乳房温存手術を受けた妹。検査から手術の流れ。【体験ブログ】



抗がん剤 治療 副作用

私の妹が乳癌になった時のお話しをいていきたいと思います。

今はテレビなどでも健康診断を受けるようにしましょう、早期発見での治療が大切などとよく放送されています。

私の妹は乳癌の症状としては、家族の洗濯物を干しているときに、ふと胸が痛いと感じたため自分で胸を触るとなんだか、しこりのような物ができていたそうです。

その日は仕事が忙しくて病院に行けなかったため、次の仕事が休みの時に合わせて病院に向かいました。

病院についてからは、問診票を記入し、月経周期、初経、未婚か既婚か、出産した経験はあるか、自分の病歴に、家族の病歴、気になっている症状を書いて次に触診をしたようです。

医師が胸を触り、しこりの状態、分泌物がでていないか、をチェックしました。

次に超音波の検査、エコー検査になります。

超音波を発する機器を胸にあてて反射された音波を画像化して乳房内部の様子を写しだします。

最後にマンモグラフィーで、乳房専用のx線撮影装置を用いた検査になります。
このような検査をしてから医師の診断はやはり妹が気にしていた乳癌だったのです。

家に帰ってきてからの妹はもう途方にくれたように泣き崩れてとてもショックを受けていました。

妹は旦那もいるし子どももいます。

今からの事、まだ子ども達は成人を迎えていないし、小さいため親の力がないと生きていく事ができません。

妹は1人の女性であると同時に子どもをもつお母さんです。
自分の事よりも、子どもと旦那の事をとても心配していました。

テレビでちょうど、市川海老蔵の旦那である小林真央さんが乳癌の闘病生活を送っていて、亡くなったという事もあり、妹は自分も死ぬかもしれないという恐怖があったようです。

とりあえずは次の日から入院をして治療をする事になりました。

手術が決まり妹がする手術は、乳房温存手術になります。
癌を周囲の乳腺と一緒に取り除くという手術です。

乳房の一部分だけを取り除く手術になりますので、自分の乳房を残すことができるのです。

乳房温存手術は、癌を切除しなくても乳房の変形が少なく、左右差もなく保てると判断された場合に選択することができるのです。

また、医師からの説明によると今は時代が変わり、医学なども発展してきているので乳房や乳房のたわみで傷跡が隠れるようにして、手術をしたという跡が見えにくくする事ができると言われたため少しだけ妹は安心していました。

手術は無事に成功して、以外にも妹は元気にしていました。

次の日からは普通に食事をすることもできていたし、シャワーなども自分で浴びていました。
看護師からの説明では、乳癌だったのです手術は回復手術などに比べると回復が早いと言っていました。

手術が終わった後に初めて鏡を見てみると、手術の跡はあるのですが自分が思っていたよりかは、ましだったようです。

普通に退院をしてからは病院に通い再発をしていないかの検査に通っているのですが今のところ再発もしていないし元気に日常生活を送っています。

妹 の子どもが女の子がいるので、乳癌は遺伝と言われています。
乳癌が娘が大きくなった時に遺伝していて、ならないかと妹はとても心配していました。

そのため親子で乳癌検診に行くように励ましました。
とりあえずは元気になったので良かったです。




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 乳がん 平松愛梨
    平松愛理さんは、2002年に乳がんであることを公表しています。 平松愛理さんは、1964年3月…
  2. 精巣ガン 検査
    身体全体の部位で「悪性リンパ腫」が発生する可能性があるといえます。 人間の血液中には、出血を止…
  3. 健康診断 定期検診
    一部のがんのみが保険適用となる先進医療「陽子線治療」 がんの治療法には手術、薬物療法、放射線治…
  4. 小児がん
    15歳以下の小児がかかってしまうがんの総称を「小児がん」といいます 「小児がん」の主な種類とし…
  5. 胃癌 チェック項目 初期症状
    性交渉の経験がある女性ならば誰でも発症のリスクあります。 「子宮頸がん」は他のがんと違い、HP…
  6. 食道がん 初期症状
    腹部や首のリンパ節、さらには、肝臓、肺、骨などにも転移してしまうケースも 消化管の癌は、食物が…
  7. 胆のう癌
    胆のうと胆のう管から発生する悪性腫瘍 胆のうは、十二指腸と肝臓をつなぐ胆管の途中にある袋状の臓…
  8. 癌 手術
    ANK=ナチュラルキラー細胞でがんを治療 がん細胞を攻撃する免疫細胞にはがん細胞を異物と認識し…
ページ上部へ戻る