胆のう癌

胆のうと胆のう管から発生する悪性腫瘍

胆のうは、十二指腸と肝臓をつなぐ胆管の途中にある袋状の臓器であり、右上腹部に位置しています。
胆のうには、肝臓から分泌された胆汁という液体を貯めておく働きがあり、食後に胆汁を十二指腸に流して、食べ物を消化するという役割を果たしています。

「胆のう癌」は、この胆のうと胆のう管から発生する悪性腫瘍です。

男性の1.5~2倍も多く、女性に発生しやすい癌

日本で発生する、全悪性腫瘍の中で約1.6%を占めており、60歳代の女性に発生が多くみられ、その発生頻度は男性の1.5~2倍といわれています。

「胆のう癌」を発生した患者の約60%程度が胆石を合併で発症しているというデータがありますが、その一方で、もともと胆石を持っていた患者が「胆のう癌」を発生する確率は約1~2%程度であることから、現時点では「胆のう癌」と胆石の直接的な因果関係は証明されていない状況です。

「胆のう癌」の発生要因として「膵胆管合流異常」との関連性も指摘されています。

「膵胆管合流異常」とは、胆管が十二指腸に流れ込むところで膵管と合流するのですが、その合流において異常が発生している状態のことをいいます。
この「膵胆管合流異常」がある場合、刺激の強い膵液が胆管に常時逆流している状態となり、胆管に拡張がない場合には、その膵液が胆のうにたまってしまうので、「胆のう癌」ができやすい状況となってしまいます。

「胆のう癌」は初期段階では症状は無いため、早期発見が難しい癌となっています。

また、癌が進行しても、他の胆のうの病気である胆石発作や胆のう炎と似たような症状が現れてしまって、自身で判別するのは難しいケースも多いです。
その主な症状としては黄疸、腹痛(特に右側上腹部)、腹部腫瘤(右上腹部にしこりが現れる)等があります。

その中の黄疸では、白目や皮膚が黄色くなったり、尿の色が濃い茶色に近い色になったりします。
また、その影響により、皮膚がかゆくなったり、便が灰色や白っぽい色になることもあります。

さらに「胆のう癌」が進行していくと、便通異常(下痢や便秘)、みぞおち辺りの痛み、体重の急激な減少、背中の痛み等の症状が現れてくることがあります。

「胆のう癌」の5年生存率はステージⅠで・・・早期発見が難しい癌

「胆のう癌」の5年生存率はステージⅠで約90.1%、ステージⅡで約74%、ステージⅢで約41.9%、ステージⅣで約5.4~24.0%となっています。
ただ、「胆のう癌」は癌を手術によって摘出できるか、できないかによって大きく予後が変わってしまうため、この生存率の数字はあくまで目安と思っておいたほうが良いかもしれません。

実際、「胆のう癌」はは早期発見が難しい癌のため、医療機関で診断を受けた際には、脳転移や肺転移、リンパ節や肝臓転移等の遠隔転移を起こしており、手術が不可能な状態で発見されるケースも多くなっています。

「胆のう癌」の治療は・・・

「胆のう癌」の治療は、外科手術による手術療法、放射線療法、抗がん剤治療による化学療法が主に行なわれます。

「胆のう癌」は抗がん剤や放射線治療の効果があまり高くないという性質があるため、手術可能な早期の「胆のう癌」に対しては、外科手術が第一選択となりますが、癌の発生場所が悪い、癌が進行している等の状況により、手術不可能な場合には、抗がん剤や放射線治療を行うようになります。



脳転移が確認された場合には、抗がん剤が効かないので、放射線治療が第一選択となります。

また、痛みの軽減のために放射線治療を行うケースもあり、それは骨転移が確認された時となります。

手術不可能な場合、脳転移が無い場合は、抗がん剤治療が第一選択となりますが、抗がん剤治療は「胆のう癌」を完治させる治療ではなく、あくまで一時的にがんを縮小させたり、症状を緩和させるための治療であるため、この抗がん剤治療のみで、「胆のう癌」を完全克服するのは困難です。

そのため、転移や再発した「胆のう癌」を克服することは非常に難しいといわれています。

早期発見が何よりも大事

「胆のう癌」は前述のように、手術可能な状態での発見が治療の鍵であり、癌の進行が速く、再発率も高い癌であることから、早期発見が何よりも重要となります

したがって、40歳代くらいからは、人間ドックや健診等による腹部超音波検査を、年1回は必ず受けるようにしましょう。

胆のう癌の症状を軽減、副作用を少しでも軽減するために

胆のう癌の治療の場合、基本的には放射線治療がメインです。
とはいえ、手術不可能な場合、脳転移が無い場合は、抗がん剤治療を行ったり、癌の症状を抑えるために化学治療を行いケースが多くなっていきます。

特に前述のとおり、手術不可能な胆のう癌にとっては抗がん剤が療の要でもあるため、多くの卵巣がん患者の方が胆のう癌の副作用と闘っています。

また、手術後の再発防止や、症状を抑えるために抗がん剤の投与をされる方も多いのではないでしょうか。

特に抗がん剤の副作用には骨髄抑制をはじめ、吐き気やだるさ、免疫力の低下等、多種多様な副作用がありますが、その抗がん剤の副作用を少しでも軽減するためにおススメなのがシンゲンメディカル株式会社が発売している「全分子フコイダンエキス」です。

既に115万セットも爆売れしている商品で、ガン細胞抑制効果をもったDBグルコースを中心に、ガンの血管新生予防、抗がん剤の副作用抑制効果などを持った全分子フコダイン、アポトーシス誘導を持ったフコキサンチンを配合した独自成分が配合されています。

胆のう癌になり、抗がん剤の副作用に悩んでいる方や、完治後の再発防止を希望したい方は是非ともチェックをしてみてください。

抗がん剤の副作用抑制効果等、信頼できる臨床試験結果も公開されているので必見です。






関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 胃癌 症状 特徴
    「大腸癌」の患者は年間約6万人 「大腸癌」は、直腸・肛門・盲腸・結腸で構成される大腸(全長約2…
  2. 乳がん ブラジャー ヨーグルト
    日本人女性がかかる癌のなかで最も多いものが「乳がん」 乳房の乳腺組織に発生するがんを「乳がん」…
  3. セサミン 癌
    「セサミン」が大腸がんや肝臓がんに効果的であることは、既に確認されています。 ゴマは、古く…
  4. 海外セレブ ハリウッドスター
    癌を公表した外国人、ガンで死去した海外の芸能人、有名人達 映画や海外ドラマを中心に活躍するハリ…
  5. 皮膚がん ホクロ 
    大きく「基底細胞癌」と「有棘細胞癌」の2種類がある皮膚がん 「皮膚癌」は発生部位等でいろいろな…
  6. 直腸がん 検査 費用
    かつては不治の病とされていた白血病だが現代では治療可能 「白血病」は、骨髄の中にある造血幹細胞…
  7. 癌 手術
    ANK=ナチュラルキラー細胞でがんを治療 がん細胞を攻撃する免疫細胞にはがん細胞を異物と認識し…
  8. 腎臓癌 小西博之
    2004年の年末に全身に転移する可能性のある、腎臓癌が発見されました。 小西博之さんは、195…
ページ上部へ戻る