直腸がん 検査 費用

早期のリスク判定が可能なG-TACがん検査




経済産業大臣賞受賞のがん検査

胃癌や肺癌、子宮癌や乳癌等々、ほぼ全ての癌の治療において最も重要なのは「早期発見」であることはご存じのとおり。

しかし、従来のCTスキャンやMRI検査や超音波検査では癌が比較的大きくなった状態で発見可能になるため、手遅れになることも。

そこで新しく世に出てきたのがPET検査です。

腫瘍マーカーを検査することで早期に癌をスクリーニングすることが出来、更に癌の早期発見が可能になったのです。

更に超早期発見が可能になった「G-TACがん検査」

しかし、更なる早期発見を可能にした最新の検査が世に出てきました。
その名は「G-TACがん検査」と言われるものです。

この検査はがんの細胞が大きくなる前の血中物質および遺伝子レベルの生体の反応を調べているため、より早期の判定が可能です。

ゲノムレベルの生体反応を検査し、しかも血中物質で判定するため非常に簡単に検査できてしまうのが特徴なんです。

超早期発見が出来、しかも簡単に検査できてしまうので今後の癌検査のスタンダードになるのが「G-TACがん検査」と言えるでしょう。

2倍以上の高いがんリスク発見率

そんな「G-TACがん検査」ですが、いくら早期の判定が可能になっても、手軽だとしても肝心の精度が低かったら意味がありませんよね。

しかしそこは安心してください。
「G-TACがん検査」はなんと、一般で使用されている腫瘍マーカーより2倍以上の高いがんリスク発見率を誇っているのです。

通常の腫瘍マーカーにおける感度が3割程度とされるに際して、「G-TACがん検査」はなんとは90%程度の感度を誇っており、まさに高感度の信頼できる癌検査と言えるのです。




経済産業大臣賞受賞のがん検査

36種類のがんの「遺伝的ながんの発症リスク」を判定

「G-TACがん検査」はゲノムレベルの生体反応を検査するものであり、遺伝子レベルでの検査をするのが特徴です。

「G-TACがん検査」をすることで、ガンの発見だけではなく、将来的ながんを含めた病気のなりやすさ、かかりやすさを知ることができます。

しかもその検査範囲は非常に広く、実に144の遺伝子を見ることで、36のがんの「遺伝的ながんの発症リスク」を判定することができます。

検査だけでは終わらない、医師からの対応策まで含む「G-TACがん検査」

検査結果は2週間から1か月後に、再度受検施設を訪れ、しっかりと専門の医師から結果及びその後の対応について説明があります。

万が一、何かしらの発見があり、精密検査や入院治療、手術が必要になった場合には速やかに関連のご紹介できる体制が整っているので安心ですね。

このように、「G-TACがん検査」によって、自分の遺伝子型=個性を把握した後、気をつけるべき生活習慣を担当の医師と共に一緒に見直すことが可能となっています。

また、遺伝子検査を行うので、生活習慣病やアルツハイマー型認知症などの疾患リスクを知ることができる「G-TACがん検査」もあり、自身の総合的な疾患リスクを知ることが出来可能であり、いわば「G-TACがん検査」は単純な癌検査の枠を超えた予防医学の一種と言えるのです。

病気になってから治すのではなく、病気になる前にその原因を排除していくことで健康的な人生を歩んでみてはいかがでしょうか。




経済産業大臣賞受賞のがん検査



関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. アガリクス_ヒメマツタケ
    しっかりとした科学的根拠があるキノコ「ヒメマツタケ」 日本癌学会、日本薬理学会をはじめ、各種機…
  2. ブロリコ飲んでみました。
    これからブロリコを購入しようとしている方へ。 加齢による免疫力の低下を防ぎ、高めてくれる成分と…
  3. 抗がん剤 治療 副作用
    私のがんは、「小葉(しょうよう)がん」です。 43歳で乳がんになりました。 私のがんは、「小…
  4. 口腔癌
    30年前と比較すると「口腔癌」患者は約3倍に増加中 口の中全体のことを口腔といい、ここに発生し…
  5. 直腸がん 検査 費用
    かつては不治の病とされていた白血病だが現代では治療可能 「白血病」は、骨髄の中にある造血幹細胞…
  6. 胆のう癌
    胆のうと胆のう管から発生する悪性腫瘍 胆のうは、十二指腸と肝臓をつなぐ胆管の途中にある袋状の臓…
  7. 肺がん 症状 特徴
    肺の気管、気管支、肺胞の一部の細胞が様々な要因によって癌細胞化 「肺癌」は肺に発生する悪性腫瘍…
  8. 前立腺がん
    40台未満の罹患が全罹患数の約3分の2を占める精巣癌(がん) 精巣は睾丸とも呼ばれている、男性…
ページ上部へ戻る