質も持っているため、「おりものの異常」という症状が起きやすくなっています。

おりものは、子宮自体の自浄作用を司っているものであることから、子宮が正常で健康な状態であれば、臭いもほとんどなく、白色かもしくは無色透明であり、皮膚に触れたとしても痒みや痛みもなく、下着等に付着したとしても異臭を放つこともありません。

これが「子宮頸がん」に罹患すると、皮膚に触れると炎症を引き起こす、色が褐色や黄色になっている、異臭がするというようなおりものに変化します。
これは子宮の異常を示すサインであり、不正出血の混入、腐敗菌の繁殖、子宮内のがん細胞の壊死等が原因と考えられるので、速やかに医療機関を受診する必要があります。

初期段階として疑わしい以下の症状のチェック項目はコチラ!

その他、「子宮頸がん」の初期段階として疑わしい以下の症状をチェックし、自己診断をしてみると、がんを早期発見できる可能性が上がると思います。

  • 月経の時以外に性器から出血することがある。(微量でも)
  • 性交時に出血したり、激痛を感じることがある。
  • 下腹部に違和感や張り、痛みを感じることがある。
  • 高脂血症・高血圧・肥満等が気になっている。
  • 不正出血・月経不順等の月経異常が続いている。
  • 腰や背中に神経痛のような痛みを感じている。
  • おりものに異常がみられたり、量自体がふえたりしている。
  • 排便・排尿に不便を感じている。

これらは「子宮頸がん」の代表的な症状となっています。

あてはまる項目の多い少ないに関わらず、これらの症状の何れかを自覚したことがあれば、一度「子宮頸がん」の検診を受けてみたほうが良いと思います。

特に注意が必要なのは、腰や背中に痛みがある場合です。

痛みの種類としては疼くようにズキズキと痛む場合や、陣痛のように激しい痛みの場合等、いろいろな痛みがありますが、激痛がある場合が一番深刻です。

その痛みが「子宮頸がん」によるものであった場合、がんがかなり進行しているケースが多くなっており、がんが転移してしまっている恐れもありますので、一刻も早く婦人科を受診するようにしてください。




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 健康診断 定期検診
    私はオーストラリア在住ですが、乳がんの診断を受けて現地で手術と放射線治療を受けました。 治療方…
  2. フランDグルコース_とは
    ほぼ100%の癌細胞成長抑制!?って本当なの? 2015年、ガン業界に激震が走りました。 …
  3. 胃癌 症状 特徴
    「大腸癌」の患者は年間約6万人 「大腸癌」は、直腸・肛門・盲腸・結腸で構成される大腸(全長約2…
  4. ブロリコ飲んでみました。
    これからブロリコを購入しようとしている方へ。 加齢による免疫力の低下を防ぎ、高めてくれる成分と…
  5. 納豆 免疫力
    免疫細胞内に納豆菌を取り込み免疫応答機能を高めている 免疫力の役割として、感染から体を守る、健…
  6. p53誘導体認証というマークの付いた食品
    シンゲンメディカル株式会社が独自開発した成分「p53誘導体」。 ガンの治療中の方、抗がん剤の副…
  7. 定期 検診 検査
    手術と抗がん剤で治療し、今では5年経過して完治しています。 しかしその経過を聞いていると、もう…
  8. スティーブ・ジョブズ すい臓がん
    スティーブ・ジョブズさんは、2011年10月5日にすい臓がんで死去しています。 スティーブ・ジ…
ページ上部へ戻る