柴又帝釈天で病気平癒・癌封じをお願いしよう。【東京都の癌封じ寺】



柴又帝釈天 病気平癒 癌封じ お守り

「寅さん」でとても有名な柴又帝釈天(経栄山題経寺)

東京都は葛飾区にある柴又帝釈天は通称で、正式な名前は「経栄山題経寺」という日蓮宗のお寺です。

「寅さん」でとても有名なので、行った事が無くても知っている方も多いのではないでしょうか。

そんな柴又帝釈天ですが、江戸時代を中心とした帝釈天信仰が高まり、古くから病気平癒のご利益があるとして非常に多くの参拝客で賑わっています。

全国でも非常に珍しい「飲むお守り」??

そんな柴又帝釈天で病気平癒のご利益があるとして授与されているのが「一粒符(いちりゅうふ)」という、お守りです。

なんとこの「一粒符」、全国でも非常に珍しい「飲むお守り」なんです。

「一粒符」っていったい?

昔、江戸に疫病が蔓延した時、柴又帝釈天の中興第九世亨貞院日敬上人がこの「一粒符」を病人に施与したところ、不思議と病が治ったことが、現代においても続ているという訳です。

現在も飲むお守りとして授与され、境内のご神水で服用すると病気平癒に一層効果があるといわれています。

この一粒符は300円は通常で入手できますので、帝釈天様にご祈願したら必ず手に入れて帰りましょう。

ちなみに一粒符は帝釈天の境内のご神水で飲むとご利益も大きいとのこと。

大切な方へ渡したい場合は、境内のご神水を持って帰るようにペットボトルを持参すると良いでしょう。

こすった箇所と同じ場所の身体の病気を治してくれるという浄行菩薩

また、柴又帝釈天には病気を治してくれるという浄行菩薩様もいらっしゃいます。
身代わり菩薩として多くの参拝客に親しまれているようで、患っているところをタワシで洗いうと同じ場所の身体の病気を治してくれるご利益があるそうです。

大切な方の為に柴又帝釈天へきた方は、その方の悪いところが治りますように・・・と、その方の病気平癒を強く思いながらその方が患っているところをタワシで洗うのも良いでしょう。

本来は自身の患っているところ・・・が原則ですが、しっかりと丁寧に思いを浄行菩薩様に伝えればきっとお願いを聞いてくれることでしょう。

柴又帝釈天へのアクセス・住所・電話番号・地図の紹介

名称柴又帝釈天
住所東京都葛飾区柴又七丁目10番3号
電車でのアクセス京成線「柴又駅」より徒歩3分。
北総公団線「新柴又駅」より下車徒歩12分。
JR小岩駅より京成バス(金町行)に乗り20分程、「柴又帝釈天」
JR金町駅より京成バス(小岩行)に乗り10分程、「柴又帝釈天」
自動車でのアクセス蔵前通りまたは水戸街道から柴又街道に入り、柴又帝釈天前交差点を江戸川河川敷方向へ

※基本的に電車でのアクセスをお勧めします。
電話番号03-3657-2886(帝釈天事務所)
駐車場※基本的に電車でのアクセスをお勧めします。

駐車場は,帝釈天付属の【幼稚園専用】として建設されたものですので、帝釈天および幼稚園の行事がある場合はそちらの使用を優先いたします。

営業時間:(平日)9時~16時迄 (祝祭日)9時~17時迄 
※午前9時以前にお越しになられても入庫できません。
※17時以降は完全に施錠しておりますので翌朝まで出庫できません。
この場合、夜間を含む駐車料金を請求させて頂きます。

当駐車場への入庫待ちは交通の妨げになりますので一切ご遠慮頂いております。

初穂料・玉串料一粒符(いちりゅうふ)300円



関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 胃癌 症状 特徴
    「大腸癌」の患者は年間約6万人 「大腸癌」は、直腸・肛門・盲腸・結腸で構成される大腸(全長約2…
  2. 定期 検診 検査
    放射線治療装置の1つに「トモセラピー」があります がんの治療には科学的に治療効果が実証された標…
  3. 私の母は肺がんでした。 それも診断された時には既に脳と足の骨に転移のあるステージ4、いわゆる末…
  4. ピロリ菌は比較的新しく発見された菌であり、胃に常駐しています。 ピロリ菌は、最悪の場合は胃がん…
  5. p53誘導体認証というマークの付いた食品
    癌(ガン)を告白・治療中・闘病中・死亡した芸能人たち。写真や共通点も紹介中 癌(ガン)は非常に…
  6. 前立腺がん
    自覚症状はほとんど無い前立腺癌(がん) 前立腺とは、栗の実のような形をして恥骨の裏側に位置して…
  7. 健康診断 定期検診
    大学病院で精密検査を受けてくださいと言われてから完治まで。 今から5年前の話です。 二人…
  8. 癌 検査 検診 費用
    レントゲン検査の結果、末期のすい臓がん判明 4年前の秋、父がお腹の調子が悪いと言ってかかりつけ…
ページ上部へ戻る