愛犬の頭に癌腫瘍ができて安楽死するまで。【ペットの癌体験記】



マルチーズ ガン

それは飼っていたいたマルチーズが14歳を迎えたときでした。

片方の目をやたら気にするようになり、見てみると目が赤く充血していました。
すぐ近所のかかりつけの病院へ連れていったのですが、そのときは原因ははっきりわからず目薬をもらうだけでした。



大切な家族の元気に。免疫力を保つ「ブロリコ・ペット」【ペット用ブロリコ】

しかしその後一日一日と症状がどんどん悪くなり、怖くなってきた私は目の専門医のいる病院へ診てもらうことにしました。するとこれは目の病気ではない、頭のほうでは?との診断でした。

その後、病院でMRIでみてもらったほうがいいと言われたのですが、MRIは大学病院で行っているので、どんなに早くても一ヶ月後の予約しかとれませんでした。

そのMRIの検査までの一日一日でまたどんどん症状が悪くなっていき、ついには両方の目が見えなくなり、次に頭がどんどん大きくなり始めました。

目のまわりが硬くなり、愛犬は触ってもなんの感触もないようなので、顔を壁に何度も押し付けるようになってしまったのです。

そして目が赤くなってから一か月も経たないうちに、今度は目のあたりから出血するようになったので、慌てて近所の病院へ行くと、「MRIはとれないけど、レントゲンで何かわかるかもしれないから」とレントゲンを撮ることにしました。

すると骨の一部が映っておらず、大きな腫瘍らしきものが確認できたのです。
先生は100%癌とは言い切れないけれど、おそらくそうでしょうとの判断でした。

そして癌の場所が頭なので、治療のしようがないと言われてしまい、ただ悪くなっていくのを待つしかないとも言われました。

何よりもつらかったことは、愛犬本人が突然目が見えなくなり、顔の感覚もない、ごはんも食べれないということでパニック状態になったことです。

その後、家族で話し合った結果、このままMRIをやったところで治療はできないし、助けられないならMRIもやめようということになりました。

先生に愛犬が今後どうなるのか聞くと、あまりに腫瘍が大きくなるスピードが速すぎて・・・もっと腫瘍は大きくなって苦しくなるでしょうとの返事でした。

愛犬は恐怖からか夜も眠れず、吠え続けるようになり、何よりも出血がひどくなってきたこともあり、母親もこれ以上つらくて見ていられないと言われ、もう一度家族で話し合った結果、安楽死をお願いすることになりました。

その日は朝からすごく天気がよくて、気持ちの良い日で、私は最後に愛犬を抱っこして外に連れ出しました。

ありがとうねと何度も言ったのを覚えています。

病院では先生から抱っこしてあげてと言われ、薬の入った注射が打たれたあと、本当に安らかにすーっと眠るように私の腕の中で息を引き取りました。

私は今でも「殺してしまった」「助けてあげられなかった」という罪をずっと感じています。

愛犬はうちの子になって本当に幸せだったのだろうかといつも思うのです。

でもある本に「安楽死は飼い主からの最後のプレゼント」だということが書いてあり、私はそれを聞いてすごく心が軽くなりました。

涙がとまりませんでした。プレゼントだなんて言ってくれる人がいるんだと。

世の中には色々な意見があるとは思いますが、苦しみを少しでもとってあげることができるのなら、それも私は愛情だと思うのです。

一日でも長く生きてほしいと思うことは当然ですが、その一日一日が愛犬にとって苦しみでしかないのなら・・・

いつか天国でもう一度愛犬に会えるなら、謝りたい、そしていっぱい抱きしめたいですね。

愛する家族であるペットの為の大人気サプリ「ブロリコ・ペット」。

ペットががんになってしまった・・・・
下痢や嘔吐を起こしてしまう・・・
昔のように走り回らなくなった・・・
寝ている時間が長くなってきた・・・
毛並みや毛のツヤが悪くなった・・・
口臭、便臭、体臭がきつくなった・・・

もともとヒト用のサプリメントであったブロリコを、ペットが食べやすいように小型化し、チキン風味をつけ、ブロリコ・ペットとして誕生しました!
簡単、手軽に大切な家族の「元気」を取り戻しませんか?



大切な家族の元気に。免疫力を保つ「ブロリコ・ペット」【ペット用ブロリコ】




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 全分子フコイダンエキスとは
    「全分子フコイダンエキス」って良いの? シンゲンメディカル社が開発、販売している「全分子フコイ…
  2. 抗がん剤 治療 副作用
    私のがんは、「小葉(しょうよう)がん」です。 43歳で乳がんになりました。 私のがんは、「小…
  3. 藤村俊二 胃がん
    藤村俊二さんは約30年ほど前、胃癌を経験しています。 藤村俊二さんは、1934年12月8日生ま…
  4. 胃がん ステージ3
    お通じはほぼ毎日あったのに、2-3日お通じがありませんでした。 そのまま放っておいたら、ついに…
  5. 大腸癌 症状 特徴
    治療法等が全く違う、「子宮頸癌」と「子宮体癌」に分類されます。 子宮という器官は、子供を宿し、…
  6. 食道がん 初期症状
    腹部や首のリンパ節、さらには、肝臓、肺、骨などにも転移してしまうケースも 消化管の癌は、食物が…
  7. 脳腫瘍 祖父 言語障害
    私の父の実体験なのですが、4年前父は喉頭癌との診断を受けました。 まずは、父の話に基づいて「癌…
  8. 胆道癌 手術 検査
    80才を目の前にした母が胆のうガンの疑いと手術という現実を聞かされ 2人に1人がガンになる現代…
ページ上部へ戻る