猫 癌 治療

猫の寿命が延びて、高齢化が進み癌発生率が上昇中

猫の死因のトップは慢性腎不全であるとされていますが、近年、その慢性腎不全に迫る勢いで増えている死因がガンです。
最近はペットフード等の品質も向上しており、猫の寿命が延びて、高齢化が進んできていることから、今後さらにガンにかかる猫が増えるといわれています。




大切な家族の元気に。免疫力を保つ「ブロリコ・ペット」【ペット用ブロリコ】

猫がガンになってしまった場合、まずその腫瘍が何であるかを診断することから始まり、その次に、画像診断検査や血液検査を用いて診断し、全身の状態を把握することで、ガンの進行度を確定します。

検査の中の細胞診断学検査において、ガン細胞の疑いがあるものが確認されれば、その後、ガンの腫瘍を取り除く病理組織学検査に進みます。

この検査には切除生検という、ガンの腫瘍のみを全部取り除く方法と、ガンの腫瘍の一部を切り取って検査する方法があります。
ガンの腫瘍を全て切り取る切除生検では、その検査時に全身麻酔を行う必要があります。

その後、ガンの治療へと進んでいきますが、その治療法としては、まず、手術療法があります。

これは、外科手術によってガン細胞を除去してしまう治療法であり、ガンの腫瘍が限局的に存在していたり、腫瘍の大きさが大きくなってしまっている場合に、特に治療効果を発揮します。
手術療法のメリットとしては、短期間でガンの腫瘍を大幅に除去できる、短期間の治療のため、副作用が少ないという点が挙げられます。

しかし、手足や顎等にガンが転移していた場合、手術によって運動機能や外見を損なう可能性があり、さらに、麻酔や手術に伴う合併症によって猫が死亡してしまうという可能性も考えられます。

次に、薬物・化学療法があります。

この治療法では、標的物質などのガン細胞だけが持っている特異的な物質を攻撃ターゲットとしている抗がん剤が猫に投与されます。
薬物・化学療法によってガンが根治するということは稀であるため、主な目的は、抗がん剤によってガン細胞の分裂や増殖を抑制することによって、猫の生活の質(QOL)を維持する効果を期待することとなります。

ただ、副作用として脱毛や骨髄抑制といった症状が発生したり、投与を重ねると、その治療効果が薄まってしまうというデメリットもあります。

次に、放射線療法があり、これは放射線が持つ「細胞分裂の盛んな細胞に対する殺傷効果が大きい」という特性を利用して、ガンが発生している患部に体外及び体内から放射線を照射する治療法となっています。
手術療法では対処することができない、脳や心臓といった部位にも対応出来たり、薬物・化学療法よりもガンに対する治療効果が高いというメリットがあります。

しかし、デメリットとしては、治療を行う際に全身麻酔が必要となり、治療にかかるコストが高くなるという点が挙げられます。

次に、免疫療法があり、これは、ガン細胞を特異的に攻撃するように、免疫機構をコントロールするという治療法です。

この免疫機構のコントロールを具体的に挙げてみると、サイトカインの産生促進、マクロファージの活性化、インターロイキンの調整等があります。
この治療法は、他の治療法を行った後において、体内に細かく残ってしまったガンの腫瘍を根絶する際にその治療効果を発揮します。

その他の治療法としては、ガンの腫瘍に数本の電極の針を刺して加温し、ガン細胞を死滅させる温熱療法という治療法があります。

また、凍結療法という治療法では、ガンの腫瘍を液体窒素によって凍結させて、ガン細胞を死滅させるのですが、全ての種類のガンに凍結療法を行えるわけではありません。
そのため、担当の医師等から治療法に対する説明を十分に受け、きちんと理解してから治療を選択することが重要となります。




大切な家族の元気に。免疫力を保つ「ブロリコ・ペット」【ペット用ブロリコ】



関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. プロポリス 癌効能
    人間にとっては、「理想的な免疫活性物質」 「プロポリス」とは、ミツバチが自分の唾液と、松、柳、…
  2. 胃癌 症状 特徴
    「大腸癌」の患者は年間約6万人 「大腸癌」は、直腸・肛門・盲腸・結腸で構成される大腸(全長約2…
  3. ピロリ菌 胃癌
    ピロリ菌に感染していると胃がん生リスク増!!? ピロリ菌の正式名称は「ヘリコバクター・ピロリ」…
  4. 今井雅之 大腸癌
    今井雅之さんは、2015年4月に大腸癌を公表、1ヶ月後に亡くなられました。 今井雅之さん(19…
  5. 女性 癌治療 全分子フコダインエキス
    日本国内では年間約9,000人の人が新たに「白血病」に罹患 「白血病」とは「血液のがん」で、主…
  6. 川島なお美 ガン
    川島なお美さんは最初に癌の診断を受けてから2年後に亡くなっています。 川島なお美さん(1960…
  7. 全分子フコイダンエキスとは
    「全分子フコイダンエキス」って良いの? シンゲンメディカル社が開発、販売している「全分子フコイ…
  8. 胆道癌 手術 検査
    新たに臨床試験が試みられている先進医療として研究される免疫チェックポイント阻害剤 がんは2人に…
ページ上部へ戻る