健康診断 定期検診

私の母親は4年前に卵巣癌と診断されました。

見つかった時点でステージ4の末期の状態でした。
データで見ると5年生存率は30%を下回ります。それでも治療を頑張ろうと母親も必死でした。

まず、腫瘍を取り除く手術が行われました。
その一部を検査に出すと良性か悪性かが分かり、悪性だとガンです。

母親の場合、CTで見たときから腹水も溜まり検査をしなくても悪性だろうとのことでしたが、腫瘍の一部を取り除いて検査をすると悪性でした。
分かってはいましたが2度も癌と申告されるのはいやなものです。

その後、腹水を抜いて腫瘍を摘出します。

その際に卵巣も全て摘出しなければならないと言われ、取らなければ死ぬということだったので悩むことも許されず全摘出を余儀なくされました。

手術をしてからはしばらく安静に過ごしていました。傷口も痛み毎日辛そうな表情をしていました。
しばらくしてから長い抗がん剤治療が始まりました。

まずは卵巣癌に有効的だと言われるパクリタキセルを打つことになりました。TCと呼ばれ、マンスリーでの予定でした。

しかし、1回目の投与の際にアナフィラキシーを起こしてしまいました。

幸い本人はすぐ意識を取り戻し命に別状はありませんでしたが、その薬は使用することができなくなってしまいました。

そのため次にDCをマンスリーすることになりました。
カルボプラチンとゆう薬剤です。

最初は順調に治療も進んでおり癌を表す数値もだんだんと低くなってきていました。

月に1度抗がん剤を打ちに行くとゆう流れで自宅にも帰れるようになりましたが、抗がん剤の副作用は大変でした。

2週間ほどしてから髪の毛がごっそり抜けてきました。

抜けるとは分かっていましたが現実を目の当たりにすると今までにない程ショックでした。
私ですらこんなにショックを受けていたのだから母親はそれ以上のショックだったと思いますが気丈に振舞っていました。

順調に進んでいると思っていた矢先、アレルギー反応が現れてきました。
そのためこれ以上この薬剤を使用するのは難しいと判断され、新しい薬に変更となりました。

ドキシルという薬を打つことになり、しばらく続けていき、数値も安定してきたため8クールくらいで治療は終了しました。

その後も月に1回は検査に行き数値が上がると抗がん剤を打つ生活が続いています。

母親はもう一生完治することはないと言われています。
そのため今後は抗がん剤とうまく付き合いながら延命していかなければなりません。




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 前立腺がん
    40台未満の罹患が全罹患数の約3分の2を占める精巣癌(がん) 精巣は睾丸とも呼ばれている、男性…
  2. 抗がん剤 治療 副作用
    私のがんは、「小葉(しょうよう)がん」です。 43歳で乳がんになりました。 私のがんは、「小…
  3. 卵巣がん 初期症状
    私の姉は今から10年前、「子宮肉腫」というがんに罹患しました。 「肉腫」というのはがんの一種で…
  4. 胆道癌(胆道がん)
    日本では年間約23000人の方が「胆道癌」を発症 胆道とは、胆汁という肝臓でつくられる汁を、十…
  5. liver
    「沈黙の臓器」である肝臓に発生する癌 肝臓は、約3000億個以上の肝細胞が集まってできており、…
  6. 癌 体験記 ブログ
    私の母は、乳癌という診断を受け、現在も治療中です。 自分の身近な家族が癌になった経験をお持ちの…
  7. 胆道癌 手術 検査
    新たに臨床試験が試みられている先進医療として研究される免疫チェックポイント阻害剤 がんは2人に…
  8. 私の母は肺がんでした。 それも診断された時には既に脳と足の骨に転移のあるステージ4、いわゆる末…
ページ上部へ戻る