マンモグラフィーで再検査になり乳癌発覚。【体験ブログ】



母は毎年欠かさず人間ドックを受けてきました。

50代後半に一度、マンモグラフィーで気になる部分があるということで、超音波検査を追加で受けることになり、結果としては水が溜まっているということがありました。
60歳の時、またマンモグラフィーで引っかかり、超音波検査をしたところ、細胞を生検に出すことになって、どうやら、がん細胞らしいということになりました。

自分ではしこりは分からず、病院で指摘されて、ようやく存在に気付いたようです。

10年以上前のことで、当時はまだガンを公表する芸能人も少なかったので、私達家族はかなり驚きました。

でも、周りが心配すれば本人もつらいだろうと思い、なるべく平常を心がけ、手術を受けることになりました。
すごく怖がっていましたが、全身麻酔でまな板のコイになったつもりと言って、いさぎよく入院しました。

手術日には多くの親戚が集まり、手術は1時間でリンパ節への転移はなく、無事に終わりました。

手術後2時間ほどして麻酔が覚め、一度目を開け、また眠っていました。
4日間の入院で、手術翌日から自分で病院の売店に行くほど元気でした。

その後は通院で、抗がん剤投与と放射線照射が始まりました。

話には聞いていましたが、朝、起きると枕にびっしり髪の毛が落ちてしまい、結構ショックだったようです。
髪の毛だけでなく、まゆ毛やまつ毛も抜けてきました。

元気ではありましたが、人前に出る自信をなくし、当時通っていた合唱サークルは親の介護ということで、しばらく休むことにしたそうです。
家では、図書館で借りた本を読んだり、レンタルショップで借りたDVDを見たりして過ごしました。

一応、部分かつらを買い、それを被って、病院と買い物は行っていました。家の中ではタオルを巻いていました。
味覚がかなり変わってしまい、味が濃いものでないと分かりにくいようで、和食派だったのですが、スパゲッティナポリタンなど洋食を好むようになりました。

1年ほどで治療は終わり、後は定期的な検診で再発していないかの確認だけになりました。

抗がん剤が終わった半年ほどから髪の毛が生え出し、最初は縮れ毛のようでしたが、1年後にはすっかり元通りになりました。

検査は手術後から10年続き、先日、ようやく終わりました。
ほっとしたのもつかの間、傷口が傷むというので、診察を受けたら、どうやら腰に巻いたコルセットが当たってしまっていたようでした。

母は、昔から風邪引いても熱が出て寝込むほどひどくなったことがない、とても健康的な人でした。
なぜ乳がんになってしまったのか、本当に不思議でした。

ある日、私が肺がん検診を受ける時に親の罹患歴を答えていたら、受動喫煙が原因で乳がんになることがあると言われました。
喫煙と言えば、肺がんになりやすいと思っていたら、どういうわけか乳がんになることがあるそうです。

うちは父が喫煙者で、いくら言っても聞かず、家の中で吸っていました。

なんだか、ものすごく悲しくなりました。母は、父と一緒でなければ乳がんにならなかったのかもと思いました。
思い切って、それを母に話しましたけど、母自身はあっけらかんとしていました。

乳がんを乗り越えるのはものすごく大変だったと思いますが、父を責める気にはならないようです。




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. チェック 検査 セルフ
    1回ぐらい精密検査でも受けておこうか・・・アレ? それまでは健康診断すら受けたことのなかった私…
  2. 直腸がん 検査 費用
    かつては不治の病とされていた白血病だが現代では治療可能 「白血病」は、骨髄の中にある造血幹細胞…
  3. 衣笠祥雄
    衣笠祥雄さんが上行結腸がんで死去されました 2018年4月23日に元広島東洋カープの衣笠祥雄氏…
  4. 悪性リンパ腫
    「悪性リンパ腫」は全身のどこにでも発生する可能性が。 人間の身体の血液内のリンパ球とは白血球の…
  5. 宮迫博之 スキルス性胃がん
    ステージ1A期の初期スキルス胃がんで胃を切除。再発は? 毎日テレビで見かけるほど大人気のお笑い…
  6. わかめ フコダイン 抗がん物質
    「ワカメ」のぬるぬる成分「フコイダン」は自然界最強?の抗がん物質 「ワカメ」は「海の野菜」とも…
  7. 癌 検査 検診 費用
    私の父は81歳で肺ガンで他界しました。 つい最近の事のような気がしますが、父が他界して四年の月…
  8. 霊芝 癌 効果効能
    「夢のがん制圧剤」とも言われる霊芝 「霊芝」とは、マンネンタケ科に属するキノコの中国名であり、…
ページ上部へ戻る