ルイボスティーの効果・効能は?【ガン予防、治療におススメの飲み物】



ルイボスティー 抗がん

高い抗酸化作用をもつルイボスティーで癌を予防!

ルイボスティーの原料であるルイボスとは、マメ科の植物であり、南アフリカの一部のみで栽培されています。
ルイボスは針葉樹であり、その葉の特徴として、落葉するときに赤く色づきます。

ルイボスティーは、このルイボスの葉を乾燥させたものを使用して作ります。

ルイボスは前述の通り、南アフリカの豊富な鉱物が土壌に含まれている一部の地方でしか生育しない植物です。
その地域は、南アフリカのケープタウン北にある「シデールベルフ・ワイルダーネス・エリア(セダルバーグ)」山脈周りであり、そのため、日本で栽培することはできなくなっています。

この原産地の言葉で「赤い茂み」という意味を持つ言葉が「ルイボス」であり、ルイボスの原産国である南アフリカでは古くから「奇跡のお茶」としてルイボスティーは飲まれていたとのことです。

現在、ルイボスティーはその効能が少しずつ知られるようになってきました。それによって、徐々に世界で認知されるようになり、注目を集めるようになってきています。

>>ガンの予防・対策・健康維持におススメの飲料、お茶一覧【まとめ】

このようなルイボスティーには、ガン予防の効果があるといわれています。

まず、ガンの原因としては、ストレス、栄養の偏り、不規則な生活といったものが主なものとして考えられ、食事においてはコレステロールや脂肪の摂り過ぎが原因と考えられています。

ルイボスティーには、ケルセチンという成分が含まれており、この成分がコレステロールを低下させるといわれています。

このケルセチンとは、フラボノイドの一種で抗酸化作用があることから、活性酸素を除去する働きを持っています。
活性酸素は体を錆びつかせるものであり、細胞を老化させてしまうものであることから、ガンや糖尿病の発症率を上げるものとされています。

また、ルイボスティーには、SOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)という成分も含まれています。
このSOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)とは、酵素の一種であり、ケルセチンと同じく抗酸化成分であり、体内の活性酸素を除去してくれます。

これらの抗酸化作用は、アンチエイジング効果も期待できるため、女性にとっては嬉しい肌のたるもの改善や美肌効果も期待できます。

また、ルイボスティーには、カテキンという成分も含まれており、ガンの原因となりえる脂肪を抑える作用があります。
このカテキンには、摂取した脂肪の吸収を抑える効能があることから、ダイエットにも最適といえます。

さらに、ルイボスティーには、リラックス作用もあります。

前述の通り、ストレスはガンの原因の一つとなりえます。

人間はストレスを感じると活性酸素が生み出されてしまうのですが、ルイボスティーはそのストレスをリラックス作用によって解消することができます。

それと同時に、ルイボスティーには睡眠の質を上げる作用もあるため、さらにストレスを改善することができ、体を心身ともに良い状態にして、ガンを予防する効果が期待できるのです。

その他、ルイボスティーにはアトピー性皮膚炎や花粉症といったアレルギーを改善する効果もあるとされています

前述の抗酸化作用によって活性酸素が除去されると、アレルギーに強い体質になり、これらの症状を改善するといわれているのです。
このようにルイボスティーには、ガン予防効果やそれ以外にも様々な効能がありますが、品質が良くないものを選ぶと残留農薬が残っていることがあり、その場合は副作用として冷え性や胃腸機能低下の症状が発生した症例が報告されています。

そのため、ルイボスティーは有機栽培で作られた高品質の種類を選んで購入するようにしましょう。

>>ガンの予防・対策・健康維持におススメの飲料、お茶一覧【まとめ】




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. チェック 検査 セルフ
    通常の癌検診では、食道癌発見できませんでした。 2014年の正月おせち料理を頂いているときに、…
  2. ピロリ菌は比較的新しく発見された菌であり、胃に常駐しています。 ピロリ菌は、最悪の場合は胃がん…
  3. 胆道癌 チェック項目
    父は67歳。大きい総合病院に検査に行き、ステージ4の肝臓にガンが見つかりました。 お酒が好きな…
  4. プロポリス 癌効能
    人間にとっては、「理想的な免疫活性物質」 「プロポリス」とは、ミツバチが自分の唾液と、松、柳、…
  5. 口腔癌
    30年前と比較すると「口腔癌」患者は約3倍に増加中 口の中全体のことを口腔といい、ここに発生し…
  6. 乳癌
    約半世紀で死亡者が約5倍に増加した乳癌(乳がん) 「乳癌」とは、乳房組織に発生する癌腫で、乳房…
  7. 納豆 免疫力
    免疫細胞内に納豆菌を取り込み免疫応答機能を高めている 免疫力の役割として、感染から体を守る、健…
  8. 大腸癌 症状 特徴
    治療法等が全く違う、「子宮頸癌」と「子宮体癌」に分類されます。 子宮という器官は、子供を宿し、…
ページ上部へ戻る