分子標的治療薬 副作用 費用

最新医療技術が可能した新時代の抗がん剤「分子標的治療薬」


世界中の医師たち、研究者たちが日々研究を重ね、癌治療の世界は日進月歩です。
特に最近では分子生物学の発達により、分子レベルで「ガン細胞だけに効く」という抗がん剤「分子標的治療薬」が開発されました。


ガン細胞に見られる特徴的な成分(特殊な酵素・タンパク質等)を文字通り「標的」にするというわけです。


世の中には多くのガン治療薬や抗がん剤があります。
非常に強い効果を持つものも多いのですが、どの治療薬も最大のデメリットである「健康的な細胞まで攻撃してしまう」事が避けられなったのです。


ガン細胞を攻撃するのに健康的な細胞まで攻撃してしまう為、重度の副作用が発生してしまうのです。

この「健康的な細胞まで攻撃してしまう」最大のデメリットを軽減したのが「分子標的治療薬」と言えます。


遺伝子が変異した癌細胞だけに現れる特殊な分子を標的に



分子標的治療薬がガン細胞だけに効く作用を持っているのには大きな理由があります。

それは癌細胞だけに現れる特殊な分子があるからです。
健康な細胞が何かしらの要因で遺伝子が変異してしまい、ガン細胞になった際に特殊な分子(酵素やタンパク分子)を発生します。


この分子の発見が分子標的治療薬の開発のスタートと言えるでしょう。


副作用がないわけではないので要注意!



分子レベルで「ガン細胞だけに効く」のが分子標的治療薬の特徴でした・・・・が、実は完全にガン細胞だけに効くわけではない事がわかってきました。


とはいえ、従来のがんの治療薬に比べると、より患者さんの負担が少なくなっているのは事実であり、今後の研究によって更なる副作用の低下が見込めることでしょう。


このような研究が進めば重度の副作用で悩む方々が減るのはもちろんの事、長期入院を余儀なくされる方が在宅で治療可能になったりと、癌治療そのものの大きな進歩が見込めますね。


今までなかったタイプの副作用が現れるケースも

そんな分子標的治療薬ですが、今までなかったタイプの副作用が現れるケースも確認されているそうです。

特に皮膚に現れる症状が多く報告されているそうです。

しかし、医師によっては皮膚に症状が現れる事は「薬が効いている証拠」と捉えうる方もいます。

分子標的治療薬を服用後には皮膚に症状が現れた場合は、必ず担当医師に報告して経過をよく観察するようにしましょう。


分子標的治療薬の副作用を少しでも軽減するために


分子標的治療薬は副作用の少ない抗がん剤として注目を浴びていますが、前述のとおりで副作用が発生する場合もあります。


また、癌というものは完治後も再発防止のため苦労される方もいますよね。


その抗がん剤の副作用を少しでも軽減するため、また、ガンの再発防止におススメなのがシンゲンメディカル株式会社が発売している「全分子フコイダンエキス」です。


既に115万セットも爆売れしている商品で、ガン細胞抑制効果をもったDBグルコースを中心に、ガンの血管新生予防、抗がん剤の副作用抑制効果などを持った全分子フコダイン、アポトーシス誘導を持ったフコキサンチンを配合した独自成分が配合されています。


副作用に悩んでいる方は是非ともチェックをしてみてください。


抗がん剤の副作用抑制効果等、信頼できる臨床試験結果も公開されているので必見です。

【まとめ】分子標的薬一覧


リツキシマブ(リツキサン)
>>世界でベストセラーの抗がん剤

トラスツズマブ(ハーセプチン)
>>HER2蛋白に特異的に結合する事で抗腫瘍効果を発揮

タミバロテン(アムノレイク)
>>耐性急性前骨髄球性白血病に用いられる経口剤

ダサチニブ(スプリセル)
>>複数の細胞増殖に関係する酵素の働きを阻害する

トレチノイン(ベサノイド)
>>人間の体内に入ると細胞の遺伝子核に入り込む

セツキシマブ(アービタックス)
>>転移性大腸がん、EGFRの発現を伴わない頭頸部がんの治療

ゲムツズマブオゾガマイシン(マイロターグ)
>>抗体薬物複合体の1つで、主に急性骨髄性白血病の治療に使用

ゲフィチニブ(イレッサ)
>>手術不能となってしまった非小細胞肺がんに対する治療薬

イブリツモマブチウキセタン(ゼヴァリン)
>>骨髄増殖性疾患等に使われる分子標的薬

ソラフェニブ(ネクサバール)
>>腎がん・肝細胞がんの治療に用いられる分子標的薬

エルロチニブ(タルセバ)
>>膵臓がんもしくは、切除不能又は再発した非小細胞肺がんに用いる分子標的薬

ボルテゾミブ(ベルケイド)
>>形質細胞性骨髄腫や多発性骨髄腫の治療に使用される分子標的薬

イマチニブ(グリベック)
>>Bcr-Ablを標的とした分子標的治療薬

エベロリムス(アフィニトール)
>>免疫抑制剤としての使用及び、腎細胞がん治療薬としても有用な分子標的薬

ラパチニブ(タイケルブ)
>>手術不能乳がんまたは再発乳がんに対し使用される分子標的薬








関連記事



おすすめ記事

  1. 胃がん ステージ3
    ガンと付き合い始めて2年目。若い頃の悪事の報い?? 悪い予感というのは当たるんですかね。 今…
  2. 胆道癌 手術 検査
    80才を目の前にした母が胆のうガンの疑いと手術という現実を聞かされ 2人に1人がガンになる現代…
  3. 卵巣がん 初期症状
    「卵巣がん」には「沈黙の臓器(サイレントキラー)」という別名がついているほど。 卵巣は卵子を放…
  4. 乳癌
    約半世紀で死亡者が約5倍に増加した乳癌(乳がん) 「乳癌」とは、乳房組織に発生する癌腫で、乳房…
  5. 胆のう癌
    胆のうと胆のう管から発生する悪性腫瘍 胆のうは、十二指腸と肝臓をつなぐ胆管の途中にある袋状の臓…
  6. フコキサンチン
    超貴重成分!アポトーシス誘導を促すフコキサンチンとは? 最近、癌業界や健康業界で大いに聞くよう…
  7. 胃癌 チェック項目 初期症状
    初期症状がわかりにくいため、早期の発見が難しい胃癌 「胃がん」は肺がんに次いで、日本で2番目に…
  8. 卵巣がん 初期症状
    私の姉は今から10年前、「子宮肉腫」というがんに罹患しました。 「肉腫」というのはがんの一種で…
ページ上部へ戻る