代謝拮抗剤 分類 副作用

【まとめ一覧】癌細胞の分裂を阻止する代謝拮抗剤。


現代のがん治療薬の代名詞である「代謝拮抗剤」。
ガン治療の長い歴史の中、非常に古い時代から用いられ、いまなお高い効果があるとして、現代のがん治療薬のベーシックなものとして非常に有名ですね。

しかし、最近では強い副作用がない、比較的副作用の少ない抗がん剤が世に出てきました。
今では古くからある抗がん剤と、最新の抗がん剤を合わせて服用することで治療を行うようになっています。

だからこそ、治療前にはしっかりと抗がん剤の種類について学んでいく必要があります。

今回はそんな抗がん剤「代謝拮抗剤」についてご紹介していきます。


ガン細胞の増殖に必要なエネルギー源の吸収を阻害する効果


代謝拮抗剤の最大の効果が「ガン細胞の増殖抑制」です。

ガン細胞はもとより、健康的な細胞を含め、すべての細胞は成長の為に核酸(プリン塩基、ピリミジン塩基)や葉酸などのエネルギー源を必要とします。


特にガン細胞は通常の細胞より細胞分裂・増殖が活発で非常に多くののエネルギー源を必要としています。


ガン患者の方がどんどん痩せていくのは、食事でとったエネルギーを、健康な細胞が吸収するよりも、ガン細胞が早いスピードでどんどん吸収していくからなんです。


そこで代謝拮抗剤の効能が大いに働くのです。


代謝拮抗剤は「核酸・葉酸と似た物質でがん細胞に間違って取り込ませる」効果があるのです。


ガン細胞が増殖するために核酸・葉酸を吸収したと思ったら、実は全く栄養にならないニセモノだった・・・というわけです。


栄養源が無くなるのですから結果として「ガン細胞の増殖抑制」に繋がるんですね。

【まとめ一覧】代謝拮抗剤


メトトレキサート(メソトレキセート)
>>急性および慢性白血病等に使用される代謝拮抗剤

メルカプトプリン(ロイケリン)
>>急急性リンパ性白血病の寛解後に使われる代謝拮抗剤

ペメトレキセド(アリムタ)
>>分子構造のよく似た葉酸の代謝を阻害することで細胞に損害を与える葉酸代謝拮抗剤

ペントスタチン(コホリン)
>>多くのリンパ系の腫瘍に効果がある代謝拮抗剤

フルダラビン(フルダラ)
>>多く血病やリンパ腫等の血液腫瘍の治療に用いられる代謝拮抗剤

フルオロウラシル(5-FU、カルゾナール、ベンナン、ルナコール、ルナボン)
>>多主に大腸がんの化学療法において中心的な役割を果たす抗がん剤

ヒドロキシカルバミド(ハイドレア)
>>白血病やメラノーマの治療に使用されてきた抗がん剤

ネララビン(アラノンジー)
>>再発または難治性のT細胞急性リンパ性白血病に使用されてきた抗がん剤

ドキシフルリジン(フルツロン)
>>日本では、胃がん、結腸・直腸がん、乳がんの治療薬として1987年に承認された抗がん剤

テガフール・ウラシル(ユーエフティ)
>>頭頸部がんや消化器系のがんに広く使用されている抗がん剤

テガフール(アチロン、アフトフール、テフシール、フトラフール、ルナシン)
>>代謝拮抗剤に分類されるフルオロウラシル系の抗がん剤

シタラビンオクホスファート(スタラシド)
>>骨髄性異形成症候群や急性骨髄性白血病に対する治療に適した抗がん剤

シタラビン(キロサイド)
>>代謝拮抗薬の中でもピリミジン拮抗薬に分類される抗がん剤

クラドリビン(ロイスタチン)
>>リンパ系腫瘍に治療効果のある抗がん剤

カルモフール(ミフロール)
>>大腸がん、胃がん、乳がんに対する有効性がある代謝拮抗薬

エノシタビン(サンラビン)
>>急性白血病の治療に使用される代謝拮抗薬

ゲムシタビン(ジェムザール)
>>がん細胞を自死(アポトーシス)に導く抗がん剤

テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム(TS-1)
>>胃がん、大腸がん(結腸・直腸がん)、頭頸部がん、非小細胞肺がん、乳がん、膵がん、胆道がんと幅広いがんに対して適応となっている薬剤



比較的軽度な代謝拮抗剤の副作用


副作用が強いとされるアルキル化剤と比較しても軽度な副作用も代謝拮抗剤の大きな魅力ですね。


というのも、アルキル化剤のようにDNA自体に異常を発生させるような効果ではなく、単にDNAの栄養補給を妨げるだけだからです。


とはいっても、副作用はもちろん存在します。

  • 口内炎
  • 脱毛
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 骨髄抑制
  • 肝障害
  • 腎障害
  • 脱毛

等の副作用が確認されています。

軽度とはいえ、症状によっては重症化する場合もあり得るため、必ず服用前に担当医師から副作用について、納得するまで説明を受けるようにしましょう。


代謝拮抗剤の副作用を少しでも軽減するために


代謝拮抗剤は他の抗がん剤と比較して軽度の副作用が特徴とはいえ、副作用は副作用、しっかりと対処、対応していく必要があります。


口内炎や脱毛、嘔吐をはじめ、吐き気やだるさ、免疫力の低下等、多種多様な副作用がありますが、その代謝拮抗剤の副作用を少しでも軽減するためにおススメなのがシンゲンメディカル株式会社が発売している「全分子フコイダンエキス」です。


既に115万セットも爆売れしている商品で、ガン細胞抑制効果をもったDBグルコースを中心に、ガンの血管新生予防、抗がん剤の副作用抑制効果などを持った全分子フコダイン、アポトーシス誘導を持ったフコキサンチンを配合した独自成分が配合されています。


副作用に悩んでいる方は是非ともチェックをしてみてください。


抗がん剤の副作用抑制効果等、信頼できる臨床試験結果も公開されているので必見です。













関連記事



おすすめ記事

  1. 胃癌 症状 特徴
    「大腸癌」の患者は年間約6万人 「大腸癌」は、直腸・肛門・盲腸・結腸で構成される大腸(全長約2…
  2. チェック 検査 セルフ
    通常の癌検診では、食道癌発見できませんでした。 2014年の正月おせち料理を頂いているときに、…
  3. 悪性リンパ腫
    「悪性リンパ腫」は全身のどこにでも発生する可能性が。 人間の身体の血液内のリンパ球とは白血球の…
  4. 胃癌 症状 特徴
    症状が非常にわかりづらい!胃の粘膜にできた悪性腫瘍 「胃癌(胃がん)」は日本では、肺癌に次…
  5. ブロッコリー 抗がん作用
    抗がん作用が注目されている「ブロッコリー」 「ブロッコリー」は、キャベツの一変種で、地中海沿岸…
  6. 胃癌 チェック項目 初期症状
    初期症状がわかりにくいため、早期の発見が難しい胃癌 「胃がん」は肺がんに次いで、日本で2番目に…
  7. 白血病とは?
    他の部分にがんができた場合には、もっと長生きできたのかもしれません。 抗がん剤治療は1か月間で…
  8. 大腸癌 症状 特徴
    「大腸癌」は、直腸・肛門・盲腸・結腸で構成される大腸(全長約2m)に発生する癌の総称 日本人の…
ページ上部へ戻る