陰茎癌

「潰瘍浸潤型」と「乳頭状増殖型」の2つに分類

「陰茎癌」は人口10万人あたりの死亡率が約0.1%という、非常に稀な癌となっています。
日本は欧米と比較して罹患率が低い傾向にあり、年齢別に見ると、高齢の60~80歳代での発症が多く、65~70歳が発症年齢のピークとなっています。

「陰茎癌」は亀頭に多く発生する癌で、陰茎部悪性腫瘍の一種であり、「扁平上皮癌」とも呼ばれています。

この腫瘍は「潰瘍浸潤型」と「乳頭状増殖型」の2つに分類されます。

「乳頭状増殖型」はカリフラワーのように陰茎の外側に発生し、「潰瘍浸潤型」は、陰茎の内側に潰瘍や硬化状態を作ってしまうため、排尿が困難となってしまいます。

不衛生な環境が「陰茎癌」の発生リスクを高めている原因

「陰茎癌」は包茎の人に多く発生し、新生児期に包皮切除を行う習慣のある地域では発生率が低いというデータがあります。

このことより、恥垢の蓄積などの生殖器の不衛生な環境が「陰茎癌」の発生リスクを高めていると考えられています。

HPV(ヒトパピローマウイルス)感染も、「陰茎癌」発生リスクの要因の1つ

また、「陰茎癌」の夫を持つ女性に子宮頸癌発生のリスクが高いこと、性感染症や性的パートナーが多いことが発生リスクを高めていること等からHPV(ヒトパピローマウイルス)感染も、「陰茎癌」発生リスクの要因の1つに挙げられています。



「陰茎癌」は初期段階では無症状であることがほとんど

特に痛みが出るということもないため、発見が遅れるケースが多くなっています。
癌が進行してくると、前述のような排尿困難の症状が現れ、癌が大きくなってくると潰瘍を形成したり、癌自体が崩れてしまって出血するという症状が出ることもあります

また、大腿の付け根の部分に「鼠径部」と呼ばれるリンパ節がありますが、「陰茎癌」はそのリンパ節に転移しやすいため、癌が進行するとそのリンパ節がかたく腫れたり、しこりができてきたりするようになります。

そのような症状によって、リンパの流れが悪くなると、足のむくみが現れることもあります。

ステージⅣ期では予後が大変厳しい状況

「陰茎癌」の進行度を示す病期の分類は、癌が亀頭部のみ、もしくは陰茎の皮膚のみに限局している状態をⅠ期、癌が亀頭部を越えて広がっているが、転移はない状態をⅡ期、「鼠径部」のリンパ節に転移がある状態をⅢ期、「鼠径部」を越えて骨盤内のリンパ節に転移がある、もしくは他の臓器に転移がある状態をⅣ期としています。

そんな「陰茎癌」の5年生存率は、癌が限局性である場合、ステージI、II期において約90%、Ⅲ期では約30%、Ⅳ期では予後が大変厳しい状況となります。

「陰茎癌」の治療法としては、

外科手術、化学療法、放射線療法という癌の三大療法が基本となります。
癌がステージⅠ~Ⅲの状態であれば、手術可能であるため、鼠径部リンパ節郭清と癌病巣の切除を行い、場合によっては骨盤部のリンパ節も摘除する場合もあります。

また、陰茎を根元から切断し、尿の出口を会陰部にもってくるケースもあり、それでなくとも、病変部から最低2cmは離して切断等を行うため、陰茎はどうしても短くなります。

手術後、そのままの状態では性交が難しくなってしまうため、人工陰茎を形成外科的な手法で形成する手術を行うこともあります

比較的初期の「陰茎癌」には放射線療法が行なわれ、ステージⅠ期では手術と治療成績がほとんど変わらないこと、陰茎の形をある程度保てるというのが利点となっています。

ただ、治療後に尿道の狭窄や陰茎の変形をきたすことがあること、ステージⅡ期以降では治癒確率が手術と比較して落ちること等がデメリットとして挙げられます。

転移が確認される「陰茎癌」には化学療法(抗がん剤)が行なわれますが、ステージⅡ、Ⅲ期の手術の前後に化学療法を併用して、手術の治療成績の向上を狙う試みも近年行われています。

包茎の人に多く発生するというデータはあるため、陰茎や包皮を清潔に保つことは重要

「陰茎癌」の原因はまだ特定できていないため、確立された予防法は特にないのが現状ですが、前述のような包茎の人に多く発生するというデータはあるため、陰茎や包皮を清潔に保つことは重要となります。

また「陰茎癌」は発生する場所が場所なだけに、医療機関への受診が遅れてしまう危険がありますので、陰茎におでき等の異常を発見した際には放置せず、早急に医師の診察を受けるようにしましょう。

陰茎癌の症状を軽減、副作用を少しでも軽減するために

転移が確認される「陰茎癌」には化学療法である抗がん剤治療が行われることがほとんどです。
陰茎癌の治療の為、抗がん剤を使用するもその副作用で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

このように抗がん剤の副作用には骨髄抑制をはじめ、吐き気やだるさ、免疫力の低下等、多種多様な副作用がありますが、その抗がん剤の副作用を少しでも軽減するためにおススメなのがシンゲンメディカル株式会社が発売している「全分子フコイダンエキス」です。

既に115万セットも爆売れしている商品で、ガン細胞抑制効果をもったDBグルコースを中心に、ガンの血管新生予防、抗がん剤の副作用抑制効果などを持った全分子フコダイン、アポトーシス誘導を持ったフコキサンチンを配合した独自成分が配合されています。

陰茎癌になり、抗がん剤の副作用に悩んでいる方や、完治後の再発防止を希望したい方は是非ともチェックをしてみてください。

抗がん剤の副作用抑制効果等、信頼できる臨床試験結果も公開されているので必見です。






関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. チェック 検査 セルフ
    人間の骨に発生する悪性の腫瘍のことを「悪性骨腫瘍」といいます。 人間の骨に発生する悪性の腫瘍の…
  2. ピーコ ガン
    眼球のリンパ管に腫瘍が入り込んでしまえば、体中に転移してしまう危険性 ピーコさん(本名:杉浦克…
  3. ピロリ菌は比較的新しく発見された菌であり、胃に常駐しています。 ピロリ菌は、最悪の場合は胃がん…
  4. 精巣ガン 検査
    私は3年前に肺癌になった事があります。 最初は自覚症状が無かったのですが、だんだんと胸部の辺り…
  5. スティーブ・ジョブズ すい臓がん
    スティーブ・ジョブズさんは、2011年10月5日にすい臓がんで死去しています。 スティーブ・ジ…
  6. 小橋建太
    現役で活躍されていた2006年に腎臓癌を患ったことを公表しています。 小橋健太さんは、19…
  7. 抗がん剤 治療 副作用
    私のがんは、「小葉(しょうよう)がん」です。 43歳で乳がんになりました。 私のがんは、「小…
  8. 大腸癌 祖母
    「転移性脳腫瘍」と「原発性脳腫瘍」に分類することができる脳腫瘍 人間の脳は頭蓋骨に覆われていて…
ページ上部へ戻る