アガリクス茶の効果・効能は?【ガン予防、治療におススメの飲み物】



アガリクス お茶

インカの時代より「神のキノコ」とされていたアガリクス

アガリスク茶の原料であるアガリスクとは、希少な食用キノコであり、ブラジルのピエダーデ山地に自生しています。
アガリスクは他のキノコと違い、灼熱の太陽の下でしか育たないという不思議な特徴を持っていることから、インカの時代より「神のキノコ」として敬われており、栽培が困難で希少価値が高いことから「幻のキノコ」とも呼ばれています。

アガリスクという名称は、ヒメマツタケ、カワリハラタケ、ニセモリノカサといったハラタケ属に属するキノコの俗称であり、マッシュルームもこの中に含まれます。
よく知られている通り、キノコの栽培・成長には「菌」が関わっています。

そして、キノコはそれ自体が「菌類」であり、いわゆる健康作用を持っているとされるキノコも多岐にわたります。

アガリスクは約50年ほど前に原産地であるブラジルで発見されました。
その後、研究や実験が繰り返され、免疫作用、血糖値低下という効果を持つキノコであることが確認されたため、一気に注目されるようになりました。

>>ガンの予防・対策・健康維持におススメの飲料、お茶一覧【まとめ】

そして、このアガリスクには、ガン予防の効果もあるといわれているのです。

アガリスクには、β-グルカン、ペクチドグルカン、プロテオグリカン、核酸などの成分が含まれていますが、この中でβ-グルカンという成分が注目されています。
このβ-グルカンは多糖類であり、免疫活性効果や免疫を正常にする作用があり、これにより抗糖尿病効果やアレルギーの改善、肝機能向上や動脈硬化の予防といった効果が現れるといわれています。

そして、この免疫活性効果により、NK(ナチュラルキラー)細胞も活性化されることから、ガンを抑圧する働きもあるといわれているのです。
ガン細胞とは、自分の体の一部であった正常細胞が突然変異したものですが、このがん細胞は通常ですと免疫細胞が異物として認識し、排除されます。

しかし、ストレス、加齢、生活習慣等の要因によって免疫細胞が低下してしまうと、ガン細胞が見逃されてしまうようになります。

そうなると、ガンが進行してしまう結果になりますので、そうならないためには免疫細胞を活性化する必要があります。

そこで、アガリスクの免疫活性作用がガン予防に効果があるとして注目されているのです。

実際に、アガリスクのガン予防効果を確認するための実験も行われています。
その実験では、ガン細胞を移植されたマウスにアガリスクのエキスを与えたところ、ガン細胞の増殖を抑制したという実験結果がでたそうです。

このようにアガリスクにはガン予防効果があるとされていますが、キノコには「毒キノコ」と呼ばれるキノコも存在するので、100%安全とは言い切れない食材でもあります。
アガリスクにおいても、副作用として過去に肝機能障害を発症したという症例もあるそうです。

ただ、このような症例が発生したことにより、それ以来はデータの根拠等が徹底されるようになったようです。

そのため、アガリスクはそのようなデータの根拠等が示されるようになった、比較的新しいものほど安全であるといえる食材です。
したがって、アガリスク茶を飲むために原料となるアガリスクを購入する場合は、なるべく新しいものを購入するようにしましょう。

また、アガリスク茶を常飲する場合には、信頼できる会社が生産したアガリスク茶を選んで購入するようにしましょう。

>>ガンの予防・対策・健康維持におススメの飲料、お茶一覧【まとめ】




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. ピロリ菌 胃癌
    ピロリ菌に感染していると胃がん生リスク増!!? ピロリ菌の正式名称は「ヘリコバクター・ピロリ」…
  2. ピロリ菌は比較的新しく発見された菌であり、胃に常駐しています。 ピロリ菌は、最悪の場合は胃がん…
  3. 前立腺がん
    40台未満の罹患が全罹患数の約3分の2を占める精巣癌(がん) 精巣は睾丸とも呼ばれている、男性…
  4. ブロッコリー 抗がん作用
    抗がん作用が注目されている「ブロッコリー」 「ブロッコリー」は、キャベツの一変種で、地中海沿岸…
  5. 直腸がん 検査 費用
    30歳で乳癌が発覚。温存手術or全摘出手術で悩んだ私の決断。 私が乳癌が見つかったきっかけ…
  6. チェック 検査 セルフ
    1回ぐらい精密検査でも受けておこうか・・・アレ? それまでは健康診断すら受けたことのなかった私…
  7. 前立腺がん 手術 費用
    私の母が子宮体癌なったのは5年前でした。 母はお腹の張りがあるのと尿の出が悪いからと言うことで…
  8. フランDグルコース_とは
    ほぼ100%の癌細胞成長抑制!?って本当なの? 2015年、ガン業界に激震が走りました。 …
ページ上部へ戻る