直腸がん 検査 費用

かつては不治の病とされていた白血病だが現代では治療可能

「白血病」は、骨髄の中にある造血幹細胞ががんに変異したものであり、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫と共に、血液の三大悪性腫瘍の1つとされています。

白血球・血小板・赤血球等の血液の元となる血液細胞を生産する細胞が造血幹細胞であるため、この細胞ががん化してしまうと、異常な血液細胞が血液内に増加し、正常な血液細胞が減少します。

この正常な血液細胞の減少によって、免疫力が低下し、ウイルスや細菌に感染しやすくなることで、敗血症や肺炎等の感染症にかかってしまい、最悪の場合、死に至るケースもあります。

進行の速さが「急性白血病」の恐れられている要因の一つとなっています。

日本国内では、「白血病」に年間約9,000人の人が新たに罹患しており、年間約7,800人の人が死亡しています。
年齢別に見てみると、50歳以上に多く発症していますが、14歳以下の小児で発症するケースも多く、小児がん全体の内、約35%を白血病が占めています。

「白血病」は、一般的に「血液のがん」とよばれており、「骨髄性」と「リンパ性」にがん化した細胞の種類によって分類されます。

さらに、悪性化した細胞の分化段階や病気の進行速度によって、「急性」と「慢性」に分類されます。「

急性白血病」の場合、治療をしなければ数日~数ヶ月で死に至る場合もあり、この進行の速さが「急性白血病」の恐れられている要因の一つとなっています。

「急性白血病」の代表的は治療法は、「化学療法」、「造血幹細胞移植」、「放射線療法」

があり、その内、「化学療法」、「造血幹細胞移植」が治療の2本柱となります。
「急性白血病」は、急速に病状が進行してしまうため、可能な限り早急に治療をはじめますが、その治療は「寛解導入療法」、「地固め療法」、「寛解維持療法(強化療法)」という3つの段階に分けた治療を行います。

ここでいう「寛解」とは、がんの症状が良くなった時の表現方法の1つであり、一般的に病状が落ち着いており、臨床的に問題がない程度にまで治ったことを意味しています。

「寛解導入療法」

強力な抗がん剤を投与し、骨髄中の白血病細胞の数を、全白血球数の5%未満まで一気に減少させ、寛解状態を目指す治療法です。
一度の投与で効果が少ない場合では、複数回に渡って投与し、この治療によって白血病患者の約75%を寛解状態にできるといわれています。

ただし、抗がん剤が強力なため、免疫力の低下・貧血・発熱・脱毛・嘔吐等の副作用が必ず発生するので、輸血や抗ウイルス剤、抗菌剤等の支持療法が同時に並行して行われます。

「地固め療法」

「寛解導入療法」によって白血病細胞を減少させ、無事に導入できた寛解状態をより確実にするために、抗がん剤によって体内に残存している白血病細胞を徹底的に根絶させる治療法となっています。
この治療法では「寛解導入療法」で使用した抗がん剤と、さらに別の抗がん剤も組み合わせて、数ヶ月に渡って定期的に投与するようにします。

「寛解維持療法(強化療法)」

「寛解導入療法」と「地固め療法」によって安定的となった寛解状態を、長期間維持させるために、1~2年間は定期的に弱い抗がん剤を投与し続けるという治療法です。

「急性白血病」の治療は、この「寛解維持療法(強化療法)」まで行って、ひとまず終了となり、これらの治療を受けた「急性白血病」患者の約80%を完全寛解状態にすることができ、その中の約30%の患者が治癒するといわれています。

「急性白血病」は自覚症状がなく、進行も速いことから、昔は「不治の病」として扱われてきましたが、近年は前述のような治療法も確立されてきており、治せる病気となってきています。
さらに、最近では造血幹細胞移植や分子標的薬等の新しい治療法も確立されつつあり、さらなる治癒率の上昇が期待されています。

抗がん剤の副作用にはフコダイン

前述のとおり、「寛解導入療法」では強力な抗がん剤を投与するため、非常に辛い副作用が発生します。

そのような症状におススメなのが、海藻のネバネバから抽出されたフコダインという成分です。

日本癌学会でその効果が有用であると発表され、大いに話題になっています。

特に抗がん剤の副作用を少しでも軽減するためにおススメなのがシンゲンメディカル株式会社が発売している「全分子フコイダンエキス」です。

既に115万セットも爆売れしている商品で、ガン細胞抑制効果をもったDBグルコースを中心に、ガンの血管新生予防、抗がん剤の副作用抑制効果などを持った全分子フコダイン、アポトーシス誘導を持ったフコキサンチンを配合した独自成分が配合されています。

副作用に悩んでいる方は是非ともチェックをしてみてください。

抗がん剤の副作用抑制効果等、信頼できる臨床試験結果も公開されているので必見です。






関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 大腸癌 症状 特徴
    泌尿器系の癌の中では前立腺癌に次いで2番目に多い癌。 膀胱は下腹部に位置している臓器で、腎臓で…
  2. アルキル化剤 分類 副作用
    【まとめ】抗がん剤とは?効果や副作用、種類一覧 癌の治療には外科手術から免疫療法、食事療法、運…
  3. わかめ フコダイン 抗がん物質
    「ワカメ」のぬるぬる成分「フコイダン」は自然界最強?の抗がん物質 「ワカメ」は「海の野菜」とも…
  4. 腎臓癌 小西博之
    2004年の年末に全身に転移する可能性のある、腎臓癌が発見されました。 小西博之さんは、195…
  5. 宮川花子 胃がん
    宮川花子さんは、1988年10月末に胃癌を宣告されています。 宮川花子さんは、日本の夫婦漫才コ…
  6. 大腸癌 祖母
    私の母が、末期の胃癌と診断されたのは2008年3月でした。 母は、以前から時々胃に痛みがあった…
  7. 定期 検診 検査
    手術と抗がん剤で治療し、今では5年経過して完治しています。 しかしその経過を聞いていると、もう…
  8. 癌 検査 検診 費用
    私の父は81歳で肺ガンで他界しました。 つい最近の事のような気がしますが、父が他界して四年の月…
ページ上部へ戻る