癌 検診 体験談

私が乳がんの告知を受けたのは、2011年の1月です。

2010年12月中旬くらいのことです。朝起きた時、右胸な痛みを感じ、触ったときに、硬いものを見つけました。
嫌な予感がして、その日のうちに、病院受診しました。

私が受診したのは、個人の産婦人科だったので、エコーで診ていただきました。
結果、乳がんが疑わしいということになり、もっと詳しく調べられる病院に受診することになりました。

そこで、マンモグラフィー、細胞検査を行いました。
検査結果は年明けになりました。この年な年末年始は、なんとも、不安な時期で、いまでも忘れられません。

痛みがあったから、ガンじゃない、でも、ほぼガン確定なんじゃないかと心が揺れていました。

それでも、なんとか気丈に、一人で検査結果を聞きに行きました。

結果、乳ガンの告知を受けます。

ステージⅡ浸潤型で、足が長くでているので、全摘をすすめられました。
いろいろなことが頭をよぎります。ガン=死を連想しましたから、もうこの世の終わりのような気分でした。

また、3月には家を新築し、入居の予定がありました。私は入居できるのか、入居できたとして、引越しはどうするか、ローンの返済をどうするか。
母は五体満足で産んでくれたのに、病気にしてしまった自分が情けなく感じ、悲しくなりました。

家族に結果を伝えると、大丈夫だよ。
治るからと超えをかけてくれたり、努めて明るくしていますが、ショックであることは、見ていて伝わりました。

それを感じてやっぱり私は重病なんだと自覚し、また、落ち込みました。
治療を積極的に受ける気はなかったです。

どうせ死ぬのだから、治療は意味ないし、治るかどうかも分からないし、辛い抗がん剤は受けたくないと、マイナスなことしか浮かんできませんでした。

友達に話をしたときに、なんで死ぬこと考えてるの?まだ、決まったわけじゃないし、今は治療すれば治るからと言われ、ハッとし、やっと治療に前向きになれました。

乳がんになったのには、何か意味があるはず。

命がある限り、精一杯生きよう。たとえ、途中で死ぬことになっても、家族に悲しい思い出を残すより、楽しい思い出を残したいと決意しました。
それからは、できる治療は受けようと積極的にうけました。

手術で右胸全摘、抗がん剤、ホルモン治療を受けました。

一番辛い治療は抗がん剤でした。
4クール行いましたが、体がだるくてしょうがなかったです。

食事で体を起こしているのも辛いくらいでしたから、ほぼ寝たきりでした。
吐き気はあまりありませんでした。味覚障害もあり、苦味を感じてしまって、食べられない時期もありました。

神経障害もでて、手のひらや足裏がピリピリと痛み、辛かったです。

ホルモン治療は更年期のような症状がでました

ホットフラッシュが一時期は酷くならました。
また、血圧が一定に保てないのか、急にめまいがしたり、血の気が引いたようになって、倒れそうになったりもしました。

今は、経過観察になり、元気に過ごせてます。
乳がんになったことで、今まで以上に自分を大事にするようになりました。

今まで当たり前に感じていたことも、有難いことなんだと、感謝もできるようになりました”




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 手術 忌野清志郎 ガン 喉頭癌
    年間もの間、喉頭癌と闘った忌野清志郎さん 忌野清志郎さんは、1951年4月2日生まれでRCサク…
  2. フコダイン サプリ 効果 ガン
    フコダインとは??海藻から抽出した最新のガン対策素材 日本人にはお馴染みの健康食品「海藻」。 …
  3. 口腔癌
    30年前と比較すると「口腔癌」患者は約3倍に増加中 口の中全体のことを口腔といい、ここに発生し…
  4. 人参 抗がん物質
    にんじんの「β-カロテン」は抗がん効果が抜群に高い! 「にんじん」は植物学上はセリ科に属する植…
  5. 胆道癌(胆道がん)
    日本では年間約23000人の方が「胆道癌」を発症 胆道とは、胆汁という肝臓でつくられる汁を、十…
  6. 胆道癌 手術 検査
    80才を目の前にした母が胆のうガンの疑いと手術という現実を聞かされ 2人に1人がガンになる現代…
  7. 宮迫博之 スキルス性胃がん
    ステージ1A期の初期スキルス胃がんで胃を切除。再発は? 毎日テレビで見かけるほど大人気のお笑い…
  8. がん細胞は熱に弱い!だからこそ温熱療法♪ がん細胞が熱に弱いという基礎研究の知見からがん細胞を…
ページ上部へ戻る