宮迫博之 スキルス性胃がん

ステージ1A期の初期スキルス胃がんで胃を切除。再発は?

毎日テレビで見かけるほど大人気のお笑い芸人雨上がり決死隊の「宮迫博之」さん。
2012年に胃ガンが見つかり、切除手術と治療の為、芸能活動を休止されていましたね。

アメトークはもちろんの事、様々なバラエティ番組、そして自らの癌経験からかガン保険のCMにでるなど、大活躍されていますね。

そんな大人気の芸能人が胃がんを告白し、芸能活動を休止・・・ということで非常に話題になりました。

現在、宮迫博之さんは胃癌を克服し、改めてテレビで大活躍していますね。
今回はそんな宮迫博之さんの胃がんについてご紹介していきます。

癌の芸能人・有名人一覧はこちら>>

ステージ1A期での早期発見で助かった命

胃がんのステージ1Aの場合、正直いって初期症状はほとんどありません。
しかし、宮迫博之さんはダイエット後の体調不良の為、検査を受けたからだそうです。

正直、「あと半年発見が遅れたら命は無かった・・・」と医師に言われたそうです・・・偶然とはいえ、本当に良かったですね。

胃カメラではなく、AICS(アミノインデックスがんリスクスクリーニング)で発見

胃がんの検査と言えば、「胃カメラ」が普通です。
しかし、宮迫博之を救ったのは、AICS(アミノインデックスがんリスクスクリーニング)という検査だそうです。

AICSは血液中のアミノ酸濃度を測定し、癌が発症しているか検査をするものです。
最近は人間ドックや健康診断で導入され始めており、気になる方は是非とも受けてみてはいかがでしょうか。

スキルス性胃がんとは?

普通、胃がんは胃の表面の粘膜に異常が起こり、その異常を胃カメラ等で発見することで見つけることが出来ます。

しかし、スキルス胃癌の場合は、胃の表面粘膜に異常が起きづらく、非常に発見されにくいのが特徴です。
発見しづらいため、どうしても癌が進行した状況になって初めて発見される場合が多くなっています。

ですので宮迫博之さんの場合は、スキルス胃癌が発症してすぐに偶然に人間ドックでAICS(アミノインデックスがんリスクスクリーニング)を受けたからこそ発見できたのです。

まさに奇跡的と言っていいでしょう。

スキルス胃癌は再発率高い?

スキルス胃癌は再発率高い・・・とされています。
ですが、これはそもそもスキルス胃癌がかなり進行している状態で発見される場合が多い事が理由ですから早期発見できた宮迫博之さんの場合はそこまで再発率は高くないでしょう。

とはいえ、胃がんそのものは再発率高い為、予断は許されません。
定期的に検査をしつつ、再発したとしてもすぐに発見できるようにするといいのかもしれませんね。

癌の芸能人・有名人一覧はこちら>>




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. トマト 発がん がん抑制
    トマトのリコピンは抗がん作用たっぷり! 「トマト」は実は植物学上、ナス科ナス属に分類される茄子…
  2. 全分子フコダインエキス 副作用
    怪しい?全分子フコイダンエキスは本当に効果ある? 全分子フコダイン、DBグルコース、フコキサン…
  3. 家族
    私の母親は健康体で大きな病気もしたことがない人でした。 そのため本人もまさか自分がガンになるとは思…
  4. 卵巣がん
    50~60歳代が発症のピークの卵巣癌(卵巣がん) 卵巣は女性の子宮の左右にそれぞれ一つずつあり…
  5. 前立腺がん チェック 初期症状
    日本人男性の死亡者数がもっとも多いガンのランキング紹介 現在、日本人の死因の第1位はが…
  6. 悪性リンパ腫
    重粒子線治療は新しい研究中の先進医療 がんの治療は科学的に治療効果が実証された標準療法と試験的…
  7. がん細胞は熱に弱い!だからこそ温熱療法♪ がん細胞が熱に弱いという基礎研究の知見からがん細胞を…
  8. 全分子フコイダンエキスとは
    「全分子フコイダンエキス」って良いの? シンゲンメディカル社が開発、販売している「全分子フコイ…
ページ上部へ戻る