肺癌 喫煙

20歳のときから毎日2箱~3箱ほど煙草を吸っておりました。

自分は去年の6月から12月にかけて、肺ガンになってしまいました。
自分はヘビースモーカーであり、20歳のときから毎日2箱~3箱ほど吸っておりました。

じぶんはむかしからですが、大病などをわずらったことがありません。
健康にはほんとうに自信があったのです。

それこそですが、一度交通事故に会ってしまい、車にはねられてしまったことなどもありますが、そのときなども擦り傷だけですみ、骨折などもいたしませんでした。
がんになったきっかけは自分は水泳を趣味としております。

泳いでいるときなどに胸の苦しみにきづいてしまい、病院に足を運び検査をうけました。

そのときに肺に腫瘍があるということがわかったのです。

幸い発見がまだ早く、がん細胞はまだ小さかったのです。

がんの治療法に関しては、放射線を当てて、がん細胞を破壊していくという治療を自分は受けさせていただきました。
自分は抗がん剤などを受ける覚悟でいたのですが、幸い発見がまだ早く、がん細胞はまだ小さかったのです。

ですが、自分は若いのでがん細胞の成長も早いから早めに対処をおこなっていこうと医師から言われて、治療を受けました。

がんとの付き合い方はできるだけ安静にしているということです。

趣味としている水泳なども自分ががんであることがわかるとすぐに中断をさせていただき、仕事なども鉄工所に勤務をしており、工場で勤務をしておりましたが、事務のほうへ引き上げていただきました。
じぶんが癌だと診断されたときの心境としては頭の中が真っ白になりました。

よくテレビやドキュメント番組でそういった心境をつづっている人がおりますが、まさにその通りでありました。

自分はもう死ぬのではないかとほんとうに絶望的になってしまったのです。
このことを家族などにもうちあけると家族も親身になって相談にのってくれ、自分の話をいろいろと聞いてくれました。

幸い、放射線治療でがん細胞が消滅をしてくれたので、現在では健康そのもので生活をおくっております。

ですが、再発の可能性もあるということで現在でも自分は定期的に病院に足を運び、医師に検査をしてもらっております。

まさかほんとうに自分が癌になってしまうとは思いませんでした。




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 宮川花子 胃がん
    宮川花子さんは、1988年10月末に胃癌を宣告されています。 宮川花子さんは、日本の夫婦漫才コ…
  2. 肝臓がん チェック項目
    特に上腹部のみぞおちに痛みを感じる「スキルス性胃がん」 胃がんは、胃の壁の最も内側にある粘膜内…
  3. 小橋建太
    現役で活躍されていた2006年に腎臓癌を患ったことを公表しています。 小橋健太さんは、19…
  4. 【要注意】癌になりやすい習慣や化学物質とは?【絶対に避けましょう】 欧米化する食生活、ストレス…
  5. ピロリ菌 胃癌
    ピロリ菌に感染していると胃がん生リスク増!!? ピロリ菌の正式名称は「ヘリコバクター・ピロリ」…
  6. 癌 手術
    ANK=ナチュラルキラー細胞でがんを治療 がん細胞を攻撃する免疫細胞にはがん細胞を異物と認識し…
  7. 大腸癌 症状 特徴
    治療法等が全く違う、「子宮頸癌」と「子宮体癌」に分類されます。 子宮という器官は、子供を宿し、…
  8. 手術 忌野清志郎 ガン 喉頭癌
    年間もの間、喉頭癌と闘った忌野清志郎さん 忌野清志郎さんは、1951年4月2日生まれでRCサク…
ページ上部へ戻る