タグ:癌

  • ごぼう 抗がん

    ごぼうの効果・効能は?【癌(ガン)に効く食材】

    がん治療効果と予防効果に優れたゴボウ 「ごぼう」は植物学上、キク科の多年草となっており、通常、根の部分を食用としています。 一般的な細長い「ごぼう」は関東を中心に栽培されており、その旬は冬となっていますが、新ごぼ…
  • ブロッコリー 抗がん作用

    ブロッコリーの効果・効能は?【癌(ガン)に効く食材】

    抗がん作用が注目されている「ブロッコリー」 「ブロッコリー」は、キャベツの一変種で、地中海沿岸地域原産のアブラナ科の緑黄色野菜であり、色の白いカリフラワーはこの「ブロッコリー」が突然変異したものだといわれています。…
  • トマト 発がん がん抑制

    トマトの効果・効能は?【癌(ガン)に効く食材】

    トマトのリコピンは抗がん作用たっぷり! 「トマト」は実は植物学上、ナス科ナス属に分類される茄子の近縁種であることから、「赤茄子」という呼び名もあります。 「トマト」は、大きさで主にミニ・中玉・大玉の3種類…
  • シンゲンメディカル株式会社 口コミや評判

    シンゲンメディカル株式会社の評判・口コミまとめ!

    悪評?ブラック?詐欺?シンゲンメディカル株式会社って信用できるの? ガン対策のp53誘導体の研究や、妊活サプリメント「ミトコア300mg」の研究、開発、販売を行っているシンゲンメディカル株式会社。 販売してい…
  • 分子標的治療薬 副作用 費用

    特濃フコイダンEXプラスって?口コミや評判は?

    沖縄の海で育ったフコイダンをふんだんに使用した特濃フコイダンEXプラス ワカメやモズク、ヒジキ、コンブ等の海藻類は古くから日本人に親しまれてきました。 美味しいのはもちろんの事、身体にとっても良いというのが親しま…
  • 柴犬 癌

    犬のガンの早期発見チェックは?

    犬のガンを早期に発見・チェックすることはなかなか難しい? 現在、日本ではペットのガンが非常に増えているといわれており、実際に多くの犬たちがガンで命を落としているという現状から、ガンを早期発見し、早期治療を行うことが…
  • ねこ ガン

    猫のガンの早期発見チェックは?

    猫の場合は約3頭に1頭がガンで死亡 アメリカの研究においては、ガンが犬や猫の死因のトップになっており、具体的には、猫の場合は約3頭に1頭が、犬の場合は約2頭に1頭がガンで死亡するというデータが出ています。 猫や犬…
  • 猫 癌 治療

    猫のガンの治療法は?

    猫の寿命が延びて、高齢化が進み癌発生率が上昇中 猫の死因のトップは慢性腎不全であるとされていますが、近年、その慢性腎不全に迫る勢いで増えている死因がガンです。 最近はペットフード等の品質も向上しており、猫の寿命が…
  • 猫 癌

    猫のガンの原因は?

    犬や人間と比較すると、猫がガンを発症する確率は低いとされています。 しかし、その一方で猫がガンを発症した場合、重症化しやすいともいわれています。 猫がガンを発症する原因は、現在でも未知の部分が多くあるとされていま…
  • 猫 ガン ペット

    猫のガンの種類は?

    老化によって免疫力が低下した猫が増加し、ガンが増えている 猫は人間や犬と比較すると、ガンの発症率が低いといわれていますが、一度ガンが発症してしまうと重症化してしまうことが多いというデータも報告されています。 猫の…



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

おすすめ記事

  1. がん細胞は熱に弱い!だからこそ温熱療法♪ がん細胞が熱に弱いという基礎研究の知見からがん細胞を…
  2. 大腸がん 検査方法 費用
    日本において、癌の罹患率は高齢化とともに上昇を続けています。 そのため、現在では、日本人の2人…
  3. 定期 検診 検査
    手術と抗がん剤で治療し、今では5年経過して完治しています。 しかしその経過を聞いていると、もう…
  4. 胃癌 症状 特徴
    「大腸癌」の患者は年間約6万人 「大腸癌」は、直腸・肛門・盲腸・結腸で構成される大腸(全長約2…
  5. 【要注意】癌になりやすい習慣や化学物質とは?【絶対に避けましょう】 欧米化する食生活、ストレス…
  6. 皮膚がん ホクロ 
    大きく「基底細胞癌」と「有棘細胞癌」の2種類がある皮膚がん 「皮膚癌」は発生部位等でいろいろな…
  7. 衣笠祥雄
    衣笠祥雄さんが上行結腸がんで死去されました 2018年4月23日に元広島東洋カープの衣笠祥雄氏…
  8. 腎臓癌 小西博之
    2004年の年末に全身に転移する可能性のある、腎臓癌が発見されました。 小西博之さんは、195…

カテゴリー

ページ上部へ戻る