ホルモン剤 太る 副作用

ホルモンの分泌を抑え、ガンを縮小させるホルモン剤

人間の身体を整えるホルモン分泌。
ホルモンというものは実は、女性ホルモンと男性ホルモンの様に反対の作用を持っているものがあります。

例えば女性ホルモンの分泌を抑えるためには反対の作用を持つ男性ホルモンが用いられるのです。

そして、ガン細胞の増殖には特定のホルモンが関係しています。
そう、ガン細胞の増殖を促進するホルモンがあるならば、反対の作用を持つホルモンを用いればいいのです

特に乳がんの治療には非常に有用とされています。

そんなホルモン剤ですが、歴史は抗がん剤の中でも非常に古い歴史を持っています。
ガンを攻撃したりするような強い効果ではなく、ガンの増殖を抑えていくという比較的弱めの効果とはいえ、補って余りあるほどの「副作用が少ない」というメリットがあります。

このため、現在でも他の治療法と併用してホルモン剤を用いる事が多くなっています

【まとめ一覧】ホルモン剤の種類

リュープロレリン(リュープリン)
>>性腺刺激ホルモンのLH-RHによく似た構造を持っているホルモン剤

メピチオスタン(チオデロン)
>>抗エストロゲン作用、アンドロゲン作用、アナボリックステロイド作用を持つホルモン剤

メドロキシプロゲステロン
>>代表的な合成黄体ホルモン薬

メチルテストステロン(エナルモン、エネルファ)
>>男性ホルモンであるテストステロンにメチル基を結合させたホルモン薬

ミトタン(オペプリム)
>>副腎皮質から発生したガンを縮小させたり、クッシング症候群に対するホルモン薬

ホスフェストロール(ホンバン)
>>副男性ホルモンであるアンドロゲンの作用を抑える働きのホルモン薬

プレドニゾロン(プレドニソロン、ブレドニン、プレドハンほか)
>>合成副腎皮質ホルモン製剤で、コルチゾールから作製されているホルモン薬

フルタミド(オダイン、フルタミド、フルタメルク)
>>男性ホルモンの働きを制御する薬

乳がんの治療に効果があるのはなぜ?

前述のとおり、ホルモンというものは反対の作用を持っている対のホルモンがある場合があります。

そして、乳がんが発生する大きな原因に女性ホルモンのエストロゲンの分泌が挙げられます。

そう、乳がんの原因である女性ホルモンのエストロゲンの分泌を抑えるために反対の作用を持つ男性ホルモンを用いるのです。

いわば「相殺」ですね。

比較的副作用の少ないホルモン剤ですが注意しましょう

ホルモン剤はガンの病状を改善し、ガン細胞の増殖を停止させたり遅らせることができるという効果が主です。

前述のとおり、他の抗がん剤のように細胞膜を破壊したり、DNA分裂を妨害したりというような強い効果がないのがホルモン剤であり、他の健康的な細胞まで傷つく・・・という事は稀です。

このため、ホルモン剤は比較的副作用の少ない抗がん剤と言えます。

しかし、油断は禁物。

ホルモンを用いるため、身体のホルモンバランスが崩れ、更年期障害等の副作用が発生する場合もあります。



また、体質によっては

  • 頭痛
  • 倦怠感
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 食欲不振 etc…

等の副作用が発生することもあります。

また、非常にまれですが血栓症や心臓障害等の副作用の発生も確認されています。

副作用が軽度とはいえ、服用前には必ず担当医師にしっかりと副作用について納得するまで説明を受けるようにしましょう。
知らなかった・・・では済まされないのが副作用であり、必ず頭に入れてリスクを認識しておいてください。

ホルモン剤の副作用を少しでも軽減するために

前述のとおり、ホルモン剤は軽度とはいえ副作用はあります。

更にはホルモンバランスの乱れからくる様々な症状に加え、頭痛、倦怠感、下痢等の副作用があります。

また、ホルモン剤は同時に他の抗がん剤と併用される場合も多く、そっちの副作用に悩まされる方も多いのではないでしょうか。

その抗がん剤の副作用を少しでも軽減するためにおススメなのがシンゲンメディカル株式会社が発売している「全分子フコイダンエキス」です。

既に115万セットも爆売れしている商品で、ガン細胞抑制効果をもったDBグルコースを中心に、ガンの血管新生予防、抗がん剤の副作用抑制効果などを持った全分子フコダイン、アポトーシス誘導を持ったフコキサンチンを配合した独自成分が配合されています。

副作用に悩んでいる方は是非ともチェックをしてみてください。

抗がん剤の副作用抑制効果等、信頼できる臨床試験結果も公開されているので必見です。




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 川島なお美 ガン
    川島なお美さんは最初に癌の診断を受けてから2年後に亡くなっています。 川島なお美さん(1960…
  2. 健康診断 定期検診
    卵巣嚢腫ではないかと疑って検査をしたら・・・ 私の姉は38歳の時に卵巣がんになりました。2人目…
  3. 煙草 ピロリ菌 お酒
    ピロリ菌の除菌治療中には、タバコとコーヒーも控えるべき!? ピロリ菌の除菌の成功率は、一次除菌…
  4. アルキル化剤 分類 副作用
    【まとめ】抗がん剤とは?効果や副作用、種類一覧 癌の治療には外科手術から免疫療法、食事療法、運…
  5. 肺がん 症状 特徴
    肺の気管、気管支、肺胞の一部の細胞が様々な要因によって癌細胞化 「肺癌」は肺に発生する悪性腫瘍…
  6. 手術 忌野清志郎 ガン 喉頭癌
    年間もの間、喉頭癌と闘った忌野清志郎さん 忌野清志郎さんは、1951年4月2日生まれでRCサク…
  7. 霊芝 癌 効果効能
    「夢のがん制圧剤」とも言われる霊芝 「霊芝」とは、マンネンタケ科に属するキノコの中国名であり、…
  8. liver
    「沈黙の臓器」である肝臓に発生する癌 肝臓は、約3000億個以上の肝細胞が集まってできており、…
ページ上部へ戻る