大腸癌 祖母

私の母が、末期の胃癌と診断されたのは2008年3月でした。

母は、以前から時々胃に痛みがあったようで、市販の胃薬を常備していたようでした。

異変を感じるまでは、薬を飲めば治まっていた胃痛が、2008年の年明け頃、家族が帰省で集まっていた時も、家族に痛みを告げないで一人で絶えていたようでした。

その時、母は今までと違う異変を感じたとのことでした。

胃痛を誤魔化しながら、しばらくパートの仕事を続けている間に、便通も悪くなっていたようです。
3月初め頃、私(娘)が久しぶりに里帰りした時、とても顔色が悪い母に築き、とても心配していた矢先、その日の食後に嘔吐した為、病院へ行くように伝えました。

医師の診察で腸閉塞を起こしていることが分かり、緊急入院が必要だということでした。

最初は直腸癌の可能性を指摘されましたが、精密検査を進める中で、結果、余命宣告と末期の胃癌だと診断されました。

家族の心情としては、これまで大病知らずな母親だっただけに、ショックは大きかったです。
どうしてもっと早く気づいてあげられなかったのか悔やまれました。

また、実家を離れず一緒に生活していればよかったとも思いました。

当時は、まず腸閉塞の処置が必要ということで人工肛門の手術が行われました。
体重が激減した小柄な母に、胃の手術を行うことは負担が大きいと言われ、そのまま抗がん剤治療を進められました。

入院中は点滴で、自宅療養中は錠剤を飲むことでした。

私達は、あまり癌の治療について知識もなく抗がん剤治療を選択しましたが、転移がなかったのなら体力の回復を待って手術という選択もできたのではないかという思いも、後に感じることはありました。

母は、味覚障害や髪が抜けるなど副作用に耐えながら抗がん剤治療を続けました。
一時、完治したみたいに元気を取り戻し、食事も制限なく何でも食べることができ、以前より体重も増えて喜ぶ時期もありました。

でも、抗がん剤=延命治療であり治ったわけでなく、入退院を繰り返しながら薬が少しずつ強くなるだけでした。

身体にも水が溜まり痛みが増すばかりで、嘔吐を繰り返したり、幻覚をみたり、食欲もなくなり会話も減っていきました。

最終的に科学治療では限界ですと言われた時は、3年が過ぎていましたので余命より長く延命できたのですが、今思うと延命治療が良かったのかどうかわかりません。

癌の付き合い方について、薬が効けば延命できますが、苦痛に感じるなら、ホスピス緩和ケアーなど選択することもよいと思います。




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. アガリクス_ヒメマツタケ
    しっかりとした科学的根拠があるキノコ「ヒメマツタケ」 日本癌学会、日本薬理学会をはじめ、各種機…
  2. セサミン 癌
    「セサミン」が大腸がんや肝臓がんに効果的であることは、既に確認されています。 ゴマは、古く…
  3. 脳腫瘍 祖父 言語障害
    父が胆管がんになり、周りの臓器にも広がっていました。 父は、12月の初めに終末期であること、こ…
  4. 胆道癌 チェック項目
    父は67歳。大きい総合病院に検査に行き、ステージ4の肝臓にガンが見つかりました。 お酒が好きな…
  5. 膀胱癌  チェック項目
    「膀胱がん」の代表的な初期症状は「血尿」 膀胱は腎臓で作られた尿をためておく臓器です。その尿は…
  6. liver
    「沈黙の臓器」である肝臓に発生する癌 肝臓は、約3000億個以上の肝細胞が集まってできており、…
  7. 大腸癌 祖母
    「転移性脳腫瘍」と「原発性脳腫瘍」に分類することができる脳腫瘍 人間の脳は頭蓋骨に覆われていて…
  8. チェック 検査 セルフ
    通常の癌検診では、食道癌発見できませんでした。 2014年の正月おせち料理を頂いているときに、…
ページ上部へ戻る