胆道癌(胆道がん)

日本では年間約23000人の方が「胆道癌」を発症

胆道とは、胆汁という肝臓でつくられる汁を、十二指腸まで運ぶ道(管)のことで、その管は肝臓の隅々まで走っていますが、それは合流して徐々に太くなって、左右の胆管(左右肝管)となります。
その後、それは1本の胆管(肝外胆管)となった後、十二指腸乳頭部につながっていきます。

「胆道癌」はこのような胆道に発生した癌の総称であり、乳頭部癌、胆嚢癌、胆管癌(肝内胆管癌、肝外胆管癌)に分類されます。
日本では年間約23000人の方が「胆道癌」を発症しているといわれており、これは世界的に見ても発生頻度が高くなっています。

また、性別で見ると、女性の方が男性より若干多く発生しており、女性は胆嚢癌の発生が多く、男性は胆管癌の発生が多い状況となっています。

「胆道癌」は発育状況が3つに分類されます。

1つは浸潤性発育で、これは癌が胆管上皮から発生し、徐々に管内部へ侵入し、周囲の器官等へ広がっていってしまいます。

2つめは胆管内発育で、胆管の外側へは向かわず、主に内側だけに向かって、きのこのような形になりながら大きくなっていきます。

3つめは腫瘤形成性発育で、腫瘍がこぶのような固まりの腫瘤を形成して大きくなっていくものです。

1つめと2つめの発育形式なのが肝外胆管癌で、肝内胆管癌は主に3つめの発育形式をとります。

「胆道癌」の症状としては黄疸が最も多くなります。

胆道に癌ができると、癌が胆道を閉塞してしまい、胆汁が通りにくくなるため、癌による閉塞部位より上流側の胆管が拡張していまいます。

それが進行すると、胆汁が血管に逆流し、胆汁内の黄色の素となるビリルビンが血液中に増加。
その影響で皮膚や目等が黄色く黄染して、黄疸を発症する結果となります。

胆道癌(胆道がん)の症状、初期症状・・・黄疸が特徴

また、胆嚢癌では、癌が胆管に浸潤して胆管閉塞を起こてしまい、黄疸を発症します。

次の症状としては白色便があります。
これは腸内に胆汁が少なくなることによって、便の色が白っぽくなることです。

黄疸は症状が軽いと気づかないケースもあり、この便の白色化によって癌に気づくというケースも多いそうです。
また、前述のビリルビンの血液中の濃度が高くなることによる、黄疸尿という症状もあります。

これはビリルビンが尿中に排泄されることで起こり、尿の色が茶色っぽくなります。
さらに、胆汁酸という物質がビリルビンと一緒に血管内にながれることにより、皮膚のかゆみという症状も現れます。

その他では、腹痛や、食欲不振、発熱、体重減少、全身倦怠感等の、他の癌でも見られるような症状も、癌の進行によって発生しやすくなります。

日本の「胆道癌」の治療技術は世界でもトップクラス

癌のステージⅠ期の段階での5年生存率は胆嚢癌、胆管癌いずれの場合でも、約90%以上となっています。
ただ、ステージⅡ以降は半分程度の生存率まで下がってしまい、ステージⅣでは最低で約5%と急激に下がります。

また、「胆道癌」は手術ができるかできないかで生存率が大きく変わり、手術ができた場合で5年生存率が約40%、手術ができない場合で1年生存率が約20%と急激に生存率が下がってしまいます。

さらに、「胆道癌」の手術は難しい手術になるケースが多くなっており、手術による死亡率も数%~10%あって、他の癌と比較すると高い死亡率となっています。

現状、「胆道癌」を根治できる唯一の治療法は外科手術のみとなっています。

したがって、癌の進行度を正確に判断したうえで治療法を決定しますが、可能な限り外科手術を行うようになります。
そして、外科手術が行えないというケースに限り、化学療法等の内科的治療を行うということになります。

「胆道癌」は癌がかなり進行しないと目立った症状が出てこないため、癌が発見された時点で、肺や肝臓等の他の臓器に遠隔転移してしまっている患者が、半数程度もいます。
また、「胆道癌」は手術を受けることができた患者でも5年生存率が約40%と低いため、完治が難しく、さらに再発の可能性も高い癌とされています。

したがって、初回でも再発でも、いかに早期に癌を発見できるかが予後の生存率を決定づけるため、定期的な検診が非常に重要な癌と言えます。

胆道癌(胆道がん)の症状を軽減、副作用を少しでも軽減するために

胆道癌(胆道がん)の治療の場合、外科手術を中心に受ける方が多いと思います。
また、手術後の再発防止や、症状を抑えるために抗がん剤の投与をされる方も多いのではないでしょうか。

特に抗がん剤の副作用には骨髄抑制をはじめ、吐き気やだるさ、免疫力の低下等、多種多様な副作用がありますが、その抗がん剤の副作用を少しでも軽減するためにおススメなのがシンゲンメディカル株式会社が発売している「全分子フコイダンエキス」です。

既に115万セットも爆売れしている商品で、ガン細胞抑制効果をもったDBグルコースを中心に、ガンの血管新生予防、抗がん剤の副作用抑制効果などを持った全分子フコダイン、アポトーシス誘導を持ったフコキサンチンを配合した独自成分が配合されています。

食道癌になり、抗がん剤の副作用に悩んでいる方や、完治後の再発防止を希望したい方は是非ともチェックをしてみてください。

抗がん剤の副作用抑制効果等、信頼できる臨床試験結果も公開されているので必見です。






関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 食事 癌 予防 食材
    医食同源。食事で免疫力を上げてガン予防、治療、再発防止しましょう。 癌の治療はまさに「闘病」で…
  2. p53誘導体認証というマークの付いた食品
    シンゲンメディカル株式会社が独自開発した成分「p53誘導体」。 ガンの治療中の方、抗がん剤の副…
  3. 全分子フコダインエキス 副作用
    怪しい?全分子フコイダンエキスは本当に効果ある? 全分子フコダイン、DBグルコース、フコキサン…
  4. 大腸癌 祖母
    私の母は、膵臓癌のステージ4を患っています。 手術で病巣は取り除きましたが、すでに肺へ転移して…
  5. 卵巣がん 入院 費用
    がんと診断をされてから手術・化学療法・放射線治療・ホルモン治療を行いました。 私が乳がんと診断…
  6. トマト 発がん がん抑制
    トマトのリコピンは抗がん作用たっぷり! 「トマト」は実は植物学上、ナス科ナス属に分類される茄子…
  7. 胃癌 症状 特徴
    症状が非常にわかりづらい!胃の粘膜にできた悪性腫瘍 「胃癌(胃がん)」は日本では、肺癌に次…
  8. プラチナ製剤 作用機序 副作用
    叔母が発症した胃がんについて書いていこうと思います。 私の家系は前回も言った通り本当にがん患者…
ページ上部へ戻る