大腸癌 症状 特徴

「子宮頸癌」の発生原因はHPV感染によるもの


女性に発生する癌として最も多いとされている「子宮癌」には「子宮頸癌」と「子宮体癌」の2種類があります。


その中の「子宮頸癌」は、子宮頸部と呼ばれる子宮の入り口に発生する癌です。
また、この「子宮頸癌」もさらに分類され、子宮頸部の表面を覆う扁平上皮細胞からできた「扁平上皮癌」と、粘液を分泌する腺細胞(せんさいぼう)からできた「腺癌」の2つに分けることができます。
現在発生している、ほとんどの「子宮頸癌」は「扁平上皮癌」なのですが、最近は「腺癌」も増加傾向にあり、「腺癌」は「扁平上皮癌」と比較すると治療が難しく、子宮頸癌検診でも発見しにくい癌といわれています。


HPVは性交渉で感染するので、「子宮頸癌」は遺伝等に関係ない


「子宮頸癌」の患者の90%以上からHPV(ヒトパピローマウイルス)が検出されることから、「子宮頸癌」の発生原因はHPV感染によるものとされています。
HPVは性交渉で感染するので、「子宮頸癌」は遺伝等に関係なく、性交経験がある女性なら誰でも発生する可能性のある癌といえます。


そのような癌のためか、近年では若い女性の発症率が増加しており、特に20歳代後半から30歳代の女性に関しては急増している状況で、20~30歳代の女性が発症する癌の中で「子宮頸癌」は1位となっています。






HPVは感染したとしても、症状のないうちに排除されてしまうケースが多いウイルス


排除されずに感染が継続すると、器官の一部に「子宮頸癌」や「子宮頸癌」の前がん病変が発生してしまうと考えられています。
複数の型があるHPVですが、その中の一部の型のHPV感染を予防できるワクチンが、最近使用可能となりました。


ただ、全ての型のHPV感染を防げるわけではないので、ワクチン接種後でも、定期的に検診を受けることが重要です。
また、その他では、喫煙も「子宮頸癌」の発生リスクを高める要因の一つとされています。


自分で自覚することはまず不可能です。


「子宮頸癌」は、その初期段階においては全く症状が無いケースがほとんどであるため、自分で自覚することはまず不可能です。
ある程度、癌が進行すると、月経時の血の量が増えたり、月経中でないときや性行為の際に出血したり、普段と違うおりものが増える等の症状が出てきます。


ただ、「子宮頸癌」は前がん状態(異形成)を経てから、癌化するので、正常でない細胞(異型細胞というがん細胞になる前の細胞)の状態を、癌細胞に進行してしまう前に細胞診という検査で見つけることが可能です。

したがって、症状が無くても検診を定期的に受けていれば、「子宮頸癌」を癌になる前の状態で見つけることができるので、特に症状が無い場合でも、20歳を超えたら、2年に1回は子宮癌検診を受けることが推奨されています

「子宮頸癌」では、癌の進行度を示すステージ分けが、他の癌と比較して、かなり細かく分類されています。



ステージⅠは癌が子宮頚部のみに限局しており、他の部位には広がっていない状態ですが、その癌の浸潤の程度や大きさによって細かく分類されます。
ステージⅡは癌が子宮頚部以外にも広がっているが、骨盤壁もしくは膣壁の下3分の1には達していない状態ですが、ステージⅠと同じく、その病変の程度と大きさで細かく分類されます。


ステージⅢはⅡよりさらに進行した状態、ステージⅣは積極的な治療は難しく、緩和ケア等に移った状態です。


そんな「子宮頸癌」の5年生存率はステージⅠで90.4%、ステージⅡで70.1%、ステージⅢで49.4%、ステージⅣで20.9%であり、他の全ての種類の癌と比較して、上回っている結果となっていますので、比較的治療しやすい癌であるといえます。
特にステージⅠの進行状態での生存率が90%を超えていることから、癌を早期発見できれば完治の可能性が高いといえるため、そのためにも検診を欠かさず受け続けることが大切となります。


「子宮頸癌」の治療法は?抗がん剤、手術?


「子宮頸癌」の治療法は、癌の進行具合やその発生部位、患者の年齢、合併症の有無等によって決定され、その主な治療法としては化学療法、手術療法、放射線治療があります。

ただ、癌の進行が初期の段階であれば、妊娠の希望を考慮した治療法を選択することもできます。

したがって、定期検診による癌の早期発見を心がけ、癌が発見されたとしても、早期であれば諦めずに積極的に治療を行うことが重要です。

子宮頸癌の症状を軽減、副作用を少しでも軽減するために



子宮頸癌の治療の場合、抗がん剤治療や外科手術を中心に受ける方が多いと思います。
また、手術後の再発防止や、症状を抑えるために抗がん剤の投与をされる方も多いのではないでしょうか。


特に抗がん剤の副作用には骨髄抑制をはじめ、吐き気やだるさ、免疫力の低下等、多種多様な副作用がありますが、その抗がん剤の副作用を少しでも軽減するためにおススメなのがシンゲンメディカル株式会社が発売している「全分子フコイダンエキス」です。


既に115万セットも爆売れしている商品で、ガン細胞抑制効果をもったDBグルコースを中心に、ガンの血管新生予防、抗がん剤の副作用抑制効果などを持った全分子フコダイン、アポトーシス誘導を持ったフコキサンチンを配合した独自成分が配合されています。


子宮頸癌になり、抗がん剤の副作用に悩んでいる方や、完治後の再発防止を希望したい方は是非ともチェックをしてみてください。


抗がん剤の副作用抑制効果等、信頼できる臨床試験結果も公開されているので必見です。










関連記事



おすすめ記事

  1. チェック 検査 セルフ
    1回ぐらい精密検査でも受けておこうか・・・アレ? それまでは健康診断すら受けたことのなかった私…
  2. 腎臓癌 小西博之
    2004年の年末に全身に転移する可能性のある、腎臓癌が発見されました。 小西博之さんは、195…
  3. 卵巣がん 初期症状
    私の姉は今から10年前、「子宮肉腫」というがんに罹患しました。 「肉腫」というのはがんの一種で…
  4. ピーコ ガン
    眼球のリンパ管に腫瘍が入り込んでしまえば、体中に転移してしまう危険性 ピーコさん(本名:杉浦克…
  5. 胃癌 症状 特徴
    症状が非常にわかりづらい!胃の粘膜にできた悪性腫瘍 「胃癌(胃がん)」は日本では、肺癌に次…
  6. アガリクス 効果 効能
    「太陽のキノコ」とも呼ばれる抗がん作用抜群のアガリクスとは?? 「アガリクス」とは、ハラタケ目…
  7. アガリクス_ヒメマツタケ
    しっかりとした科学的根拠があるキノコ「ヒメマツタケ」 日本癌学会、日本薬理学会をはじめ、各種機…
  8. 宮迫博之 スキルス性胃がん
    ステージ1A期の初期スキルス胃がんで胃を切除。再発は? 毎日テレビで見かけるほど大人気のお笑い…
ページ上部へ戻る