愛犬が慢性白血病になって旅立つまで。【ペットの癌体験記】



ペット ガン

老犬(ゴールデンレトリバー)のテリーが我が家にやってきたのはほんの数年前のことです。

元々知人の飼っていた犬なのですが、離婚したり海外に移住することになったりで飼うのが難しくなったからと譲り受けました。

ゴールデンレトリバーで、初めて会った時には慣れない様子でしたがすぐに打ち解けることが出来ました。



大切な家族の元気に。免疫力を保つ「ブロリコ・ペット」【ペット用ブロリコ】

性格は温厚で友好的。賢いので、私が横になるとタオルケットをかけてくれたり。
10歳でもうおじいちゃんだったのですが、臆病なところもある子でした。

テリーは運動好きだったので毎日散歩をしていたのですが、我が家に来てから1ヶ月くらいすると段々と散歩を嫌がるようになってしまったんです。

もうおじいちゃんだから、歩くのが辛いのかなと勝手に判断をしてしまいました。

これが大きな間違いだったと今も後悔しています。
それから段々と食欲も減っていき、何だかぐったりとしていて苦しそう。

そこで、このタイミングでようやく動物病院に連れて行きました。
そこでわかったのが白血病でした。

幸いにも症状の強い急性白血病ではなく慢性白血病で、先生とも話し合いましたが副作用の強い治療ではなく、テリーが楽に過ごせることを一番に考えることに。
ある意味、とても良い先生に巡り合うことが出来て幸せだったのだと思います。

色々調べたのですが、やはり犬も抗がん剤の副作用が辛く、そのまま体が弱っていって死んでしまうケースも多いと知りました。
それよりは、少しでも楽に痛くなく余生を過ごしてほしいなと思ったのです。

この時テリーは11歳になっていましたから。もし若かったら何より命を優先していたのでしょうが、人間の勝手な行動で辛い思いをさせることにすごく違和感を感じてしまったのです。

幸い、テリーは治療のおかげでどんどん元気になっていきました。

白血病自体は進行しているはずなのですが、微熱もありませんでしたし散歩もまたお願いするように。
もちろん老犬なのでゆっくりではあるのですが、とても楽しそうでもありました。

この状態になっても、横になるとタオルケットを持ってきてくれたり。
後は、すごく甘えん坊になりました。

前はお兄ちゃんみたいな感じだったのですが、最後は弟のような感じに。
体調が悪い時にはスリスリと甘えてきて、撫でてほしいとおねだりしてきました。

撫でると痛みが少し楽になるらしく、そのまま眠ってしまうことも多かったです。

テリーの場合、やはり貧血がありました。

家からすぐ近くにある動物病院だったので、こまめに通って診て頂くようにしていました。
本当は少し遠いところに周りから勧められた動物病院があったのですが、私が運転免許を持っていなかったのですぐに行けるこちらの病院をかかりつけに。

でも、本当に親身になってくださいますし、テリーの状態が悪い時とかちょっと家まで見に来てくださることもありました。

本当にすごく良い先生だったと思います。

おかげで、最後は苦しまずに眠るように旅立ちました。

先生がおっしゃるには、症状も安定していましたし数値もわりと良かったので、白血病ではなく老衰だったみたいです。

知人から受け継いだ子ですが、元々の環境が良くなかったのか体は結構弱っていたのだとおっしゃっていました。
慢性白血病とはいえ、やはり治療をすればそれなりに体へのダメージがかかっていたでしょうから、もしかしたらもっと早く亡くなっていたかもしれません。

ただ、少しでも早く気付いてあげれば、それだけ痛みや苦しみを取る治療を早く始められたのにと家族全員後悔しています。
老犬だから仕方ない、ではなく老犬だからこそ定期的に病院に連れて行ってあげなければならないのですね。

愛する家族であるペットの為の大人気サプリ「ブロリコ・ペット」。

ペットががんになってしまった・・・・
下痢や嘔吐を起こしてしまう・・・
昔のように走り回らなくなった・・・
寝ている時間が長くなってきた・・・
毛並みや毛のツヤが悪くなった・・・
口臭、便臭、体臭がきつくなった・・・

もともとヒト用のサプリメントであったブロリコを、ペットが食べやすいように小型化し、チキン風味をつけ、ブロリコ・ペットとして誕生しました!
簡単、手軽に大切な家族の「元気」を取り戻しませんか?



大切な家族の元気に。免疫力を保つ「ブロリコ・ペット」【ペット用ブロリコ】




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 直腸がん 検査 費用
    かつては不治の病とされていた白血病だが現代では治療可能 「白血病」は、骨髄の中にある造血幹細胞…
  2. 健康診断 定期検診
    私が乳がんと診断されたのは、40代の後半でした。 幸い最初期の段階で発見されたので乗り切ること…
  3. 健康診断 定期検診
    生理不順が続いており、婦人科のクリニックに通うと。 私が子宮体癌と卵巣癌を患ったのは30歳の頃…
  4. 手術 忌野清志郎 ガン 喉頭癌
    年間もの間、喉頭癌と闘った忌野清志郎さん 忌野清志郎さんは、1951年4月2日生まれでRCサク…
  5. チェック 検査 セルフ
    摘出手術後は半年ごとにCTや胃カメラなどをして経過観察をしています 夫が胃がんと診断されたのは…
  6. スティーブ・ジョブズ すい臓がん
    スティーブ・ジョブズさんは、2011年10月5日にすい臓がんで死去しています。 スティーブ・ジ…
  7. 胃がん ステージ3
    お通じはほぼ毎日あったのに、2-3日お通じがありませんでした。 そのまま放っておいたら、ついに…
  8. 胆道癌 手術 検査
    80才を目の前にした母が胆のうガンの疑いと手術という現実を聞かされ 2人に1人がガンになる現代…
ページ上部へ戻る