食事 癌 予防 食材

医食同源。食事で免疫力を上げてガン予防、治療、再発防止しましょう。

癌の治療はまさに「闘病」であり、癌細胞との闘いです。
抗がん剤治療、放射線治療、運動療法・・・色々行っていくものですが、やはりメインは「食事療法」でしょう。

古代中国から言われている医食同源という言葉にあるとおり、人間の身体は食べた食事、食材で構成されているのですから非常に重要なのは疑いようはありません。
抗がん剤治療、放射線治療、運動療法等頑張っているのにジャンクフードや栄養の偏った食事をしていては意味がありません。

身体に良い、免疫力を上げてくれるような食べ物を中心に、毎食しっかり美味しく食事をすることが癌治療の基礎と言えます。

ここではそんな癌に効く食べ物や免疫力を上げてくれるようなおすすめ食材を紹介していきます。

「ワカメ」のぬるぬる成分「フコイダン」は自然界最強?の抗がん物質

わかめ フコダイン 抗がん物質
「ワカメ」に含まれているアルギン酸という水溶性植物繊維の一種はナトリウムやコレステロールを吸着して、体外へ排出させる働きがあり、さらに、ダイオキシンや鉛等の人体にとって有害な物質を排出させる働きも持っています。
そして、このアルギン酸は「ワカメ」のぬるぬるを構成している成分なのですが、この中には「フコイダン」という植物繊維が含まれており、この「フコイダン」には高いがん抑制効果があるとされています。
この「フコイダン」には、肝機能の向上、アポトーシス(Apoptosis)誘導による抗がん作用という働きががあるとされており、日本癌学会は「フコイダン」が正常な細胞に影響を及ぼすことなく、がん細胞を自滅させる働きがあることを正式に発表しています。

>>ワカメの効果・効能の詳細はこちら

抗がん作用が注目されている「ブロッコリー」

ブロリコ 効果 効能
「ブロッコリー」には、さまざまな効果・効能がありますが、その中でも抗がん作用が注目されています。
「ブロッコリー」には、がんを引き起こす原因となる突然変異を抑えるMMTS(メチルメタンチオスルホネート)の働きによるものと、活性酸素の害から身を守る抗酸化物質の働きによるものの2つの働きがあり、これによって抗がん作用の効果がもたらされています。更に注目されているのがブロッコリーから抽出される「ブロリコ」という成分です。

「ブロリコ」は、ブロッコリーから抽出される成分で、自然免疫力を大幅にあげてくれることが期待できる成分ですが、他の野菜等からは抽出できず、ブロッコリーからしか抽出できません。

>>ブロッコリーの効果・効能の詳細はこちら

胃癌の原因であるピロリ菌防止&殺菌力が魅力のはちみつ

はちみつ 抗がん作用 ピロリ菌
「マヌカハニー」には、特別な殺菌成分が含まれており、ピロリ菌、大腸菌、腸球菌等の抑制や殺菌、消化性潰瘍やその他の感染症の治療に高い効果があるということが発表されています。
ピロリ菌は正式名称をヘリコバクター・ピロリといい、日本人の半数が感染し、50歳代以上の方の感染率は約80%に達するといわれている胃の中の細菌です。

ピロリ菌に感染すると、その初期では胃炎や下痢を引き起こすことがあり、放置しておくと、十二指腸潰瘍、胃潰瘍、胃炎等の胃のトラブルや胃がんの発生につながっていきます。

>>はちみつの効果・効能の詳細はこちら

発がん性物質を無害化し、がんを予防することができるニンニク

にんにく 抗がん
「ニンニク」に含まれる「硫黄化合物」は肝臓の解毒機能を活性化するため、発がん性物質の活性化の抑制、発がん性物質自体の解毒という効果が生まれ、発がん性物質を無害化し、がんを予防することができます。
このような解毒機能活性化は「ニンニク」の成分が肝臓の解毒酵素を誘導し、活性化することで行われています。
そのメカニズムは完全には解明されていませんが、少なくともジアリルスルフィド(DAS)、ジアリルジスルフィド(DADS)、ジアリルトリスルフィド(DATS)、S-アリルシステイン(SAC)といった「硫黄化合物」にはこのような効能があるということが実験で確認されています。

>>ニンニクの効果・効能の詳細はこちら

「キノコ類」に含まれる多糖類には、この免疫機能を高める働き

きのこ 抗がん
元金沢大学教授の池川哲郎氏はマウスの実験において、「キノコ類」そのものをマウスに食べさせて、「キノコ類」の発がん抑制効果を証明してみせました
この「キノコ類」の発がん抑制作用は、多数の糖が結合した糖質である多糖類がもたらすものと考えられており、「キノコ類」に含まれる代表的な多糖類は「β-グルカン(β‐グルコース)」と呼ばれるものです。
もともと人間の体には、細菌やウイルス等の有害物質を排除する免疫機能が備わっており、発がん物質に対しても同様の働きをしますが、「キノコ類」に含まれる多糖類には、この免疫機能を高める働きがあると考えられています。

>>きのこ類の効果・効能の詳細はこちら

トマトのリコピンは抗がん作用たっぷり!

トマト 発がん がん抑制
「トマト」のがん予防効果が注目されるようになったのは、これまでただの赤い色素というだけで、何の健康効果もないとされてきた、「トマト」の色素成分である「リコピン」に健康に良い効果があることが判明したからです。
「トマト」に含まれている「リコピン」には、強い抗酸化作用があります。
がんにとっては、体内に活性酸素がたまっていることが最高の体内環境となり、がんだけでなく様々な病気を引き起こす要因となっています。
この活性酸素を撃退し、体を活性酸素のダメージから守ってくれる働きのことを抗酸化といい、「リコピン」はその能力がとても高いのです。

>>トマトの効果・効能の詳細はこちら

がん治療効果と予防効果に優れたゴボウ

ごぼう 抗がん
ゴボウに含まれる「アルクチゲニン」には、骨髄性白血病の細胞を正常化する働きがあることも確認されていますが、その一方で、「アルクチゲニン」単体では子宮がんや前立腺がんに対する抗がん作用がないということも確認されています。
ただ、がん細胞が正常の細胞と比較して熱に弱いという性質を利用した、がんの温熱療法という治療法において、「アルクチゲニン」がその効果をアップさせたという報告がされています。
今まで、温熱療法を繰り返すとがんが熱に強くなってしまうという問題があったのですが、温熱療法と並行して「アルクチゲニン」をがん患者に投与したところ、がん細胞の熱応答を抑制し、熱体制の獲得を阻害したという研究報告があります。

>>ゴボウの効果・効能の詳細はこちら

TNF(腫瘍壊死因子)という物質にがん細胞を死滅させる働きがあるキャベツ

キャベツ 抗がん作用
実は物凄い抗がん作用があるとして改めて注目を浴び始めているのが日本人お馴染みの食材「キャベツ」。
人間の白血球には、実はがん細胞を退治する力もあり、それは白血球が分泌するサイトカインという物質の一種である、TNF(腫瘍壊死因子)という物質にがん細胞を死滅させる働きがあるとされています。
つまり、白血球がこのTNFを多く分泌すればするほど、がんを死滅させる働きが強くなるのですが、最近、「キャベツ」等の淡色野菜の汁には、白血球の働きを活性化させ、TNFの分泌を促進させる効果があるということがわかってきました。
したがって、「キャベツ」を摂取すれば、がん細胞を死滅させる働きを促進させる効果が期待できるといえます。

>>キャベツの効果・効能の詳細はこちら

「白菜」には酸化還元酵素がたっぷり

白菜
「白菜」は、特にがん予防の効果が高いといわれている野菜の一つとなっています。
「白菜」には、活性酸素を削除する酵素の元となる酸化還元酵素である、スーパーオキシドディスムターゼ(SAD)やジチオールチオニンが含まれているということが、その要因と考えられています。
スーパーオキシドディスムターゼ(SAD)には、がんの原因となる活性酸素から電子を抜き取り、過酸化水素と酸素だけにして、無害にしてしまうという働きがあり、ジチオールチオニンには発がん物質を阻害し、がん細胞の発生を予防して、DNAを守るという働きがあります。

>>白菜の効果・効能の詳細はこちら

「白菜」には酸化還元酵素がたっぷり

白菜
「白菜」は、特にがん予防の効果が高いといわれている野菜の一つとなっています。
「白菜」には、活性酸素を削除する酵素の元となる酸化還元酵素である、スーパーオキシドディスムターゼ(SAD)やジチオールチオニンが含まれているということが、その要因と考えられています。
スーパーオキシドディスムターゼ(SAD)には、がんの原因となる活性酸素から電子を抜き取り、過酸化水素と酸素だけにして、無害にしてしまうという働きがあり、ジチオールチオニンには発がん物質を阻害し、がん細胞の発生を予防して、DNAを守るという働きがあります。

>>白菜の効果・効能の詳細はこちら

ベータカロチンたっぷりのほうれん草!

ほうれん草 癌
「ほうれん草」には、ベータカロチンが多く含まれていますが、このベータカロチンは、がんの増殖抑制に有効であるといわれています。
各種のがん患者の血液検査において、ベータカロチンのレベルが非常に低いというデータは以前から確認されてきました。
確認された当初は、がんにかかることによってベータカロチンのレベルが下がってくると考えられてきたのですが、近年、そのベータカロチンのレベルが低いがん患者の家族の血液検査を実施したところ、そのがん患者と同様にベータカロチンのレベルが低いということが判明したのです。
この結果より、がんにかかることによってベータカロチンのレベルが下がるということではなく、ベータカロチンのレベルが低いと、がんの発症率が高くなるということがいえると考えられます。

>>ほうれん草の効果・効能の詳細はこちら

「たまねぎ」の刺激物の中に抗がん物質あり!

玉ねぎ 抗がん物質
「たまねぎ」を切っていると涙が出てくるのはアリルプロピオンという催涙物質が原因なのですが、「たまねぎ」にはこのような刺激物が数種類混在しており、その中に「イオウ化合物」の硫化アリルという刺激物が含まれています。
この「イオウ化合物」は、催涙やにおいの原因になるだけではなく、発がん抑制物質として注目されています。
「イオウ化合物」は、活性酸素を除去する抗酸化作用と、発がん物質を無毒にする解毒作用を活性化させる作用の2つの作用によって、がん細胞の発生を途中でくい止め、がんの発症を防いでくれます

>>たまねぎの効果・効能の詳細はこちら

にんじんの「β-カロテン」は抗がん効果が抜群に高い!

人参 抗がん物質
体内に活性酸素が増え過ぎると、細胞が酸化して傷つき、がんが発生するきっかけとなりますが、にんじんの「β-カロテン」には抗酸化作用と呼ばれる、活性酸素による細胞の損傷を防ぐ作用があるため、がんの発生や進行を抑える働きがあります。
このうち、私たちが日常的に摂取している食物中に含まれているカロテンは約40~50種類ぐらいで、「にんじん」には多種類のカロテンが含まれており、特に「β-カロテン」、「α-カロテン」が豊富に含まれています。
一般的には「β-カロテン」のがん抑制効果がよく知られていますが、近年では「α-カロテン」の方が、よりがん抑制効果が高いということが分かってきています

>>にんじんの効果・効能の詳細はこちら

がんを予防するにはとても効果的なヨーグルト

ヨーグルト 抗がん作用
ピロリ菌の除菌効果は、胃がんの予防のためには非常に重要となります。
ある実験において、ピロリ菌陽性患者に乳酸菌入り「ヨーグルト」90gを1日2回、4週間にわたり食べてもらい、最後の1週間は「ヨーグルト」と除菌療法の両方を行ったところ、通常の除菌療法のみを行ったグループでは、除菌率が77.8%だったのに対し、「ヨーグルト」を併用したグループでは89.0%までアップしたということです。
また、「ヨーグルト」には、大腸がんの予防効果もあるといわれています。

>>ヨーグルトの効果・効能の詳細はこちら

お手軽&高効果な胡麻!

セサミン 癌
「胡麻」には「セレン」という微量ミネラルが含まれており、この成分にはがんの予防効果があります。
私たちの細胞内では、数種類の酵素が絶えず活性酸素の掃除を行っているのですが、「セレン」はこの酵素の一種であるグルタチオンぺルオキシダーゼの主要成分なのです。
胃がんや食道がんの多発地域である、中国河南省の林具という農村において住民約3万人に「β-カロテン」、「ビタミンE」、「セレン」を毎日、5年間にわたって飲んでもらい、追跡調査を行ったところ、これらの成分を摂取しなかった住民と比較して、がんの死亡率が13%、胃がんの死亡率が21%低下したというデータもあります。

>>胡麻の効果・効能の詳細はこちら

がんを予防する成分も豊富なカボチャ

かぼちゃ 抗がん作用
かぼちゃには、日常的に不足しがちなビタミンやミネラル、食物繊維等の栄養素がバランスよく含まれているだけでなく、がんを予防する成分も豊富です。
その中の「β-カロテン」、「ビタミンC」には、活性酸素を無毒にして発がんを抑制する働きがあります。
活性酸素とは、私たちの体内で作られる活性の酸素であり、非常に攻撃性が強く、体内の細胞を攻撃して、細胞膜や遺伝子を傷つけると、遺伝子が突然変異を起こして、がん細胞を生み出してしまいます。
「β-カロテン」は、この活性酸素による害を自らが引き受けて、がん細胞の発生を防ぐ、抗酸化作用によって発がんを抑制することができます。

>>カボチャの効果・効能の詳細はこちら

「生命の源」と呼ばれるほど貴重な果実「アボカド」

アボガド 抗がん剤
「アボカド」にのみ含まれていて、他の野菜や果物には含まれていない「脂肪族アセトゲニン」の抗がん作用に関する研究が幾つか報告されており、「脂肪族アセトゲニン」が上皮成長因子(EGF)がその受容体(EGFR)に結合することによって活性化されるEGFR/RAS/RAF/MEK/ERK1/2というシグナル伝達系を阻害し、がん細胞の増殖を阻害する作用があるということが報告されています。
このEGFR/RAS/RAF/MEK/ERK1/2というシグナル伝達系は、多くのがん細胞において活性化されているため、この経路を阻害する作用があるということは、抗がん作用が期待できるということになります。

>>アボカドの効果・効能の詳細はこちら

発芽玄米には、「GABA(ギャバ)」がたっぷり!

「玄米」、「発芽玄米」、「胚芽米」
「発芽玄米」には、「GABA(ギャバ)」(ガンマ・アミノ酸)という成分が含まれており、この成分が注目され、最近は健康食品として注目されています。
「GABA」は抗がん作用や痴呆症に効果的であり、肝機能・腎臓や動脈硬化に対しても有効とされています。
「GABA」の成分は、以前から医療の世界では抗がん薬として使用されている成分であり、「発芽玄米」の中の「GABA」の含有量は、普通の白米の約10倍にもなります。
「GABA」以外にも「発芽玄米」には、「IP6」という抗酸化作用や抗がん作用を持つ成分も含まれています。

>>発芽玄米の効果・効能の詳細はこちら

普段の食材を、季節に応じて美味しく頂きましょう。

いかがでしょうか。
正直、ブロッコリーやキャベツ、玉ねぎ、トマト、白菜等、ぶっちゃけいつもの食材ばかりですよね。
そう、大事なのはそのいつもの食事をしっかり季節に応じて美味しく食べる事なんです。

季節ものの食材は美味しさもさることながら栄養価も全然違ってきます。
旬の食材を美味しく食べる事はメンタル的にもプラスになりますし、とってもおススメ。

まずはスーパーや八百屋さんにいって、旬のコーナーで買い物するようにすることから始めましょう。
そのうえで普段の料理に上記の癌に効く食べ物・おすすめ食材を加えていくことをおススメします。

ちなみに、特にお勧めの食材はブロッコリー!

とはいえ、これだけある食材のうち、特におススメの食材って何??って思いますよね。
そこで紹介するのがブロッコリーです。

ほぼ季節を問わず、良い状態のブロッコリーをいつでも購入でき、比較的安価に手に入れる事がポイント高しです。
そして何よりオススメなのがブロッコリーから抽出される「ブロリコ」という成分です。

「ブロリコ」は東京大学と民間企業が協力して、5年以上の研究機関を経て抽出に成功した大変貴重な成分であり、同様に免疫活性を目的とする成分である「プロポリス」の1000倍以上ものパワーを持つとされています・・・凄いですね・・・

ブロリコには人間の免疫力そのものである「NK細胞」や「好中球」の働きを活性化させる作用があることが臨床試験で認められているのです。

正直、癌の予防&対策の為には「NK細胞」や「好中球」の働きを活性化させるが最重要であり、一般的な癌に良い食べ物といういのはイコールで「NK細胞」や「好中球」の働きを活性化させる食べ物なんです。

そんな中で「ブロリコ」はダントツ1位の活性化率であり、「プロポリス」の1000倍以上ものパワーと言われるほど。

「トマト」をふんだんに食べるのも良いですが、それに加えてブロリコを服用したほうが効率が非常に良いんです。

とりあえず無料のブロリコ詳細冊子を手に入れましょう。

東京大学とイマジン・グローバル・ケア株式会社が共同で特許を取得した自然免疫活性成分『ブロリコ』
正直、「免疫について」や「免疫の働き」、「ブロリコの効果、効能」をこのページだけでは紹介しきれません。

気になる方は是非とも無料(100名)の免疫についてわかりやすくまとまった冊子をゲットしましょう♪

実際にブロリコを飲んでみました。匂いや味、大きさは?




ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから



関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 陰茎癌
    「潰瘍浸潤型」と「乳頭状増殖型」の2つに分類 「陰茎癌」は人口10万人あたりの死亡率が約0.1…
  2. 肝臓がん チェック項目
    特に上腹部のみぞおちに痛みを感じる「スキルス性胃がん」 胃がんは、胃の壁の最も内側にある粘膜内…
  3. プラチナ製剤 作用機序 副作用
    叔母が発症した胃がんについて書いていこうと思います。 私の家系は前回も言った通り本当にがん患者…
  4. 【要注意】癌になりやすい習慣や化学物質とは?【絶対に避けましょう】 欧米化する食生活、ストレス…
  5. 膀胱癌  チェック項目
    「膀胱がん」の代表的な初期症状は「血尿」 膀胱は腎臓で作られた尿をためておく臓器です。その尿は…
  6. 今井雅之 大腸癌
    今井雅之さんは、2015年4月に大腸癌を公表、1ヶ月後に亡くなられました。 今井雅之さん(19…
  7. がん細胞は熱に弱い!だからこそ温熱療法♪ がん細胞が熱に弱いという基礎研究の知見からがん細胞を…
  8. 女性 癌治療 全分子フコダインエキス
    日本国内では年間約9,000人の人が新たに「白血病」に罹患 「白血病」とは「血液のがん」で、主…
ページ上部へ戻る