胆道癌 手術 検査

「白血病」が急性の場合には、治療をしなければ数日~数カ月で死に至ることも

「白血病」は「血液のがん」といわれていますが、もっと細かく言えば「血球のがん」といえます。
人間の血液は赤血球、白血球、血小板といった血球成分と、これらが浮遊している液状の血しょう成分から構成されており、血球は骨の中にある骨髄で作られています。

骨髄内には血球の基となる造血幹細胞があり、この細胞が遺伝子変異を起こすと、完成前の未熟で異常な白血球が増加してしまい、正常な白血球が作られなくなります。

異常な白血球が増加した血球が血液中に放出され、血液に混ざると、血液が正常に機能しなくなり、全身に障害が発生してきます。

このように「白血病」は、血球ががん細胞のような働きをしてしまう病気となっています。

進行の速さが、「急性白血病」が「不治の病」として恐れられている要因の1つ

「白血病」は大きく分けて、「骨髄性白血病」と「リンパ性白血病」に分類され、それぞれ急性と慢性に分けられますが、「白血病」が急性の場合には、治療をしなければ数日~数カ月で死に至ることもあります。

この進行の速さが、「急性白血病」が「不治の病」として恐れられている要因の1つとなっていますが、現在では治療法の確立等により、治すことも可能になってきています。

そのためにも、初期症状を正しく理解して、早期発見に努める必要があります。

「白血病」は、「骨髄性白血病」であるか「リンパ性白血病」であるか、また、急性であるか、慢性であるかによって、症状が異なってきます。

「急性白血病」は、病気の進行が速いため、比較的症状があらわれやすくなっています。

その中の代表的な症状が、「出血傾向」、「発熱」、「貧血」となっています。

「出血傾向」とは、

血液細胞の一種である血小板が減少することにより、血が止まりにくくなり、出血しやすくなるという症状です。
歯ぐきからの出血や鼻血、アザ等の症状がみられます。

アザに関しては、健康な人とは異なり、ぶつけた覚えがなくても、体のさまざまな箇所にアザが発生したり、そのアザが治りにくくなります。

「発熱」は、

ウイルスや細菌を退治する白血球が減少することによって、そのウイルスや細菌に感染しやすくなってしまうので、その影響によって発生する症状です。

「貧血」は、

血液中の赤血球が減少してしまう影響によって、発生しやすくなります。

その他の食症状、チェックすべき項目は?

その他では、嘔吐、吐き気、頭痛、関節や骨の痛み、腹部の腫れ、リンパ節の腫れ等のさまざまな症状が、異常な血液細胞が全身を巡ることによって引き起こされます。

「急性白血病」は前述の通り、病気の進行が速いため、症状がはっきり出やすいという特徴がありますが、進行が速い分、少しでも長く放置してしまうと、すぐに病状が悪化してしまうという側面もあります。

ただ、現代社会では少しぐらいの体の不調では、無理をしてでも学校や仕事へ行く、という選択をする方が多くなっています。

「急性白血病」の場合、たった1日、治療を開始するのが遅れただけでも命取りになるというケースもありますので、少しでも体の不調を感じ、前述のような初期症状にあてはまる症状があらわれたら、速やかに専門の医療機関を受診することをおすすめします。




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 大腸癌 症状 特徴
    泌尿器系の癌の中では前立腺癌に次いで2番目に多い癌。 膀胱は下腹部に位置している臓器で、腎臓で…
  2. 乳がん 平松愛梨
    平松愛理さんは、2002年に乳がんであることを公表しています。 平松愛理さんは、1964年3月…
  3. 宮迫博之 スキルス性胃がん
    ステージ1A期の初期スキルス胃がんで胃を切除。再発は? 毎日テレビで見かけるほど大人気のお笑い…
  4. 納豆 免疫力
    免疫細胞内に納豆菌を取り込み免疫応答機能を高めている 免疫力の役割として、感染から体を守る、健…
  5. 胆道癌 手術 検査
    80才を目の前にした母が胆のうガンの疑いと手術という現実を聞かされ 2人に1人がガンになる現代…
  6. liver
    「沈黙の臓器」である肝臓に発生する癌 肝臓は、約3000億個以上の肝細胞が集まってできており、…
  7. 脳腫瘍 祖父 言語障害
    数年前父がガンを患う前、父子家庭で二人暮らしていた私はまだ17歳でした。 父は明るく、そして時…
  8. がん細胞は熱に弱い!だからこそ温熱療法♪ がん細胞が熱に弱いという基礎研究の知見からがん細胞を…
ページ上部へ戻る