肺癌 喫煙

20歳のときから毎日2箱~3箱ほど煙草を吸っておりました。

自分は去年の6月から12月にかけて、肺ガンになってしまいました。
自分はヘビースモーカーであり、20歳のときから毎日2箱~3箱ほど吸っておりました。

じぶんはむかしからですが、大病などをわずらったことがありません。
健康にはほんとうに自信があったのです。

それこそですが、一度交通事故に会ってしまい、車にはねられてしまったことなどもありますが、そのときなども擦り傷だけですみ、骨折などもいたしませんでした。
がんになったきっかけは自分は水泳を趣味としております。

泳いでいるときなどに胸の苦しみにきづいてしまい、病院に足を運び検査をうけました。

そのときに肺に腫瘍があるということがわかったのです。

幸い発見がまだ早く、がん細胞はまだ小さかったのです。

がんの治療法に関しては、放射線を当てて、がん細胞を破壊していくという治療を自分は受けさせていただきました。
自分は抗がん剤などを受ける覚悟でいたのですが、幸い発見がまだ早く、がん細胞はまだ小さかったのです。

ですが、自分は若いのでがん細胞の成長も早いから早めに対処をおこなっていこうと医師から言われて、治療を受けました。

がんとの付き合い方はできるだけ安静にしているということです。

趣味としている水泳なども自分ががんであることがわかるとすぐに中断をさせていただき、仕事なども鉄工所に勤務をしており、工場で勤務をしておりましたが、事務のほうへ引き上げていただきました。
じぶんが癌だと診断されたときの心境としては頭の中が真っ白になりました。

よくテレビやドキュメント番組でそういった心境をつづっている人がおりますが、まさにその通りでありました。

自分はもう死ぬのではないかとほんとうに絶望的になってしまったのです。
このことを家族などにもうちあけると家族も親身になって相談にのってくれ、自分の話をいろいろと聞いてくれました。

幸い、放射線治療でがん細胞が消滅をしてくれたので、現在では健康そのもので生活をおくっております。

ですが、再発の可能性もあるということで現在でも自分は定期的に病院に足を運び、医師に検査をしてもらっております。

まさかほんとうに自分が癌になってしまうとは思いませんでした。




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. liver
    「沈黙の臓器」である肝臓に発生する癌 肝臓は、約3000億個以上の肝細胞が集まってできており、…
  2. 皮膚がん ホクロ 
    大きく「基底細胞癌」と「有棘細胞癌」の2種類がある皮膚がん 「皮膚癌」は発生部位等でいろいろな…
  3. 腎細胞がん
    発生率は女性の2~3倍といわれる腎細胞癌(がん) 腎臓は長さ約10cm、幅約5cm、厚さ約3c…
  4. 食道がん 初期症状
    腹部や首のリンパ節、さらには、肝臓、肺、骨などにも転移してしまうケースも 消化管の癌は、食物が…
  5. 脳腫瘍 祖父 言語障害
    私は「大腸がん」の宣告を受けました。 これは本当にラッキーだったのか、アンラッキーだったのか・…
  6. 癌 検診 体験談
    血液疾患の患者に造血幹細胞を移植して治療する方法 血液中の細胞には全身に酸素を運ぶ赤血球、体の…
  7. 大腸癌 症状 特徴
    治療法等が全く違う、「子宮頸癌」と「子宮体癌」に分類されます。 子宮という器官は、子供を宿し、…
  8. 大腸癌 症状 特徴
    泌尿器系の癌の中では前立腺癌に次いで2番目に多い癌。 膀胱は下腹部に位置している臓器で、腎臓で…
ページ上部へ戻る