緑茶の効果・効能は?【ガン予防、治療におススメの飲み物】



予防緑茶 癌 予防

「百薬の長」といわれてきた日本の緑茶。

緑茶は昔から日本人の生活に深く根付いてきており、「百薬の長」といわれてきました。
そんな緑茶には、ガン予防の効果があるといわれています。

>>ガンの予防・対策・健康維持におススメの飲料、お茶一覧【まとめ】

発ガン物質の作用を打ち消す作用を持っているということが判明

動物に発ガン物質を投与すると、発ガン物質の種類に応じて、胃ガン、大腸ガン、皮膚ガンなどの様々なガンを発生させることができるのですが、このような動物実験によって、緑茶やその抽出物である茶ポリフェノールによるガン予防効果を確認する実験が行われています。

このような動物実験によって、緑茶やエピガロカテキンガレートなどの茶ポリフェノールが、抗イニシエーション作用と呼ばれる、発ガン物質の作用を打ち消す作用を持っているということが判明しました。

ガンの進行を遅らせる効果があるということも明らかとなっています。

また、この緑茶やエピガロカテキンガレートには、抗プロモーター作用と呼ばれる、ガンの進行を遅らせる効果があるということも明らかとなっています。

最近の研究では、トランスジェニックマウスと呼ばれる、遺伝子を改変してガンを自然に発症するマウスを使った実験においても、緑茶や茶ポリフェノールがガンの進行を抑制したという結果が報告されました。

その一つの例として、マウス前立腺ガンを自然発病するトランスジェニックマウスを用いて、緑茶から抽出したポリフェノール成分が、ガンを予防するかという実験が行われました。
その結果では、人間において1日にコップ6杯程度のお茶に相当する茶ポリフェノールを、トランスジェニックマウスに経口投与したところ、前立腺ガンの発症が抑えられ、生存期間も延長したという結果が報告されています。

これにより、茶ポリフェノールには、ガン細胞をアポトーシスに至らせ、前立腺ガンの発症を遅らせる効果があるということが判明しました。

また、ガン細胞の他の臓器への転移も抑制するということがわかったため、緑茶のポリフェノールには、トランスジェニックマウスの前立腺ガンの発症、進展、転移を抑制する効果があるということが明らかになったのです。

また、同様の実験により、皮膚ガン、肺ガン、胃ガンなどのその他の多くのガンについて、緑茶のガン予防効果が確認されています。

その他、日本の愛知がんセンターでは、治療を受けた乳ガン患者の、再発と緑茶との関連性について統計をとっています。

その統計によると、ステージⅠ~Ⅱの乳ガンの場合、1日3杯以上の緑茶の飲用を続けていたという人は、乳ガンの再発が約40%ほどに減少したという結果が出ています。

ただし、ステージⅢ以上の進行した乳ガンの人には緑茶による効果はみられなかったとのことです。
そのため、緑茶の効果は早期のガンにのみ有効であるということがわかります。

このように、ガンの発症と緑茶には深い関係があるようで、例えば、静岡はお茶の産地で有名ですが、ガン死亡率が低い地域でもあります。

また、静岡県の中でも、お茶の生産率がトップの地域では胃ガンの死亡率が特に低いということもわかっています。
さらに、緑茶の飲用とガンの発生率を調べた結果によると、緑茶を1日10杯飲む人はガン発症のリスクが減っているという結果が出たそうです。

ガンを予防したいと考えている方は、緑茶を飲むことを習慣付けるようにしてみてはいかがでしょうか。

>>ガンの予防・対策・健康維持におススメの飲料、お茶一覧【まとめ】




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. ブロリコ 口コミ 評判
    ブロッコリーから抽出されたサプリメント「ブロリコ」の口コミ・評判は? 東京大学と共同で特許取得…
  2. p53誘導体
    臨床試験データに基づいたガンに良いとされる有効成分「p53誘導体」 全分子フコダイン、DBグル…
  3. プロポリス 癌効能
    人間にとっては、「理想的な免疫活性物質」 「プロポリス」とは、ミツバチが自分の唾液と、松、柳、…
  4. 煙草 ピロリ菌 お酒
    ピロリ菌の除菌治療中には、タバコとコーヒーも控えるべき!? ピロリ菌の除菌の成功率は、一次除菌…
  5. 全分子フコイダンエキスとは
    「全分子フコイダンエキス」って良いの? シンゲンメディカル社が開発、販売している「全分子フコイ…
  6. 健康診断 定期検診
    私の母親は4年前に卵巣癌と診断されました。 見つかった時点でステージ4の末期の状態でした。 …
  7. 陰茎癌
    「潰瘍浸潤型」と「乳頭状増殖型」の2つに分類 「陰茎癌」は人口10万人あたりの死亡率が約0.1…
  8. 納豆 免疫力
    免疫細胞内に納豆菌を取り込み免疫応答機能を高めている 免疫力の役割として、感染から体を守る、健…
ページ上部へ戻る