肺がん 初期症状 チェック項目

肺がんの早期発見はとっても重要です。

「肺がん」は、肺胞の細胞、気管、気管支が様々な原因によってがん化したものであり、肺に起きるがんの事はもちろんのこと、肺から発生するがん全般のことも指しています。
「肺がん」の生存率はステージによって異なりますが、比較的軽症であるステージⅠでの5年実測生存率は、約72%になっています。ただ、ステージⅡでは生存率が約38%と大きく下がってしまい、ステージⅢで約19%、ステージⅣで約4.3%と低い数値となっていってしまっており、他のがんと比較しても、「肺がん」は非常に生存率の低いがんであるといえます

生存率を上げるためには、がんの早期発見が重要であり、そのためには「肺がん」の初期症状を正しく把握しておく必要があります。

しかし、肺がん」ははっきりとした初期症状が出にくい病気

ただ、「肺がん」ははっきりとした初期症状が出にくい病気であるため、早期発見には自分の身体の小さな異変にも気が付く注意力が必要となります。
「肺がん」の初期症状として「血痰」(痰の中に血が混じっている)がありますが、「血痰」は肺だけでなく、気管支・気管・粘膜や喉の炎症等によっても発生する場合があります。

したがって、「血痰」のみの症状が発生した場合は、「肺がん」よりも、気管支炎、肺結核、気管支拡張、風邪や肺炎等の他の病気と診断されるケースが多くなっています。

「肺がん」による「血痰」は血の塊のような「血痰」ではなく、痰の中に細い血が混じる程度のことが多く、さらに「血痰」以外の他の症状も併発することが多いようです。

「息切れを感じるほど咳がひどい」、「空咳が1ヵ月以上続く」は要注意!!

「肺がん」のその他の初期症状としては、「息切れを感じるほど咳がひどい」、「空咳が1ヵ月以上続く」等の症状があります。
咳が長く続くと喉や粘膜が炎症して、その影響により「血痰」が発生することもあるので、この3つの症状が併発した場合には、「肺がん」の疑いが非常に強くなります。

風邪でもないのに、息切れを感じるほどの咳が出たり、咳が長く続くときは、速やかに専門の医療機関を受診するようにしましょう。



また、肺に腫瘍ができると、「胸の痛み」が続く場合がありますので、いつもと違う「胸の痛み」を感じた場合は注意が必要です。
さらに、「肺がん」の影響により、気管支炎や肺炎を起こしやすくなっているので、食べ物が飲み込みにくい、うまく呼吸ができない等の症状が長く続いた場合でも、「肺がん」である疑いが強くなります。

その他の「肺がん」が疑われる症状としては、「声が枯れる」、「喘鳴」、「背中の痛み」等があります。これらの症状が長く続いている場合でも、速やかに専門の医療機関を受診するようにしましょう。

長く続く空咳や、痰の量の増加、胸の痛みがあれば速やかに専門の医療機関へ。

「肺がん」の初期症状では、前述のとおり、咳や痰等が出ることから、風邪の症状とよく似ているという特徴があります。
そのため、風邪だと思い込んでしまい「安静にしていれば自然に治る」と判断してしまうことで、「肺がん」の発見が遅れてしまうというケースも少なくありません。

長く続く空咳や、痰の量の増加、胸の痛み等、いつもの風邪の症状と違うということを少しでも実感した場合は、速やかに専門の医療機関を受診することをおすすめします。




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 精巣ガン 検査
    身体全体の部位で「悪性リンパ腫」が発生する可能性があるといえます。 人間の血液中には、出血を止…
  2. わかめ フコダイン 抗がん物質
    「ワカメ」のぬるぬる成分「フコイダン」は自然界最強?の抗がん物質 「ワカメ」は「海の野菜」とも…
  3. 飲酒 癌 原因
    癌を予防できる飲料は?健康維持の為にお勧めできる飲み物一覧【まとめ】 人間の90%は水分から出…
  4. 大腸がん 検査方法 費用
    日本において、癌の罹患率は高齢化とともに上昇を続けています。 そのため、現在では、日本人の2人…
  5. 前立腺がん チェック 初期症状
    日本人男性の死亡者数がもっとも多いガンのランキング紹介 現在、日本人の死因の第1位はが…
  6. 脳腫瘍 祖父 言語障害
    数年前父がガンを患う前、父子家庭で二人暮らしていた私はまだ17歳でした。 父は明るく、そして時…
  7. 胆道癌 手術 検査
    新たに臨床試験が試みられている先進医療として研究される免疫チェックポイント阻害剤 がんは2人に…
  8. p53誘導体
    臨床試験データに基づいたガンに良いとされる有効成分「p53誘導体」 全分子フコダイン、DBグル…
ページ上部へ戻る